面白い人求む! SPITALの小さな店(4坪の2階建)を使うことができる、店主を募集します。このプロジェクトの支援で、店の改装を計画しています。店の運営を試してみること、小さな店だからできる人と人との繋がりを楽しんでもらいたいと思います。そして経験を元に、小倉に新しい店を作ってください。

プロジェクト本文

下記は例です。ご自由にご入力ください。

▼自己紹介
SPITALの原田と申します。
1978年生まれ、北九州市出身。
地元大学を卒業後、東京→LONDONでの遊学音楽生活を経て帰国。
帰国後、株式会社リクルート入社。約3年間の勤務を経て、30代に入り、地元の北九州に戻り、SPITALを立ち上げました。「人の集まる空間を作る」をコンセプトに、「SPITAL」「スピタルハコザキ」を運営しながら、各種イベントの企画、運営コーディネートを福岡を中心に行っています。
今後の目標は、小さなスペースを各地に作り、小さな情報発信!!


▼プロジェクトをやろうと思った理由
SPITALを始めて、7年目。現在14名の店主で、曜日や時間帯を区切って営業をしています。店に立つ人を、"SPITAL店主と呼びます"。今までは、知人の紹介や店頭に来たお客さんが、店主になる流れで営業をしていましたが、少し敷居が高いものでした。今回のプロジェクトを実施することで、私の知らない人がお店に立つことになるかも?ある意味怖くもありますが、そこから広がる新しい人との繋がりを考えると、ワクワクしてきます。

(外観写真 西小倉駅から徒歩7分、古い長屋の一角にあります)

この店は、4坪のとても小さな店です。1人できる、やってみたい事あるなら、とりあえずやってみよう!を体感できるスペースだと思います。2016年、嬉しいことに、SPITAL店主出身者が独立してお店を出すことになりました。この流れを、街に増やしていきたいなと思い、今回のプロジェクトを立ち上げさせて頂きました。7年営業して、店の使いにくい部分があるので、このプロジェクトの支援金を元に、このスペースをより使いやすくする為に改装をしようと思っています。

(1F写真)店の右半分を厨房に改装予定です。






最後に、このスペースでの企画は、皆で一つの空間を作るために、
私(店主 原田)が、全ての企画に対してサポートさせて頂いています。
新しい出会いを楽しみにしています。

 
▼これまでの活動

(店舗)
2003年Londonにて、SPITAL LONDON HOUSEオープン
2009年北九州市小倉北区室町に『SPITAL』
2015年福岡市箱崎に『スピタルハコザキ』をオープン。

(イベント)
・SPITAL MARKET / マーケット (企画、運営)
・Dimension / クラブ音楽イベント (企画、運営)
・mt school 福岡 (運営担当)
・AMU SPITAL MARKET (企画、運営)
・Antocyanの森 (企画、運営)
・小倉クリスマスマーケット2016 (出店者コーディネート)
▼資金の使い道
①1階の改装、厨房設備の増強
1階をカウンター営業に変更して、立ち飲み場を作ります。
(キッチンに、店主が2人立てるように改装します)

②2階の展示空間修復
(7年間の壁のダメージが激しいので、修復します)
■同入予定の設備
(1)冷蔵庫 (台下冷蔵庫を追加導入し、作業効率UP)
(2)浄水器を導入 
(3)製氷機
(4)オーブントースター 
(5)スマートロック設備 (入退室管理システム)

▼リターンについて
・店内で使えるドリンクチケット
・CDを1枚選んで送ります。
・店主の権利(店を自由に使える権利)数種類。
・2階の小さな貸スペースで展示をする権利。
 ▼最後に
・小さいコミュニティを沢山、街に作りたいです。
 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください