わたしには苦手なことがあります。それは「声に出して言葉で表現すること」です。話すのが苦手です、質問するのが苦手です。けど写真に手伝ってもらえることができたら、表現できるかもしれない。そんな思いでこの写真集を作りたいと思っています。どうしても、作りたいです。

プロジェクト本文

☕️ はじめに・ご挨拶

こんにちは。ハヤシミユウです。普段は気持ちの居場所になるアクセサリー(ハヤシミユウ -1.O.+I)を作っています。

わたしは今、うつ病と不安障害で療養をしています。その中で自分に合う生活スタイルや働き方を以前よりも考えるようになりました。

前職では教育福祉系のお仕事をしていて、「みんなが自分の気持ちをまっすぐに表現できる社会をつくりたい」をビジョンに掲げ、会社も大好きでお仕事はとても楽しかったですし、何よりお子さんが可愛くてたまりませんでした。けどわたしは直接的に人と関わることへの苦手意識をもみ消して働いていたように思います。


☕️ このプロジェクトで実現したいこと

そこで人と直接関わらず、けどビジョンを遂行するにはどうすればいいか考えました。

そして辿り着いたのが「ものを通して気持ちを表現してビジョンを追うこと」でした。

その中の1つが、今回の「好きにして、」写真集のプロジェクトです。

わたしはこのプロジェクトで、まだまだ表現しきれていないわたしの気持ちを写真集に収めたいと思っています。

また、うつ病や不安障害など、様々な精神疾患で療養中の方にほんの少しでも「生きる選択」をして今生きている実感を得ているということを伝えたいと思っています。

どうか、自分らしい生き方で今後生活していきたいという私の背中を押してください。


☕️ プロジェクトをやろうと思った理由

うつ病と不安障害の療養中で、お薬の量も一向に減らない状態でこれからお仕事に就ける自信もなく、どうして生活していこうか考えていました。どうして私は病気になったんだろう、どうしてお仕事ができないんだろう。

そのときに、「わたしは自分のことをうまく表現できない」「周りの目を気にして本当の自分を繕ってしまう」ということに気がつきました。

そして「もういい子はやめた!」と決めて始めたTwitterとブログに、アクセサリーの写真や自分が撮った写真、文章を思うままに載せていました。すると周りのみなさんがいいねを押してくれるなど様々な反応をいただき、自分が社会と接点を持っていることや自分にもできることがあることを実感することができました。

そこで、前職でも持ち続けていたビジョン、「みんなが表現したいことを表現できる社会」を「まずは自分が体現したい!」と思い、自分を表現することで少しずつ自分の存在意義を感じることができました。

こういった経緯から、お仕事だけではなく「自分が表現していくこと」でビジョンを追うこができると確信しました。


そして私のありのままを表現できる写真を集めて、写真集を出したいと思うようになりました。

全力加工していても好きになれない自分自身も、写真の中で何かを表現している自分ならもしかしたら好きになれるかもしれない、そんな風に思っています。

気持ちを表現したい、それを写真集にぎゅっと収めたい、です。


☕️ これまでの活動

これまでも、気持ちを表現するための活動を行ってきました。

ハヤシミユウ(-1.O.+I)

 気持ちを表現するアクセサリーや雑貨の製作、販売をしています。

YouTube

 うつ病や不安障害についてや、自己肯定感など今の状況や思うことをたらりと話しています。

Twitter(@u012351)

 「ポジティブな感情もネガティブな感情も全部出す」をモットーに、何も我慢せず発信しています。

全然タメにならない無職(25歳/女)の日常。(ブログ)

 こちらも、もう言いたいことを言いたい放題言っています。思ったことをまっすぐ、そのときに。


☕️ 資金の使い道

集めた資金は、写真集作成に使用いたします。余った資金はアクセサリー製作に充てたいと思います。


☕️ 実施スケジュール

以下のスケジュールを予定しております。撮影状況や入稿状況によってはスケジュールが前後する可能性がございます。そちらご了承ください。

4月下旬 クラウドファンディング開始

6月下旬 クラウドファンディング終了、撮影開始

8月下旬 撮影終了、入稿作業開始

10月上旬 入稿作業完了

11月上旬 写真集完成

12月上旬 リターン開始


☕️ 最後に

「ただただ、やりたい」の、長年の夢を叶えたいです。

- - - - - - -
このプロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施いたします。

目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはできませんので、応援していただけますと嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

( わあ、どきどきする...! )

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください