「サバイバル=男の世界」という概念を覆すべく、サバイバルと最も縁遠そうな女子をサバイバーとして育成・プロデュースします!そしてサバイバルとは単なる趣味の世界ではなく、もっと身近なものだということを知ってほしいです!

プロジェクト本文

こんにちは!

kanamoと申します!


今回は僕の得意分野である「サバイバル」を使って、サバイバル素人の女子をプロデュースします!

その名も『サバイバル女子プロデュース』!!

略してサバジョP!


サバイバルと聞くと、大抵の場合「ああ、獲ったどーのやつね。」とか「無人島に1つだけ持っていくならコンビニ。」というように、話題には上がるものの、実際にやってみようという人はまずいません。

しかし、サバイバルはもっと身近なものだということを知ってほしいと思います。


そこで、サバイバルという単語に一番縁遠いイメージの「現代っ子+女子」をプロデュースすることによって、サバイバルとは決して映画や小説の中だけの物語ではないことをお伝えできればと思います。

明日は我が身ってやつですね。


第一期のプロデュース対象者です。

◾︎名前:せり
◾︎年齢:15歳(高校1年生)
◾︎部活:帰宅部
◾︎趣味:カラオケ、ユニバ
◾︎苦手なもの:虫全般
◾︎アウトドア経験:ほぼ無し

という感じの、まさに現代っ子代表のような女の子です。



サバジョには、いくつかの特徴があります。


【その1:リアルな体験を】

サバジョは、アイドルではありません。

なので無理やりキャラ作りをしたり、妙なハイテンションを強要したりすることはありません。

あくまでも「等身大の女子」がサバイバルをしていく姿を追っていきます。

過剰な演出なしの、ありのままの彼女達をお届けしたいと思います。


【その2:世代交代制】

プロデュース対象者は、一定期間サバジョとして活動した後、最終的に卒業してもらいます。


プロデュース期間は約2年を設定していますが、その期間内にサバイバルをはじめ様々なアウトドアの知識・スキルを身につけてもらい、そしてサバジョのバトンは次の世代に引き継がれていく、というようなイメージです。

つまりサバジョとは特定の誰かを指す言葉ではなく、プロデュース対象者全体を指す言葉であると言えます。


早い話が仮面◯イダーです。

そのうち「サバジョV3」とか「サバジョストロンガー」が誕生するかもしれません。


【その3:都市型サバイバルも】

「サバイバル=無人島」というイメージが強いですが、それはかなり特殊なシチュエーションであって、大多数の人が遭遇する可能性が高いのは『都市型サバイバル』です。

都市型サバイバルとはつまり、地震や洪水などの自然災害から身を守る方法のことです。


これは文明の中で生きていく上で絶対に無視できない重要なものなので、サバジョには都市型サバイバルの知識やスキルも身につけてもらいます。


当プロジェクトのひとつの大きな目標としているのが、サバジョによる無人島サバイバルです。


無人島サバイバルって、誰しも一度は妄想したことがある筈。


「無人島に1つだけ持っていくなら?」

「無人島で暮らしてみたい。」

「一生に一度は無人島。」


など、そんな妄想を、サバジョによって現実のものにしたいと思います。


火起こしや食料調達、寝床の確保など、全てサバジョ自身で試行錯誤しながら行ってもらいます。

ただ普通に暮らすということが、如何に難しいかというのを感じてもらいます。


きっと何もかも思うようにはいかないでしょう。

しかし、知恵を絞って試行錯誤するそのプロセスの大切さを学んでもらい、視聴者の方にも彼女の気持ちや努力を一緒に感じてほしいと思っています。


当プロジェクトにご賛同いただいた方々から、応援メッセージを賜りましたのでご紹介します。


【登山YouTuber こうたろ】

ディスカバリーチャンネルのような本格的なサバイバルでもなく、かといってTVのバラエティーのようなぬるい感じもないちょうどよい所を突いたプロジェクト!

彼女の成長も楽しみだし、なんといっても未経験者を丁寧に教える動画なので、サバイバルのノウハウをイチから学ぶことができるというのも楽しみです!


【ウェブライター 佐藤花太郎】

サバイバルという自分が生き抜く為の力を彼女とともに楽しく学べる!イイですね!とても面白いと思います!

YouTubeをひらけばいつでも彼女のサバイバーとしての成長を応援することが出来るなんて最高じゃないですか!

応援してますよ!目指せ霊長類最強!!!


皆様から頂いた大切な資金は、以下の用途で使用させていただきます。

・アウトドアアイテム購入費

・オウンドメディア運営費

・撮影機材購入費

・動画編集費

・撮影費

・交通費

・他雑費

支援者様へのリターンは、以下の通りです。

詳しくは個別にリターンを御覧ください。


僕達が最終的に目標とするのは、『サバイバルの日常化』です。

これはナイフ1本で生き残るのを日常化するという意味ではありません。


常に最悪の事態に備え、自活の手段を手に入れることによって、日常生活を不安なく楽しく過ごしていこうという意味です。

そのために必要不可欠なのがサバイバル力だと感じています。


そしてサバイバル力とはつまり、『どんな状況に陥っても生き残る力』と言い換えることもできます。

これは文明の中でも外でも同じことで、生き残るために必要な知識やスキルは違えど、すべての人が必要とする力です。


僕はこのプロジェクトを通じて、多くの人にサバイバルの意味とその重要性について見つめ直していただければ、と思っています。


あなたのご支援、心より感謝致します。


プロデューサー:kanamo
サバジョ:せり


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2019/11/19 00:12

    サバジョの活動を本格的に開始する前に、どうしても外せないことがありました。それは「アウトドアな服装を揃える」というものです。外での活動に適した服装じゃないと、雨に濡れたり足を滑らせたり、様々なトラブルを呼び込んでしまう可能性があります。そこで、最初に揃えたかったのは「登山道具三種の神器」と言わ...

  • 2019/11/17 00:26

    被災時などの緊急時に役立つサバイバルの知識を、クイズ形式でまとめました。どれも基礎的なものですが、こういった知識があるのと無いのとでは、いざという時の安心感が違ってきます。是非一度クイズに挑戦してみてください!意外と難易度高めです。

  • 2019/11/16 07:49

    動画撮影の打ち合わせを焼肉屋で行い、スタジオ(自宅)にて動画1本撮影しました。今回撮影した動画の内容は『サバイバルクイズ』で、緊急時に役立つ知識が満載なので是非チェックしてみてください!ところで、ホワイトボードって良いですね。描かれているのは「神とそれを崇める民衆」のイラストだそうです。せりの...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください