〜映画から学ぶ共生社会のヒント〜野外映画を用いた新たな交流空間を京都に。元「外国人留学生」達による学生最後の夏の国際交流プロジェクトがついに実現!!

プロジェクト本文


1. ご挨拶(自己紹介)

こんにちは、同志社大学のBridge Cinemas代表の森です!

私たちは大学4年生計21名で活動している国際交流支援団体で、メンバーは全員が一年以上の海外留学経験をもつ外国人留学生」と現役留学生です。

そんな私たちのモットーは

日本の地域と留学生の架け橋(Bridge)であり続けること。

そして、映画館(Cinemas)を新たな交流空間として開発・提供することです。

この活動を続けることによって、外国人を受け入れるため「だけ」ではなく、「日本人も外国人も」住みやすい社会づくりを目指します!

これは「外国人留学生」というマイノリティであることの「苦悩」と受け入れ側の「戸惑い」を両方経験した私たちだからこそ、貢献できる社会課題であると考えています。

そして!今回の企画では「共生×野外映画」をテーマとした国際交流空間、『月明かりの映画館のプロデュースを行います!


2. プロジェクト詳細

「月明かりの映画館」は、共生をテーマとした映画と交流レクリエーションに加え、非日常世界に迷い込んだような演出が施された新感覚の野外映画イベントです。9月14日(土)の黄昏時(夕方から夜にかけて)に、京都の有名な観光地である蹴上インクラインの近くで入場料無料で開催予定です。

野外映画上映を通して、非日常的な交流空間を提供できるイベントにしたいと思っています!

主催:同志社大学グローバル・コミュニケーション学部 セミナープロジェクト

共催:公益財団法人京都市国際交流協会(予定)

協力:学校法人メリック日本語学校

後援予定:京都府国際センター(予定)


3.プロジェクトで実現したいこと

”日本人と外国人が言語や文化の違いを気にせず、交流できるアットホームな地域作り!!”

日本で生活する外国人の数は増え続けています。私たちは彼らと真に共生出来ているでしょうか?互いに歩み寄れているでしょうか?

私たちが目指すのは新しい国際交流のカタチ作りです。映画を通して自然と会話が始まるような空間を作ることで、外国人と地域住民のコミュニティ作りに貢献したいです。このプロジェクトが生む新しい国際交流のカタチが日本国内の「真の共生社会」への一助になると考えています。

なぜ京都で留学生?→京都は働く外国人よりも留学などを目的とした学生が多い街です。日本の文化に興味・関心を持って学びに来ている外国人が、異国の留学生としてではなく1人の人間として地域社会に溶け込める支援をします!

なぜ野外映画?→映画はその国の文化をダイレクトに伝えてくれます。そのような映画作品を野外の開放的な空間で上映することにより、知らない人とでも笑いあったり話しやすい雰囲気を作り出し、自然な交流を生み出すことが出来ると考えました!


4.お金の使い道

皆様から頂いた貴重なお金は映画上映のスクリーン、プロジェクター、DVDプレイヤー、スピーカー等の機材費に使わせていただきます!


5.皆様へのリターン

500円  スマホ用壁紙

1000円 ポストカード(メッセージ入り)、スマホ用壁紙

3000円 心を込めたセンキューレター、スマホ用壁紙、オリジナルキーホルダー

5000円 心を込めたセンキューレター、スマホ用壁紙、オリジナルキーホルダー、エンドロールに名前入れ(フォントサイズ小さ目)

8000円 心を込めたセンキューレター、スマホ用壁紙、オリジナルキーホルダー、エンドロールに名前入れ

10000円 センキューベリーマッチレター、スマホ用壁紙、オリジナルキーホルダー、エンドロールに名前入れ、VIP席(スクリーン前方席)

※スマホ用壁紙はメールアドレス宛に画像添付でお送り致します。

※エンドロールに名前を入れるに支援してくださった方は必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。 記入のない場合はCAMPFIREのユーザー名を掲載いたします。ご了承ください。


6.最後に

私が現在通っている大学の学部を志望した理由の一つは、学生が企画を運営・実行するセミナープロジェクトという科目があったからです。3年間この学部で学ぶ事によって、自分の・自分たちのやるべき事である「人と人とをつなぐ」という想いや使命感が強くなりました。そして現在、それを実現するために私は野外映画祭という企画を学部の21名の仲間たちと一緒に発足させました。

しかし、来場者の皆様に楽しんでいただく環境を作るためにはまだまだお金が足りていません。私たちの夢を実現させる為に、皆様のお力をお貸しください!


7. これまでの活動

活動例として、2017年度は7つのプロジェクトを推進し、地域の小学校における異文化理解教育やフェアトレード、京都・日本文化の世界への発信、「グローカル」支援など様々なテーマに取り組みました。各プロジェクトのテーマは以下のとおりです。

❶模擬貿易プロジェクト❷日本文化理解の一助となる映画祭・写真展の開催を目指す❸世界のことを考えよう-国際理解教育プロジェクト❹GC Travel Agent❺日本の祭りを世界に!地域活性と国際交流❻外国語活動と留学経験の語りを通して、留学の素晴らしさを伝えよう❼京都文化発信

その中でも特に好評だったのは❷で、日本文化をテーマにした10分程度のショートフィルムを集め、英語と中国語の字幕を付けて銭湯で上映するというプロジェクトに取り組みました。映像作品の募集から選定、字幕付け、イベントの企画・運営など、すべてのフローを担当。計2回の上映会を開催し、日本文化を様々な視点から捉え、改めて考えるきっかけをつくりました。


==============================

8. Abstract 

〜Getting a hint of symbiotic society from YOKAI〜

Let’s bring a new interactive space, a fusion of outdoor cinema and the world of YOKAI, to Kyoto. International project produced by “ex-foreign students” begins this summer!

(YOKAI is a mythical creature that appears in Japanese folktales. They were believed to be a cause of strange phenomenon, disasters and pandemics.)

〜通过妖怪了解共生社会〜

由“原留学生们”举办的“露天电影和妖怪世界相结合的全新国际交流活动”即将在京都、这个夏天呈现!!

〜요괴로 배우는 공생사회의 힌트〜

야외영화와 요괴세계를 융합한 새로운 교류공간을 교토에.예전 [외국인유학생]들이 만든 마지막 학창시절의 여름 국제교류 프로젝트가 드디어 실현!

==============================


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください