「機能性を極限まで削ぎ落とすことでのみ生まれるミニマムモダンなデザイン」をコンセプトとし、シンプルなステンレスファニチャーを生産いたします。

プロジェクト本文

●プロジェクト概要

スマートな時代に合わせた、ステンレス家具のブランドを創設いたします。

機能性を極限まで削ぎ落とすことでのみ生まれるミニマムモダンなデザイン」をコンセプトとし、シンプルなステンレスファニチャーを提供するブランドです。

本プロジェクトは、その先駆けとして、一つ目の商品であるステンレステーブルの制作資金の募集を目的としております。


●プロダクト

※CGです


テーブルとしての機能性に逆らうことで生まれるミニマムなステンレス製のテーブルです。

半光沢仕上げのため、光沢や反射による主張を抑えつつ周りの色を柔らかく吸収するので、白塗り、木目、コンクリートなど様々な空間に調和します。

現代の働き方に合わせ、ノートPCとコーヒーカップが余裕を持って収まるサイズに調整しています。

横に倒して「コの字」型でも使用でき、おしゃれな棚としての役割も果たします。

シンプル、ミニマム。モダニズムを愛する人のためのテーブルです。


【販売想定価格】

79,000円(税別)+送料


【サイズ】

高さ:700mm 幅:900mm 奥行き:350mm R:100mm 板厚:4mm 重さ:28kg程度

※安全のため全ての辺に1mm程度の丸みがついています。

※ご希望のお客様には、オリジナルサイズのオーダーメイドも対応可能です。(費用別途見積り)


【三面図】


【参考の光沢感】


●ブランドコンセプト

機能性を極限まで削ぎ落とすことで生まれるミニマムモダンなデザインファニチャーを提供する


●ブランド創設の背景

時代とともにトレンドや流通等の変化を受け、今日では様々な家具が市場に並んでいます。

市場に並ぶ家具には木製・鉄製・ガラス製のものが多く、純ステンレス製の家具は、市場に多くはありません。主な理由としては、加工に特化していない素材であることと原価が高いことが挙げられます。

また、市場に並ぶ多くの家具は、機能的で使い勝手の良いものがほとんどで、使い勝手の悪い家具はなかなか見当たるものではありません。

このブランドは、必要最低限とされている機能性を削ぎ落とし、使い勝手と引き換えに、シンプルながらもこれまで目にすることがなかった独創的なミニマムファニチャーを提供します。


●販売について

販売は、完全受注生産をとることで在庫をかけず管理費を省き、また、小売店などの中間業者を介さずECのみの販売とすることで中間マージンを抑え、お客様にとってより良い価格を実現いたします。


●リターンのご紹介

1万円以上

25%割引&優先お届け

10万円以上

プロダクト1点お渡し&最短お届け


●責任者紹介

間野 裕樹

1992年生まれ。京都造形芸術大学芸術学部空間演出デザイン学科プロダクトデザインコースを卒業。

卒業後は現代アーティスト村上隆氏に師事。その後、株式会社電通を経てアパレルブランドarkhēを創設。

現在、本業として広告制作業の傍、アパレルブランドの運営、デザイン制作などの活動をおこなっている。

ジャパンメンサ会員。

【arkhē】

https://arkhe.tokyo/

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください