広島県府中市上下町で地域資源の空き店舗を活用!空き店舗のある商店街は光ケーブルが通っているのですが、少し離れると、インターネットが使えないエリアが多く、インターネット難民が出ており、インターネットを快適に使える空間を作り、人が集うコミュニティスペースを提供したい!

プロジェクト本文

①ご挨拶

はじめまして!「岡野隼人」と申します。

広島県府中市上下町という過疎化高齢化の進む町で、

空き店舗を借りて、訪問鍼灸サービスを行っております。

創業して2年。

一向に資金繰りはギリギリのままですが、

地域で同じように起業して頑張っている方と出会い、

もっとこの町を盛り上げていきたい!!

そう思っています。



②このプロジェクトで実現したいこと

↑店舗はこれ!

ここを事務所にして訪問サービスを行っているのですが、

この店舗を使って、

過疎化高齢化の進む田舎町で、人が繋がれる

フリーインターネットスペース「白壁ベース」を作りたい!!

それが私のプロジェクトです。







③プロジェクトを立ち上げた背景

写真提供:広島県

私の店舗は上下町の商店街、白壁通り内にありますが、

高齢化も進み、人通りもほとんどなくなっています。

そして、この商店街を除くほどんどのエリアが、光ケーブルが開通しておらず、

インターネットが実用的に使えない問題もあります。

そして、多くの若者が、インターネットが快適に使えるスペース探しています。





そこで!!






当鍼灸院のフリースペースを

フリーインターネットスペースにしたいと思い

プロジェクトを立ち上げました!




④店舗について

店舗はウナギの寝床のような間取りで、


入口手前のスペースには何も置いておらず、空き店舗が活用しきれていない状況です。


奥の少し細いスペースでは、院内施術ができるようレイアウトしております。

しかしながら、サービスの多くは「訪問」なので、院内施術はほとんどありません。


家賃は2万円と田舎価格なので、固定費が少なくて済んでいるのが、

この事業でどうにかこうにかやっていけている大きな要素です。


しかし、このままでは、終われません。

人を呼びたいし、地域の役にも立ちたい。

箱(空きスペース)もあるのに、活かせていない。。。

日々、何かやらなきゃと思いここまできました。


このインターネットフリースペース「白壁ベース」は、


インターネットが使えるのは、もちろん、

ドリンクサービスも付けます。

さらには、地域のハンドメイド職人さんのグッズなども置き、

少しでも、コミュニケーションがとれるような空間にしたいと

思います!




↓当鍼灸院の紹介





⑤地域のご紹介

広島県府中市上下町は江戸時代、世界の銀の1/3を産出していたという石見銀山から瀬戸内海へ続く銀山街道の宿場町で、石見銀山からの銀の集積中継地となっていたため、幕府直轄の天領となり、代官所も置かれていました。最盛期には町には33軒もの金融業者が軒を連ね、のちに酒、醤油などの醸造業をはじめとするさまざまな商人も集まり、町は大いに栄えた、と言われています。



上下川を渡るとその先にも風情ある通りが続いています。立派な白壁の旅館や酒屋が並び、江戸時代の宿場町がそのまま残っているかのようにも見えます。

また毎年3月に開催される上下ひなまつり」では、たくさんの観光客がこられます。





⑥これまでの活動

この訪問鍼灸院を立ち上げてから、感じたことは、

田舎独特のよそ者を受け入れない空気感でした。



私は広島県福山市から来た人間なので、

上下町の方も隣町の方もフラットにお付き合いしていました。

しかし、いろいろな人と話をしていく中で、

それぞれの町の若者同士が繋がっていないという現状に気付きました。

そこで、30代以下限定の異業種交流会

「KATARIBar(カタリバー)」を開催しました。

同じ上下町で、お弁当屋さんで起業した女の子のお店で、

事業主ばかりが集まり第1回目は大成功に終わりました。



年に2回、開催するたびに、メンバーは増え、

この上下町に4町から事業主や職人やらが集まりました。


そして、この会を通して、

地域の課題や、

私の個人的な課題である店舗活用についてディスカッションをし、

今回のプロジェクトに至りました。





資金の使い道

インターネット使って快適に過ごしていただくべく、

テーブル、椅子等の家具購入と、

玄関ドア(老朽化)のやり替えをさせていただきます。

9月利用開始に向け動きます!





リターンのご紹介

お礼のメールを添えて、

白壁ベースのオリジナルステッカーやTシャツ等をお送りします。

(これから作成します!)





最後に!!

この地では商売できないというような雰囲気を

この地に全くないサービスで打破したい。

そして、「なんとなくあそこに行けばあの人いるよね」というような

コミュニティ空間を作りたい。

チャレンジしていきます!!



<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 活動報告

    経済リポートの取材が入りました。

    2019/06/19 14:20

    ご支援感謝します。ありがとうございます。先ほど、経済リポートの取材が入りました。コミュニティスペースとしての活用はもちろんですが、高齢者に向けたネット買い物代行も検討してきます。取り急ぎ、家具等の購入を進めていきたいと思います。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください