プロジェクト本文

  はじめまして、(株)DokyoGames代表の清竜也です。

ボードゲームが好きすぎて、ボードゲーム好きの憧れである「自分のボードゲームを作りたい」という夢に思い切って一歩踏み出してしまいました。

DokyoGamesはスマートフォンゲームの開発をしている会社です。これまで培ったゲーム開発のノウハウを活かし、”にんにん★にんじゃ”という、パーティー用カードゲームを開発しました。

 

▼このプロジェクトで実践したいこと

「ボードゲーム好きの輪を広げたい」

ファミコンの時代からゲームと漫画にはまり、お小遣いの全てを趣味につぎ込み、これまで買ったゲームソフトは500本以上、漫画は1万冊以上という完全なるオタクの僕ですが、ボードゲームはそのなかでも少し特別な存在でした。

アナログゲーム(ボードゲーム、カードゲーム)には、すごく不思議な魅力があると思います。知らない人同士が集まっても、遊んでいるうちに自然に仲良くなれてたり、そんなこと関係なく楽しい時間を過ごすことができます。

そして、何より作品の息が長いのがボードゲームの大きな魅力のひとつ。初めて僕が体験したアナログゲームは「スコットランドヤード」。あれから30年以上経っていますが、今やっても全く色褪せずに面白いのですから。それって凄いことだと思いませんか?

でも、まだまだアナログゲームってニッチな存在ですよね……。
そもそも存在を知らなかったり、なんか難しそうとだとか、暗そう?なんてイメージもあるかもしれないですね。

また、一緒に遊んでくれる人をたくさん集めないとできないのはアナログゲームが広がりにくい原因のひとつだと思っています。

ボードゲーム仲間を増やす架け橋となれるようなゲームを自ら作るのが僕たちの夢です。その第一弾として3人からでも楽しめる「にんにん★にんじゃ」を作りました。

ぜひ、皆さんにも応援いただけると嬉しいです。

 

■■"にんにん★にんじゃ"に関して■■

▼ストーリー
ここは、忍者の里。忍者見習いたちは、一人前の忍者を目指して修行中。そして、ようやく今日は待ちに待った見習い卒業試験の日。忍者見習いたちは、今まで習った術を駆使して、秘伝の書の獲得を目指します。最後の最後に秘伝の書を獲得できた忍者一人だけが一人前の証を手に入れ、見習いを卒業できます!


▼遊び方

最少プレイ人数:3人
勝利条件は以下の2つのどちらかです。
・「秘伝の書」を最後の手札として場に出したら勝利
・「合言葉 山!川!!」を使って、指名した人が「秘伝の書」を持ってたら勝利

遊び方は、非常に簡単です!
遊ぶ人数に合わせてカードを配ります。
自分の番になったら、手札から一枚を出します。そして、そのカードの効果を使って、自分の番はおしまいです。
これを繰り返していくだけです。
ゲームに慣れてない方でも、すぐに遊べます。


▼ポイント
カードには、木の葉隠れの術、変わり身の術、煙玉などの忍者の術や道具が盛りだくさんです。

他の人のカードを全て覗き見る。全員が手札を交換する。反対に術を防ぐ。というように、派手な術の応酬が楽しめます!
みんなで、ワイワイ盛り上がり、1ゲームがすぐに終わるので、もう1回!となります。


▼お得な特典
拡張カードが3種類・拡張ルールが2つ入っています。シンプルなルールに自分好みの味付けをすることができるので、飽きずにオリジナルの楽しみ方ができます。

 

■■製作者プロフィール■■

▼ゲームデザイン :オグランド(アナログゲームアンバサダー)

         あそびつながるLabo.(http://blog.livedoor.jp/ogu_resort/)

 私は、現在約700個のボードゲームを持っており、個人でアナログゲーム(ボードゲーム、カードゲーム)を広める活動を10年以上続けてきました。

もともと、おもちゃやゲームは小さい頃から好きでした。
その後、社会人になって、ドイツのボードゲームと出会いました。
家族、親しい友人たちと遊ぶようになり、楽しい会をやってるという噂が噂を呼び、あれよあれよという間にイベント主催者になっていました。

過去に100回以上会を主催してきましたが、主な活動は以下のとおりです。

【あそびつながるCafé】:単日はもちろん、100人規模の1泊2日イベント等、ボードゲーム、カードゲーム、アナログゲームを広める活動の主催 
【あそびつながるLabo】:アナログゲームに関するブログ、ゲーム制作活動の主催

 

▼アートワーク : サトウテン(http://3to10.com/)

サトウテン Ten Sato 3to10

イラストレーター、ゲーム2Dグラフィックデザイナー、アニメ等のコンセプトデザイナーとして活動中です。
ゲームの仕事では主にコンセプトアート、キャラクターデザイン、モンスターデザイン、BGデザインなど(UIデザイン・アニメーション・演出はお休み中)。
グラフィックデザインの仕事では、名刺・カードデザイン、Tシャツデザイン、ポスターデザイン、ロゴデザインなど。
百貨店ギャラリーイベントやクリエーターイベント等で、不定期で原画やグッズの展示販売なども行っております。

代表作:
『にゃんぼー!!』(アニメ・Eテレ)美術デザイン
『カリーノコニ』(アニメ・テレビ東京)美術デザイン
『日曜洋画劇場』(アニメ・テレビ朝日)オープニング原画イラスト
『予言者育成学園Fortune Tellers Academy』(SQUARE ENIX)内部キャラクターデザイン
『モントピア』(Zynga Japan)デザイン全般・キャラクター・モンスターデザイン・演出など
『怪盗ロワイヤル-zero-』(DeNA)コンセプトデザイン・UIデザイン・演出など

 

▼テキスト :umeco 

 

▼プロデュース : DokyoGames(https://www.facebook.com/DokyoGames/)

        清竜也(せいたつや)

スクウェア・エニックス、ジンガ、キューエンタテインメント等で数々のゲームのプロデューサーを経験。2013年に独立して、(株)DokyoGamesを立ち上げ、現在はスマートフォン用ゲームの開発を専門に請け負っている。

好きなボードゲームは「ツォルキン」

 

■■リターン■■

●3,000円

にんにんにんじゃ 1個
にんにんにんじゃオリジナルポストカード1枚
サトウテン オリジナルポストカード5枚 (ランダム)

●4,500円

にんにんにんじゃ  1個
サトウテン 2017年カレンダー   1個
にんにんにんじゃ オリジナルポストカード 1枚

●12,500円

にんにんにんじゃ1個
サトウテン オリジナル”にんにんにんじゃ”原画(小)1点
 →世界で一点しかないにんにんにんじゃ原画をプレゼントします。

 

※すべて送料込みとなります。

 


■■今後の展望■■

現在、構想中のゲームが3つあります。

・それぞれの国に分かれて、オリンピックを招致するゲーム
・ロールプレイングゲーム的ファンタジー世界の冒険者たちになって、モンスターと戦うゲーム
・爆弾処理班になって、爆弾を処理したり押し付けあったりするゲーム

今回の応援プロジェクトにご賛同いただけたら、次のゲームに繋げていきたいと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください