7月8日にオープンする「手づくりを楽しめるみんなのお店」。本当に「みんなの店」とするために、子連れの方も来店しやすい環境を作りたいと思います。キッズスペース等を整備する資金をご支援ください。

プロジェクト本文

【プロジェクトもくじ】

   1、自己紹介

   2、「手づくりを楽しめるみんなの店」というコンセプトに込めた思い

   3、お店でできること

   4、「みんなの店」にするために

   5、お金の使いみち

   6、最後に



1、自己紹介

 CAMPFIREにて2度目ののプロジェクトに挑戦します!

 株式会社エピック&リリックの牧野と申します。

 「エピリリ」という屋号で活動を始めて2年が経ちました。消しゴムはんこやその図案を使った雑貨の製造・販売や、円谷プロダクションライセンシーとしてウルトラマングッズの製作をしています。

 消しゴムはんこ作家としては、「はんけしくんインストラクター」として講師の仕事をしたり、作品の製作をしたりしています。2019年3月には第9回「けしごむ・はんこ・てん」において、オーディエンス賞 総合・大サイズ部門を受賞しました。

様々なイベントに出店してきました!

オーディエンス賞をいただいた作品です

2、「手づくりを楽しめるみんなの店」というコンセプトに込めた思い

 この度新丸子の路地裏にお店をオープンすることになりました。

  新丸子から徒歩4分、武蔵小杉駅からは徒歩10分程。5月末で閉店された人気雑貨店「Common Life 」さんの跡地です。

  最初は様々な作家さんの手づくりの作品を購入できたり、お客様も手づくりを楽しめたりできる秘密基地のようなお店にしたい!と漠然と考えていました。

 いよいよオープンが近づきコンセプトを具体的に考え始めた時、エピリリという屋号にこめた気持ち「関わるすべての人の出来事(epic)も感情(lyric)も大切にする」という言葉がまず頭に浮かびました。

 誰もが気軽に来られる。

 誰もが手づくりを楽しめる。


 同時に、こんなことも思いました。

 自分自身も子育て中のため、手づくりは常に身近にあります。しかし子連れでは楽しみにいける場所がとても限られている。

 「誰もが」という中になかなか入れないでいる人たちも、ちゃんと楽しめる場所にしたい。

 それが「手づくりを楽しめるみんなの店」というコンセプトに込めた思いです。

3、お店でできること

 エピリリでは「手づくり」を楽しめるように、様々な「こと」や「もの」をご用意します。

 ①ハンドメイド作品

 これまでたくさんのハンドメイドイベントに出店してきたため、たくさんのハンドメイド作家さんと知り合う機会がありました。その作家さんたちにお声掛けして、ハンドメイド商品の委託販売を行います。
 もちろんエピリリ製品の販売や消しゴムはんこのオーダーも承ります。


 ②消しゴムはんこアンテナショップ

 消しゴムはんこ作家として、良い材料・道具・インクをご紹介したいです。気軽に始められる手づくりの一つとして、消しゴムはんこも視野に入れていただけたら嬉しいです。

 

 ③ワークショップ&コワーキングスペース

 店内に5~6人でワークショップを楽しめる場所を作ります。
 お一人でもご利用いただけるので、コワーキングスペースとしてもご活用ください。

  ***** ご利用料金 *****

  <1名でのご利用・平日のみ>
    席のみ 500円/60分(ドリンクサービスつき)  工具・インク貸出あり 800円/60分 

  <2〜6名でのご利用(1名あたりの料金)>
    700円/平日3時間、1000円/土日祝日3時間(ドリンクサービスつき)


 ④おしゃべりできるリラックススペース

  2~6名様で講座目的以外のご利用は下記料金です。

   500円/平日3時間、800円/土日祝日3時間(ドリンクサービスつき)

 飲食店ではないためサービスドリンク以外のご提供はできませんが、食品の持ち込みは可能です。店内のテーブルでお友達同士のんびりとランチやお茶の時間を楽しんでください。


 ⑤ギャラリー利用

  店内の壁や中央の陳列台を使って、自由に表現していただけます。
   店舗営業日・営業時間のみ
   最低貸出期間3日
   3日間:10000円
   4日目~2週間:3000円/1日


 ⑥絵本の古本屋

 ご家庭で読まなくなった絵本や児童書を寄付していただき、売上の一部はウルトラ基金に募金する、という循環を作りたいと思います。



4、「みんなの店」にするために

 ベビーカーもOK。
 子連れでもOK。
 ママたちがワークショップやおしゃべりを楽しんでいる間、子どもも楽しめるスペースがちゃんとある。
 おむつ替えスペースもある。
 ミルクを作るためのお湯のサービスもある。
 このくらいの準備があれば、みんな来られるかな。

 欲をいえば車椅子の方も安心して来店できるようなバリアフリーのお手洗いが欲しいけれど、さすがにそれは難しい…でも、お手洗いに手すりをつけることはできるかな。

 そんな風に考えています。

 とはいえ予算が足りず、全ての実現は難しいというのが現実です。



5、お金の使いみち

 ご支援いただいたお金は、下記のことに使わせていただきます。

・入口の段差解消
・キッズスペースの設置
・キッズスペースのおもちゃ等備品の購入
・キッズ用のドリンクカップ
・ウォーターサーバーの設置
・おむつ替え台の設置
・キッズ用の椅子購入
・お手洗いの手すり設置

※ご支援金額が目標に達しなかった場合は上記の事項を優先順位の高い順に少しずつ整備していきます。そのためAll-in方式を選択しています。

6、最後に

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 忙しい毎日だからこそ、一瞬でも没頭できる「手づくり」の時間が大切のような気がします。

 大量生産の商品にはないぬくもりや、斬新なデザインも「手づくり」の良さ。

  「手づくり」がもっと皆さんの身近になればいいなと思っています。

 そして少しでも興味を持ってくださった方が、気軽に来られる環境を作っていきたいです。

 オープン後もどうぞよろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください