皆さん初めまして!Team Yplate Automotiveというチーム名でドリフトというプロのモータースポーツ活動をしている齋藤 翔です!

プロジェクト本文


ご挨拶
みなさんこんにちは!Team Yplate Automotiveというチーム名でドリフトドライバーをやらせてもらっています齋藤 翔です!Facebookで「Sho Saito(齋藤 翔)」で検索お願いします!いつでも友達申請お待ちしてます!
このプロジェクトを始めた理由

今よりもっと多くの大会やドリフトイベントに参加していくため、どうかみなさんの力を貸してください。

このプロジェクトを通してよりたくさんの方に自分を知って頂いて、将来海外で活躍できるようなドライバーになるのが最終的な目標です!

このプロジェクトとは別に、1シーズン支援して頂ける方(個人スポンサー)も募っております。ひとくち5000円~募集しています!! 興味がありましたらメールしてください(^^) 私達と一緒に戦ってくださる方、どうかよろしくお願いいたします!

ドリフトを始めたきっかけ

物心がついた頃から車が大好きで、車から降ろそうとすると泣き出す赤ん坊でした笑

レーサーになりたい夢はずっと持っていましたが、漠然と「レーサー」になりたいだけで具体的なカテゴリーなどは決まっていませんでした。多分レーサーにはなれないだろうと当時は思っていました。

ですが中学2年生の夏休み、自宅から遠くないエビスサーキットというサーキットでプロのドリフトの大会があることを知り、父に連れていってもらったのが自分にとっての 「初サーキット」「初レース観戦」でドリフトドライバーになりたいと思ったきっかけになりました。

もう半端ではないエンジンの音、タイヤのすり減らす音、タイヤの焦げる匂い、ギャラリーの声...緊迫したピットの雰囲気...など一生忘れない1日でした。

そして中学を卒業して高校生になり、そのエビスサーキットで 「ドリフトスクール」という、車をレンタルしてプロドライバーがマンツーマンで教えてくれる というプランがあるのを知り、バイトに明け暮れ、何度もそのドリフトスクールに通いました。これが自分にとってのスタートです。

これまでの歩み 軌跡

14歳 ドリフトドライバーを志す。

16歳 ドリフトを体験。

17歳 本格的にドリフト活動を開始。バイト代でマイカーを購入。エビスサーキットでドリフトの腕を磨く。

以降、たくさんの方々に支えられドリフトを続け、21歳(2019年 3月) Yplate automotiveにスポンサードを受けプロドリフトドライバーデビュー。

支援の使い道について  支援金は全て、大会やドリフトイベントに参加、参加に伴い車両の修理 改造、遠征費に使わせて頂きます。

リターンの紹介です(^^)  8月11 12日(土日)に福島県エビスサーキットで行われるドリフト夏祭りに来ていただいた方にドリフト同乗走行体験できます!! (1500円の入場料+500円のワンデー保険に加入して頂く必要があります)

5000円~ 競技車両のリアガラスに個人スポンサー様の名前を入れさせて頂きます!

最後に

ここまで呼んで頂きありがとうございます。

これまでプロドリフトドライバーになるために全てを注いで参りました。

今度はトップドライバーになるために持てる全てを注いでおります。

どうが力を私に貸してください。よろしくお願いいたします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください