「24か月連続クラウドファンディング」という新たな試みをスタートし、これまでに累計5,200万円以上の支援を受け、オールユアーズは今とても注目を浴びています。今回はオールユアーズの代表である木村昌史さんをお呼びしたトークイベントを開催します。

プロジェクト本文

『オールユアーズ的モノづくりの話~なぜクラウドファン ディングを使うのか?福岡編』


皆さん、「オールユアーズ」というアパレル企業をご存知ですか。

「24か月連続クラウドファンディング」という新たな試みをスタートし、これまでに累計5,200万円以上の支援を受けるまでになった、今とても注目を集めている企業です。

「なぜ彼らはクラウドファンディングを使っているのか」

私たちFAAVO博多では、このオールユアーズさんの取り組みからクラウドファンディングの新たな可能性や皆さんのきっかけを作るために、今回オールユアーズ代表の木村さんをお呼びして、トークイベントを開催します。

【こんな方にオススメです】
・近々クラウドファンディングをやるので、実際に成功している人の話が聞いてみたい
・自分のアパレルブランドをもっと広めていきたい
・モノづくりに興味があるけど、どうやったら良いか分からない
・クラウドファンディングをやった後に、どうやって広めたら良いか知りたい

発想から使っていただくところまで。オールユアーズさんはモ ノづくりのコンセプト、思想、哲学、ストーリーやプロセス自体を皆さんにお見せしながら、クラウドファンディングを使って商品をお届けしています。


それは、手に取る商品の背後にある『思想、哲学、ストー リー』までが僕たちの「品質」や「クオリティ」であると 考えるから。


あらゆるものが「品質が良い」製品であることが当たり前になった時代に、支持される製品とは『値段が安いもの』 でしょうか?


オールユアーズさんは考えます。そこに賭ける、思想、想い、 情熱。いつの時代もそれがモノゴトを動かしてきたはずです。それがありそうでなかったコンセプトの考え方。製品 スペックではないブランドの価値を生み出すはずだと。


そんなことを考えるオールユアーズさんのモノづくりや「なぜクラウドファンディングなのか?」をお話します。


木村さんの思想や考え方から、製品の素材選定やデザインまで 、どのように落とし込んでいるのか?デザインディテールの理由を事細かにお話して頂きます。

このトークイベントはオールユアーズさんがただいまチャレンジしている『47都道府県ツアー』の福岡県の会として開催するトークイベントです。全国ツアーの詳細はこちらをご覧ください!
https://note.mu/hirihiri/n/n9f2d5eacb266

【トークイベント詳細】
ゲスト:木村昌史(ALL YOURS代表)、たかやまたいが(ONE NOVA代表)
日時:2019年5月12日(日)15:45受付開始、16:00開演
料金:2,000円 (限定15名)
会場:gluee.
住所:福岡県福岡市中央区薬院1丁目14-25-102 )
https://gluee-102.jp/

【服の販売】
 5/12(日):11:00-19:00 販売会、16:00-17:00 トークイベント
*試着会のメインはクラファンで歴代一位になった『着たくないのに、毎日着てしまう』セットアップの一般発売です!
https://camp-fire.jp/projects/view/34653


世界一”透明なパンツ”「ONE NOVA」も出店が決定しました!


One Nova (ワンノバ)は“透明性“を大切にしているインナーウェアブランドです。どんな素材を使用しているのか、どんな工場で作られているのか、原価がいくらなのか。一つの商品が手元に届くまでの道のりをまるごとお伝えしています。素敵な素材・素敵な工場たちが私たちの商品を物語ります。


【ゲストプロフィール】
木村昌史 ALL YOURS代表

1982年群馬県生まれ。「インターネット時代のワークウェア」をコンセプトに、ストレスからヒトをカイホウするプロダクトを開発。「CAMPFIRE」にて、24ヵ月連続のクラウドファンディングに挑戦。アパレルブランドのカテゴリでは、国内最高額の支援を調達。8ヵ月で1,392人の共犯者の方々にご支援いただき、3,07,87,990円の支援金額になったり、インターネットを利用して、「アナログなコミュニケーション」を取ることに躍起になったりしています。社の理念「ライフ・スペック」の伝道師として、精力的に活動中。

たかやま たいが ONE NOVA代表

1998年生まれ。10歳まで中国上海で過ごす。現在、慶應義塾大学環境情報学部に在学中。大学入学直後に“透明な下着屋さん“「One Nova」を立ち上げる。「透明」とは,、どんな素材を使用しているのか、どんな工場で作られているのか、原価がいくらなのか。一つの商品が手元に届くまでの道のりをまるごとお伝えすることを意味する。2018年4月に「世界一“透明な“パンツ」というキャッチコピーでクラウドファンディングを実施し、2ヶ月間で423名から200万円以上を募ってブランドのデビューを果たす。その後も投資家などから資金調達を行い、事業を本格的に始める。パンツから1年が経った今、「世界一“透明な“くつ下」で再度CAMPFIREにてクラウドファンディングに挑戦している。
https://camp-fire.jp/projects/view/147147

【モデレータープロフィール】
武 耕太郎 FAAVO博多代表/ラシン株式会社

1983年福岡県生まれ。大学卒業後、リクルートの人材領域にて企業の人材採用支援を行う。その後アパレル企業、エネルギー企業を経て、FAAVO博多を立ち上げる。
FAAVO博多はラシン株式会社のクラウドファンディング事業部で、他にも広告、クリエイティブ、ブランディング等の事業を行う。クラウドファンディング事業部では福岡に特化したサービスで起案者の企画発案から公開、公開後の拡散までトータル的にサポートしている。
最近ではFAAVO博多学生アンバサダーチームを立ち上げ、各大学や専門学校に専任のアンバサダーを置き、学生のチャレンジをサポートしていく。ちなみに、学生アンバサダーはまだまだ募集中。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください