プロジェクト本文

1

独創的な乗り物のArtWorksで知られる轟友宏と、マニアックな車種を描かせたら随一の遠藤イヅル。
この異才2人がタッグを組みニューヨークで開催されるArt Fairである「Art Expo」へ挑戦します。
4/23-26にニューヨーク、マンハッタンのPier94で開催されます。
http://artexponewyork.com/

集まった資金の使い道です。
実際に必要な資金の内訳は下記の通りです。

・Art Expo New Yorkのブース代金  50万円
・渡航費  25万円(2人分)
・人件費、ブース備品代 、作品運搬費 など 20万円
他にも宿泊費用などが掛かります。。。
上記のとおり、約100万円が必要となります。
そこで、皆様からご支援を頂ければと思い、CAMPFIREへのプロジェクト掲載を決意しました。
円安の波を乗り越え旅発つ2人を応援して下さい!

beatle

mini_sato


「Automotive Artの本場へチャレンジ!」

車の走っていない国は無いとも言われるように、世界中で目にします。
いわば、万国共通であるテーマをこれほどまでに異なったスタイルの作家がタッグを組んで展示することは、ほとんど無いでしょう。
日本ではAutomotive Artのジャンルはまだまだマイナーです。 しかし、欧米では多くの優れた作家ときちんと確立されたマーケットがあります。 本場にチャレンジする私たちにご支援をいただければ幸いです。 どうぞよろしくお願い致します。


作品紹介および、リターン内容です。

todoroki_up

2002

轟友宏の作品について

シルクスクリーンのようだ!と言われるほどムラなく、またしっとりとした質感に仕上がる原画たち。
その高級感ある質感は、綿のキャンバスにアクリルガッシュという水彩絵の具を何層にも重ねることによって生み出されています。
「イラストと思われやすいタッチなので、きちんとした技術を持った上で表現したいと常に思っている」と作家が述べているように 技術の上に独創性が加わることで独自の世界観が繰り広げられています。
この唯一無二のタッチは岡本太郎氏を永年に渡って支えた岡本敏子氏をも魅了しました。(Geisaiミュージアム審査員特別賞受賞)
このムラなく、精緻に描かれる作品は5月以降納品予定。
(97200円、151200円、27万円)


kabe-up
こちらは勢いのあるタッチでキャンバスに描かれた作品です。
滲みやグラデーションなど、その場で起きる状況を生かしながら1枚の作品に仕上げています。
オーダーでお描きします。5月以降に納品予定。
(32400円)


sikisi_todo
トドロキが色紙に透明水彩とマーカーで描きます。招き猫or車となります。
こちらはオーダーではなく完成品の中からお選び頂きます。(3500円)
5月以降に納品予定。
Facebookページでお選び頂けますが、メールを頂いた順番になりますので
リアルタイムに反映されていない事がございます。
その点だけご了承願います。
https://www.facebook.com/endotodoroki


E2

遠藤イヅルの作品について

繊細で精緻なタッチで描かれた魅力あるクルマたち。
絵のモチーフとするクルマも、各メーカーのオーナーさんも「そうそうこれだよ!」と膝を叩いていただけるようなものばかり。
もとカーデザイナーの経験を活かしたコピックマーカーによる技法を最大の特長としています。

henkou_2

遠藤イヅルが特に得意とするのはイラストエッセイ。絵だけではなくライターとしての 能力も活かし、そのクルマにまつわるストーリーを楽しく展開します。
イラストもそれぞれの車種やメーカーに沿ったコラージュが得意。
写実とイラストらしさのあいだを取った独特のあたたかく柔らかいタッチを モットーにしています。

henkou_shikisi
色紙に透明水彩もしくはマーカーでクルマの絵を描きます。
こちらはオーダーではなく完成品の中からお選び頂きます。(3,500円)
Facebookページでお選び頂けますが、メールを頂いた順番になりますので
リアルタイムに反映されていない事がございます。
その点だけご了承願います。
https://www.facebook.com/endotodoroki

イラストは絵のサイズや描かれる台数、タッチなどによってリターン金額が異なります。

・ 9,500円・・・絵のサイズ約180×120mm、絵のタッチはラフとなります。ご希望のおクルマ(あなたのマイカーなど)を描くことも出来ます。ご自身のおクルマの特徴がわかる写真をお送りください。贈り物にも最適です。
re1


・ 18,000円・・・絵のサイズ約180×120mm イラストの味を活かしたタッチでお描きします。ご希望のおクルマ(あなたのマイカーなど)を描くことも出来ます。ご自身のおクルマの特徴がわかる写真をお送りください。贈り物にも最適です。
re2


・ 32,500円・・・絵のサイズ約300×250mm イラストの味を活かしつつ、精密に描き込みます。
re3


・ 75,600円〜・・・絵のサイズ約400×350mm〜 画面内にテーマに沿ったクルマを描いています。リターン金額によってサイズ、描くクルマの台数が替わります。
テーマはお好みのもの(マッスルカー、スーパーカー)などをご自由にお考えいただくことが出来ます。描画する車種は、こちらにお任せいただくか、ご希望の車種を教えてください。
re4



gat
2人の写真 轟友宏(左)、遠藤イヅル(右)

乗り物絵師 轟友宏
綿のキャンバスにアクリルガッシュを何層にも塗り重ねる事で表現されるPOPな乗り物たち。
正面からのみ描くスタイルの彼の作品はピカソのキュビズムを連想させる。
様々な角度から撮影した30枚以上の写真から1つの作品に落とし込んで行く方法で制作され、そのユニークな作風は他に類を見ない。

1974年、東京生まれ。Geisaiミュージアムにおいて岡本敏子賞。
イタリアが世界に誇るクラシックカー・レースMilleMiglia。
そのミュージアムにおいて東洋人初の個展を5ヶ月間に渡り開催した。

toyota

轟友宏は現在、トヨタ博物館で作品展を4ヶ月に渡り開催中。
http://www.car-art.info/

マニアックカー・イラストレーター 遠藤イヅル
圧倒的な知識から生み出されるクルマと鉄道のイラストエッセイで評判のイラストレーター。

鉛筆から水彩、イラストレーターソフトまで画材を選ばないが、コピックマーカーによるイラストを得意としている。もと自動車系デザイナーの経歴を生かした技法にあたたかみを加味した独特のタッチに人気がある。

1971年、東京生まれ。 日本大学経済学部を卒業後カーデザイナー養成学校へ・・・
自動車系デザイナーを経たあと社会人デザイナーとして働いていた経歴を持つ。
現在各種自動車雑誌、Web媒体にて多数の連載を持つほか、マニアック、レアなクルマに詳しい知識を生かしてライターとしても活躍中。
http://www.facebook.com/endoizuru


WEB媒体での連載
・ ポータルサイト「オートックワン」にて、イラスト試乗レポートを不定期連載中。2014年2月1日現在、最新作は第10回。
http://autoc-one.jp/nissan/gt-r/report-2052347/

prof1_b

・ ポータルサイト「ホビダスオート」にて、ちょっと懐かしめの輸入車を取り上げたイラストエッセイを毎週連載。
http://auto.hobidas.com/column/endo/

prof2_b


自動車雑誌での連載、掲載
・ ル・ボラン、NAV CARS、Tipo、カー・マガジン、デイトナ、カーセンサーなどメジャー自動車雑誌各誌で連載や挿絵を担当。

prof3

  • 活動報告

    お知らせと ご報告

    2015/06/01

    6月2日(火)〜6月15日(月) 渋谷西武B館8階=美術画廊・オルタナティブスペースにて個展を開催致します。 ■お問合せ:03(3462)3485 なかなか直接…

  • 活動報告

    遠藤イヅルの色紙その1 です。

    2015/03/14

    遠藤イヅルの色紙です。 このような感じです。 今日は2種類です。どちらか申し込み順でお選び頂けます。 赤い車をNo,1、白い車をNo,2とします。 轟友宏の…

  • 活動報告

    驚きと励まし。。

    2015/03/02

    乗り物絵師のトドロキです。 皆様の支援に驚くとともにとても励まされいます。 自分が思っていた以上に、たくさんの方に支えられていたことを強く感じ、充…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください