下記は例です。ご自由にご入力ください。

▼はじめにご挨拶

 現在そして今後の医療状況、医療にかかる国費を考える時、多くの人に普及したいのが自分施療です。しかも欧米で推奨レ始めている量子医療がこれに適合されます。

  私、ヒロ澁谷は2000年から、波動医療に興味をもち、のちに宇宙エネルギ測定&施療を、遠隔ではじめました。量子の世界であればこそ、遠隔が物理的にも合理的に説明されています。外傷以外は、すべて測定と施療の範疇にはいります。

  過去、世界数カ国の個人の遠隔施療も実証済みです。今年2016年、たまたま、私自身が放射能汚染の多発ガンにかかり、電子書籍「宇宙エネルギー・ガン最前線施療」をKindelから出版しました。こういった多発ガンを手っ取り早く施療するには、この医療しかないとおもっています。   

  世界中の多くの人に広める為、今回この医療をみんなにつかっていただける、1番簡単な方法で、広げたく、この組織を使わせていただくことに、期待をかけています。

    どうぞ皆様フアンになって下さい。よろしくお願いします。

▼このプロジェクトで実現したいこと

   世界中の人に、このネット施療をつかって欲しい!

 インターナショナルな資金集めもしていますから、いずれはそれも使って、健康になって、しかも裕福な生活ができる、環境つくりもしていきたいです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

    界的フアンをつくって、この施療法を世界に広げたいと思っています。

▼これまでの活動    

2000年から波動測定&施療はじめる。

[研究論文】

2011:「宇宙エネルギー・コントロールセンター・ワークショップの構想」 国際生命情報科学会発表

2012:「DNA波動測定と修復遠隔施療の方法と実態」国際生命情報科学会発表            

 受賞  2012:東久邇宮記念賞「発明賞」受賞

▼資金の使い道

 波動測定士5人養成

▼リターンについて

  目的額5000万円達成後は、その50%をそれまでの出資金額の%で月々配分する。

▼最後に

  成功後は募集金額をアップして継続予定です。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください