−量産品に新たな可能性を−

このプロジェクトはシューズデザインを通じ現場で感じていたこれまでの大量生産のあり方、そして未来への不安、そういった問題に向き合い、製造過程やデザインにおいて私たちの視点を反映させる新たな量産靴の取り組みです。

SCOTEJPN:2014年シューズデザイナーの子安 酉を中心に発足。
デザインやものづくりを通じて 世の中に点在する見過ごしていたものに向き合い「新たな価値」を見いだすことを目指しています。

1

−大量生産、大量消費の日常−

私たちのまわりには多種多様な商品が混在し、なかでも低価格商品の勢いは日に日に増しています。
それらの生産工程の多くは「低コストで同一仕様の製品を大量に生産できる」 ことから低価格で大量購入が可能となり、「使い捨て」や頻繁な「買い替え」が日常化しています。
また、「低価格競争」のあおりを受け国内で生産することが困難となっている点も上げられます。
これらの現状を踏まえ今回私たちは3つの課題を取り上げました。

・大量購入・消費による莫大なゴミの廃棄。

・大量生産、コピー商品の流出による、デザイン面での希少性や個別性の欠如。

・低価格競争の激化により海外生産が主流となり、国内から失われていく技術。


これらの課題を改善していくために私たち生産者と消費者であるみなさんが向き合っていくことが、新たなひかりをもたらすものと考えています。

2
-不要となった衣類の山-

−新たなものづくりのかたち−

[具体的な取り組み]

・消費者から不要になった天然レザーのアイテムを提供してもらう

・提供されたアイテムをリユースし、元のデザインの痕跡も靴のデザインとして活かす

・工場や職人への正当な賃金を確保し、国内生産を行う

3
-時代や背景も異なる様々なレザーアイテム-

4
-いくつもの経験に裏打ちされる職人の知恵と勘-

−職人の技 × 私たちの感性、そこから生まれるもの−

私たちのフィルターを通したこだわりと職人の経験や知識が交差する。そこに消費者のみなさんが加わることで世界にひとつの量産靴が生まれます。私たちだけでは前へ進めなかったこともこうしたコラボレーションによって成し得ることと考えています。

5
-役目を終え靴のパーツへと生まれ変わるレザーブルゾン-

6
素材(本体):レザー(ステアホワイト)
ソール:合成ゴム(vibram)

7
-元のアイテムの痕跡がシューズデザインへと反映-

8
-提供されたアイテムの背景はヒストリータグとして記されます-

※消費者から提供された天然レザーのアイテムをリユースすることで、私たちは靴の材料代の一部いただいたものとします。
売り上げ利益の1割を靴産業の再編プロジェクトや復興支援などへ寄付し還元していきます。

−無限のデザインをもたらす−

天然レザーは常に呼吸し、私たちと同じように生きています。 
経年の変化や使用によって生まれるシワや擦れなど、一つとして同じものは存在しません。
私たちと共に時間を共有し変化していく天然レザー。その魅力を引きだしていくことで新たな可能性が生まれると確信しています。

9
-使用するレザーアイテムによりその雰囲気は様々に変化します-

−未来への一歩のために−

今回CAMPFIREを通じて2015年4月に開催する展示会用サンプルの制作費(ミニマム20足)とそれにまつわる型代(木型、金型)を募りたいと思っています。今回はデザイン数をひとつに設定することでリユースする素材の活かし方や表現方法でひとつひとつが違う、量産靴の魅力を引き出したいと考えています。その世界観を伝えるためにもより多くのサンプルを制作する必要があります。
興味をもって頂いたみなさまの応援によってこれからのものづくりの第一歩に是非協力していただけないでしょうか。
日時2015年4月 SALON VENELLE 東京都渋谷区神宮前3-17-6-1A
(現在、日程調整中のため詳細はおってご連絡いたします)

お返し(リターン)について

※すべて人数制限なし
◆お礼のメッセージをメールにてお送りいたします。

◆目標到達後からはじまるプロジェクトの進行報告を限定公開 させていただきます。

◆M字型リバーシブルアクセサリー

9 -お手持ちのひも靴に通してご使用になれます-

◆スクエア型アクセサリー(ハンドステッチロゴ)

10
-ロゴはお好みのアルファベットよりお選びください-

◆フリンジアクセサリー 

11
-1つの靴穴に1点のフリンジを通すタイプになります-

12
-お好きなアレンジであなただけのカスタマイズをお楽しみください-

◆レザーボックス

14
-シューズの保管その他収納ボックスとしてもお使いになれます-

◆展示会終了後に展示サンプルを贈呈
15
-今期のデザインは全てベージュ部分の素材違いとなります(プライベートラボライン以外)-

◆展示会ご招待

◆プライベートライン(あなたの素材からオリジナルシューズ1足制作)

◆プライベートペアライン(あなたの素材からオリジナルシューズ 2足制作)

◆プライベートラボライン(あなたの素材から全てのパーツを制作)

−新しい扉−

私たちSCOTEJPNのものづくりのかたちはまだ始まりの一歩で、
今回のプロジェクトを永続的に循環させていかなければ何も変えられない、変わらないと感じています。
世の中にはものや情報が溢れていて、うっかりするとそれらに左右されてしまいますが私たちが見てきた事や感じたことを自分自身に問いかけ私たちらしい視点にたった新しいものづくりのかたちを目指したいと思います。

最後に、これまで読んでくださった皆さま、そして応援してくださる皆さまに感謝いたします。

SCOTEJPN

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください