とにかく若者に踊ってもらって観てもらって社交ダンスやペアダンスの素晴らしさを伝えたい!そのためにはそれを披露する場、観る場が必要です。社交ダンスやペアダンスを盛り上げたいのでぜひご支援ください。7月7日(日)浜松町シーバンスホールにて開催決定!

プロジェクト本文

◆ご挨拶

Duo Dance Groove プロジェクトページをご覧いただきありがとうございます!

若者向けの社交ダンス発表会イベント「Duo Dance Groove」をプロデュースしている須藤将史と申します。日々練習したダンスを踊って見せる場、観る場を作りたくて活動しています。

社交ダンスは子供からお年寄りまで、誰でも長期的に楽しめるスポーツです。そして、基本のステップは万国共通で、初対面の方だけではなく、外国の方とも踊ることでコミュニケーションを図ることができます。それが社交ダンスの楽しさだと思います。

しかし、現在の社交ダンスシーンは、イベントの参加料が30,000円を超えるものも多いため、ご年配者の参加者が多く、若者向けのイベントの数も少ないです。そのためか20~30代の方には馴染みが薄く、始めるきっかけがあまりないと思います。メディアでも芸能人が社交ダンスを行うことで、最近注目をされましたが、それでも敷居が高いイメージがあり、なかなか気軽に始められない現状があります。

◆これまでの活動

この現状を変えようと思い、6年ほど前にスタートしたDuo Dance Grooveイベント。
1回目開催はスナックのような小さいハコで参加者も十数名、こじんまりとした発表会でした。それが回を重ねる毎に大きなハコへと変わり、出演者、観覧者が倍々に膨れ上がり、前回の5回目開催から浜松町のシーバンスホールとなりました。若者向けの社交ダンス発表イベントとしては都内最大級、350名もの方に参加頂きました。
社交ダンス以外にもサルサ、アルゼンチンタンゴ、ジャズ、ストリートなど様々なダンスも織り交ぜ、踊る側も見る側も楽しめるカジュアルなパーティーを目指して活動してまいりました。

◆このプロジェクトで挑戦したいこと

とにかく若者に踊ってもらって観てもらって社交ダンスやペアダンスの素晴らしさを伝えたい!
そのためにはそれを披露する場、観る場が必要です。

今年も第6回目の開催を企画しています

Duo Dance Groove 6 「Encounter」
入場料は4500円(前売り券)。出演料も極力安く抑えることで、若者が社交ダンスを発表しやすい場を提供しています。また、多くの若者に観覧いただきたいので、高校生までは入場無料にさせて頂きました。

振り付けは全員プロ講師で、プロのショーケースもあります。

前回イベントのダイジェスト動画⬇︎

あなたのブラウザはhtml5 videoをサポートしていません。

★プロショーケースのご紹介(現時点で確定している一部)

・山田悠莉(Latin)
・伊藤沙希(Latin&Jazz)
・根岸宏江(Ballroom Dance)
・須藤将史&徳永留果(Ballroom Dance)
・広岡嘉生&広岡有紗(Ballroom Dance)
・ルイカル&ゆうい(Salsa)
・Toki&Midori(Argentine tango)
・Mana(Argentine tango)
And More

※今回の詳細はこちら ⇒ http://duodancecircle.com/event/duo-dance-groove-vol-6/

※前回の詳細はこちら ⇒ http://duodancecircle.com/event/duo-dance-groove-vol-5/ 

また、イベントは社交ダンスがメインではありますが、より多くの方に楽しんでもらうために、アルゼンチンタンゴ、サルサ、ジャズ、ストリートなどのダンスも披露する予定です。

◆スケジュール

開催日程:2019年7月7日(日)

場所:シーバンスホール@浜松町

・5月より順次各チームプロ講師による振り入れ、練習

・6月30日全体リハーサル

◆資金の使い道

皆様からご支援いただいた資金は広告費、印刷費、ホール利用料金、付帯設備費、照明、音響、スタッフ代、リハーサルスタジオ代等運営費に充てさせていただきます。

◆最後に

社交ダンスの新しい魅力を世の中に発信し続けることで、多くの方が社交ダンスに触れ、また若者が参加してくれることで、社交ダンス界を盛り上げていきたいと考えています。

イベントの観客の方を感動させるパフォーマンスをするために、日々練習をしています。ぜひイベントの成功とよりよい環境を参加者にも観客にも提供したいと思っているので、ぜひ支援をよろしくお願いします。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください