2018年4月に熊本に開校したオルタナティブスクール「WING SCHOOL」の中学生が、自分たちでトークライブを開くプロジェクトを企画しました。熊本だけではない地域での開催のために是非ご支援ください。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

こんにちは、WING SCHOOLのドリームチルドレンです。私たちは、WING SCHOOLという学校に通う、中学3年生を中心としたメンバーでトークライブを行っています。

WING SCHOOLは、20184月に熊本に開校したオルタナティブスクールです。小学1年生から中学3年生までの約60人が県内外より毎日通ってきています。個性を大事にしている学校です。通常の学校に居場所がない子や自分のやりたいことをのびのびとやりたい子が学習しています。


このプロジェクトで実現したいこと

これまで学校の校舎を会場にして実施してきましたが、

色々なところで活動しようと思っています。

中3で将来のことも考えなくてはならないので、時間は限られていますが、

私たちの将来への投資、WING SCHOOLの学校法人化に向けてもたくさんの方に私たちの想いを聞いていただく機会を作りたいと思っています。また、WINGスクールが必要な子どもたちが「幸せな未来を築く力」をつけられるように学校法人化に向けた寄付を募っていきたいと思います。


私たちが考えるトークライブの目的は、


  10人のうち1人でも共感できるようにする


  人の人生を変えるきっかけをつくるようにする


  人も自分も幸せにする



プロジェクトをやろうと思った理由

人が信じられなくなって、大人が怖いと思っていた経験があるけど、

WINGスクールに来て、人の前で話せるようになりました。

自分がずっと考えてきて、これまで話せなかったことを話せる場を持って、自分をさらけ出せるようになって、自分に自信を持てるようになってきていると思います。人も少し信頼できるようになりました。


スピーチが苦手だったけど、それを克服したくて始めたトークライブ。

うちに秘めた思いをどうしても伝えたかったから。


WINGに入って一番いい子でなくても、100点じゃなくても、自分の個性が大事にされて、個性を伸ばすことが楽しくなっています。

ドリームチルドレンは、大人が手伝わずに、子どもだけで、一から企画して、作り上げていっているプロジェクトです。試行錯誤しながら、話し合いながら進めています。

講演会では、例えば、国際交流のこと日常生活で感じたことなど、それぞれが伝えたいことを伝えています。


これまでの活動

1回目2回目の報告

1回目※330日(土)

お昼に花見をしてから開催しました。始めに、アットホームな雰囲気を作るためにアイスブレイクを行いました。

後出しじゃんけんで、ほぐしました。その後で、「タルトの時間」。

説明します。タルトととは。

*タルト誕生物語*

~ある日の数学の時間の事~

先生 :  今日はテストをしまーす
私達 :  え~テストって聞くだけで嫌になる~
先生 :  じゃあテストって名前を変えちゃえば?
私達 :  うーん、じゃあテルト?
私達 :  テルトってタルトに似てるからタルトにしよう!
先生 :  でもタルトにしたらタルト(お菓子)が嫌いになるんじゃない?
私達 :  じゃあテルトにする?
先生 :  それならテルトをテストにしてタルトをみんなが好きな
         
雑談にしよう!!
私達 :  それいいですね!!!!!

こうして授業の最初の10分間はタルト(雑談)になりまし
たとさ。

というタルトが終わり、お互いのことを知って、最初は少し緊張していた雰囲気だったけどだんだん発言しやすい雰囲気になりました。

今回のテーマは、

「国際交流のこと」

本人がハーフということで、それについての偏見をなくしていきたいと文化を知る授業を取り入れてはどうか?という提案をした。

「普通ってなんだろう?」

WINGスクール自体が普通の学校とは違うが、WINGスクールにきて、個性を出すことができたから、個性の大切さを考えてほしいという話をした。


お互いに違うテーマで参加者を含めて、みんなで考え、交流し合いました。

参加者の方々が私たちへの疑問を質問してくださって、あたたかく見守ってくれる雰囲気がありました。

本当にできるとは思えなくて、不安が大きかったですが、感動したと言われ、私たちも感動しました。


2回目※420日(土)

1回目に比べて、外部の人が多く来てくれました。

アイスブレイクは、二人組でで他己紹介をして、他の二人組と合流して4人グループになってもらって、紹介し合った。とても盛り上がって楽しんでもらえました。

今回のテーマは、

「自分の夢について」

イベントプランナーになりたいという夢を語った。

「自分の思い」

生い立ちについて語り、長年思ってきたこと、今思っていることを伝えた。

「スマホについて」

使い方・これまでの経験について話した。トラブルが増えていて、子どもの方が知っていて、大人が上手く扱えていないとも思うので、トラブルをなくしていくために、スマホについての授業や親子で話す機会を作りたいと提案した。


何を話すかだけ書いて、アドリブで話せるようになり

本音を伝えられるのは、アドリブだなと感じました。

今回は、質問は少なかったけど、

終わったあとに感動したと何人もの人が話しかけてくれました。

生い立ちを話したことで、共感したという人も多かったです。

一人の人は、夢を聞いて終わったあとに仕事につながる依頼をしてくれました。

他にも支援センターで話してほしい、どうしていけていないのか考えてほしい、

国際交流センターで開催してほしいというオファーをいただきました。


また、最初は、子どもの話を聞いているつもりだったけど、だんだん大人として話を聞いている自分がいて、感動したという人もいました。


2回とも来てくれた人もいて、いい雰囲気で開催することができました。

飴や手作りのお菓子を準備して楽しんでもらえるようにおもてなししました。


資金の使い道
交通費5千円×10人=  5万円
会場使用料        3万円
チラシ・名刺制作費 1万5千円
チラシ発送料      5千円
Tシャツ制作費     5万円

合計15万円


リターンについて

1,000円】WING SCHOOLの「陰ながらの応援」をお願いします!

リターン:ドリームチルドレンメンバーからのサンクスメールを送ります。


2,000円】トークライブオンライン配信でのイベント参加

当日現地で参加できない人向け。トークライブの様子を非公開Facebookグループにてオンライン配信します。

プロジェクト終了後に、非公開のFacebookグループに招待します。Facebookアカウントが必須です。


3,000円】トークライブイベント参加


7,000円】トークライブオンライン配信でのイベント参加+ドリームチルドレンデザインのTシャツ


8,000円】トークライブイベント参加+ドリームチルドレンデザインのTシャツ



実施スケジュール

スケジュール
6月3日公開
6月28日達成
告知スタート
9月20日(土)福岡博多駅周辺※予定
トークライブ開催


最後にメッセージ

トークライブに来ていただいたら、

大人には語れない、子どもたちの純粋な想いが聞けます。

話す技術としては、まだまだで、満足させられるか不安もありますが、

回目2回目と成長していると感じています。

世界をよくしたい、こうしたら世界がもっと輝くということを伝えていきたいと思っています。

話に耳を傾けて一緒に考えてくれたら嬉しいです。

みんなで、楽しくタルト(おしゃべり)しましょう!

この考える機会が、みんなの人生を変えるきっかけになってほしいです。

今、悩んでいる子、悩んでいる子の親にも来てほしいと思っています。

私たちの実体験から、こうしたらいいんじゃないかということを伝えることもできます。

是非、応援してください。
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください