あの時出逢った人と、もう一度・・・と夜中にふと思い出し、SNSで検索をかけたことはありませんか?お互いに想っていたならそれは運命かも。そんな赤い糸を結ぶアプリを開発します。「過去の出逢いを現在に」をコンセプトにしたマッチングサービスを10月よりリリース予定です!ご支援のほどよろしくお願いします!

プロジェクト本文

▼はじめに


25歳にして初めて事業を起こします。

資金調達で苦労をしており皆様からのお力添えをお願いしたく、利用致しました。


軽く私のプロフィールをご紹介します。

浅見洋輔(25)埼玉県秩父市出身

小学校4年から大学2年まで白球を追いかける日々。

小、中、高と最高成績すべて関東3位、チームの主軸3番打者として活躍。


大学では全国の舞台を人生で初めて経験し、上には上がいることを実感。

日々努力することの大切さと現状で満足しない向上心を養う。


大学卒業後は渋谷のIT会社へ営業として入社。

コンピューターの基礎やAIの活用等を学び、転職先でもネットに関する業務や広報、運用等も営業活動と共に励む。

半年間で売上高1億円を達成し、グループ会社内でトップ3に入る成績を残し軌道に乗るも、今回の事業に専念するため退社を決意。




▼このプロジェクトで実現したいこと


運命の人だな...と感じた出会いをしたけど連絡先を聞けなかった経験はありませんか?

ネット社会の今なら、その後悔を現実に変えられるかもしれません。

過去の出逢いを現在に、をコンセプトとし、

私のような臆病な性格でも、もう一度出会えるマッチングアプリを作ります。


国内発信初のセキュリティシステムも追加。





▼プロジェクトをやろうと思ったきっかけ

4年前に西武池袋線で帰宅途中、満員電車で目の前にいた女性が荷物を上げるのに困っていました。

荷物を上げるのを助け、初めて声を交わした時にこの人だ...と一目惚れをしたものの、億劫な性格の私はそれきり話も出来ず、サヨナラしてしまいました。

4年経った今もあの頃のことを思い出して後悔をしているので、同じ思いをしている方にも感動の再会を果たして欲しい思いから立ち上げました。





▼資金の使い道

・アプリ開発費に充当します。

(iOS 220万、Android 180万、AI導入50万、セキュリティシステム50万)

・余剰分はSNSの広告費として使用させて頂きます。




▼リターンについて

女性は基本的にほとんどの機能が使えるため、男女別でリターンをご用意させていただきました。



【女性】


○共感したので応援しますプラン:1,000円
・感謝のメールと赤糸アプリ招待URLをお送りさせて頂きます。


○お得な料金で全機能使ってみたいプラン:1,500円

・感謝メールとVIPオプション(内容は後に記載)の権限を付与致します。



【男性】


○応援します!プラン:1,000円

感謝のメールと赤糸アプリ招待URLをお送りさせて頂きます。


○3,000円プラン

・感謝のメールと有料プラン(内容は後に記載)の権限を1ヶ月付与致します。(3,200円相当)


○4,500円プラン

・感謝のメールと有料プランの権限を3ヶ月付与致します。(4,800円相当)


○6,000円プラン

・感謝のメールと有料プラン+VIPオプションの権限を6ヶ月付与致します。(6,800円相当) 


○9,000円プラン

・感謝のメールと有料プラン+VIPオプションの権限を1年間付与致します。(9,800円相応)


○25,000円プラン

・有料プラン(+VIPオプション)の権限を3年間付与致します。(29,400円相当)



※有料会員の権限はメッセージ、通話機能が利用し放題です。

※VIPオプションは自分のログイン状態を隠す、チャット既読機能、フィルタリング機能等便利な機能を全て利用出来ます。VIPオプションの課金は初回のみのため、一度機能を持てば料金はそれ以降発生しません。

※すべてのリターンにメールアドレスが必要になりますが、権限を付与するメールの送付以外に使用は致しません。





▼実施スケジュール

6/4 アプリ開発会社と契約

6/5 着手

8/15 テスト

9/15 納品

10/1アプリ公開

※審査の結果により、公開が遅れる可能性あり。





▼最後に

利用者に応じて皆様が便利に使える機能を都度追加していきます。


今回の事業を通し、素敵な出逢いで結ばれる方が現れることも非常に楽しみにしております。


同時に私も過去の出逢いを現在に実らせることが出来るよう、アイデアを絞り出し、ワンチャンスをものに出来るよう頑張りたいと思います!



皆さまからのご協力をお願い申し上げます!




ここまで読んでくださいまして誠にありがとうございました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください