ただスポーツをして終わりではなく、スポーツをチャリティの場とします。多くの人が集まる場で支援先の紹介をし、支援を募ります。

プロジェクト本文

始めた経緯

もともとボランティアに関心があり、2009年にゴミ拾いのボランティア団体を立ち上げ、約2年間活動していました。

結婚・出産を機に解散をしましたが、子育ても落ち着いてきてまた何かやりたいなと思いました。

子ども向けに何か支援をしたいと思っていたところ、こどもホスピスの活動を知り、とても興味を持ちました。

ちょうどある施設の説明会があったので話を聞きに行ったところ、とても感銘を受けました。

今の自分に何かできることはないかと聞いたところ、お願いしたいことは二つあって、一つは寄付、もう一つは宣伝だと言われました。

巨額のお金を寄付することは難しいけれど、宣伝ならできるかもしれないと考えた結果、チャリティバレー大会を開催することになりました。


高校の時からバレーボールをしていて、働きだしてからもチームに入っていたので、チームのメンバーに話をしたところ、面白そうだということでみなから賛同を得ることが出来ました。

2018年3月 初めは小さく、知り合いのチームを集めて3チームで第一回大会を開催しました。

第二回、第三回と続けて開催し、参加チームも少しずつ増えてきました。

バレー関係者だけでなく、いろんな人がこうしたボランティア活動に気軽に参加できたらいいなと思い、プロジェクトを立ち上げました。

よろしくお願いします。


↓活動の記録

https://ameblo.jp/sp-bank/


資金の使い道・実施スケジュール

体育館使用料 20,000円
その他備品    5,000円

7/13(土) 第四回チャリティバレー大会開催
@大阪 庄内体育館

年3~4回開催予定



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください