どうしても!9月からの女子ゴルフプロテストに合格したい!猛練習を積み、心身ともに完璧な準備を整えるには、生活のための仕事やアルバイトを離れトレーニングに集中する必要があります。どうか、徹底的に集中できる環境を整えさせて下さい。自分たちの全てを賭け、ホンキで、ホンキで!挑戦しています!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

ご挨拶:菊地花霞より

みなさま初めまして! 埼玉県出身。28歳のUS LPGA Teaching & Club Profesional の菊地花霞(Kikuchi, Haruka)です! 私は、ゴルフを初めたなのは早い方ではなく、高校2~3年生のころからです。大学生の時にプロになりたいと決意し、大学を中退し、オーストラリアへゴルフ留学に行きました。そのあと研修生になり、マレーシアなどの海外でも経験を積み、いまLPGAプロテスト合格を目指して頑張っています。 厳しい挑戦ではありますが、笑顔を絶やさず、周りのみなさまに元気を送り続けられるプロゴルファーになりたいと思っています!そして今まで私の夢を応援してくれている家族や周りのみなさまに、一日でも早くプロになって恩返しをしたいです。私の大きな夢は、大好きなオーストラリアの試合で優勝することです! どうか応援よろしくお願いします!



ご挨拶:遠藤璃乃より

みなさま初めまして! 東京都世田谷区出身。現在25歳の遠藤璃乃(Endo, Rino)です! 高校時代は全国トップクラスの埼玉栄高校ゴルフ部に所属し、その後19歳の時にアメリカへゴルフ留学をした際に、PGA of America Playing Ability Test (PAT) を取得しました。自分の長所である飛距離を武器に、2017年ドラコン日本一決定戦 (L-1グランプリ)に挑戦してみました。そこで、294yardという記録で優勝することが出来ました!プロゴルファーとしての活躍を夢見て次の目標であるLPGAプロテスト合格に向かって頑張っています。 必ずLPGAプロテストに合格し、ツアー出場権を獲得し、迫力のあるプレーをみなさまに観てもらいたいです! 是非応援よろしくお願いいたします!



はじめに:

日本のLPGAプロテストは、毎年数百人の挑戦者に対し、合格率数パーセントという狭き登竜門です。 私たちにとっては、身体を鍛え、技を磨き、心を整えることが絶対必要な、大変厳しい難関です。 もちろんこの合格がゴールではなく、それを通り越えやっと始まる本当の戦いに身を投じることができます。 私たちは、ようやくここに挑戦することができるようになりました。 お世話になっている家族や仲間そしてみなさまと一緒につかんだこの挑戦に、全力を尽くします。


このプロジェクトで挑戦したいこと

9月から日本女子ゴルフプロテストが始まりますので、その合格にまずは全てを賭けて練習を思いっきりやるための環境を整えています。 もちろんプロテスト合格は一つの通過点ですが、とにかく狭き門、なんとか、どうしても、何としてでも通り抜けなければなりません!

みなさまからの応援を力にして、今回のプロジェクトを通じて使わせていただける資金ができればそれを大事に、大切に、周りとも相談し、練習とトレーニングに使わせていただきたいと思います。


私がこのスポーツを始めたきっかけ

菊地花霞より

子供の頃、マスターズでのタイガーウッズの優勝をTVで観て、わたしもタイガーウッズのようなカッコいいプロゴルファーになりたいと思いました。 長い道のりですが、毎日の努力で、小さな積み重ねではありますが、一歩一歩進んでおります。


遠藤璃乃より

父から影響をいただきました。 私は小さい頃から運動神経が良い方だったと思います、とにかくスポーツが大好きでした。 自宅近くにテニススクールがあったので、幼稚園から中学生までテニスをしていましたが、中学3年生の時にゴルフと出会い、その奥深さに魅了され、高校からゴルフを本格的に始めようと決意しました。 体操オリンピック金メダリストの遠藤幸雄が祖父におり、将来は祖父の様にオリンピックにも出場し、世界で活躍出来る様なプレーヤーになりたいと願っております。


これまでの歩み・軌跡

菊地花霞より

私がゴルフを始めたのは比較的遅く、高校3年生のころからゴルフに魅了され、明治大学体育会ゴルフ部へ入り本気で取り組み始めました。 もっと上手くなりたい一心で、大学を中退してオーストラリアへ1年間のゴルフ留学に行き、帰国してから葛城ゴルフ倶楽部、厚木国際CCで研修生として練習を続けてきました。 その後、理論を徹底的に学び、自分のゴルフにつなげようと US LPGAティーチングの資格を取得しました。


遠藤璃乃より

どうせやるならナンバーワンを目指せ!という父の教えと勧めで全国トップクラスの埼玉栄高校に入学しました。その後、さらなる技術向上の為にアメリカへゴルフ留学をし、世界のトッププレーヤー達を教える Gary Gilchrist コーチのいるGGGAアカデミーで、朝から晩まで毎日毎日、練習とトレーニングに励みました。

日本に帰ってきて数年が経った今、色々とチャンスが少なくなってきました。私にとってこの1,2年が最後だと思っています。 少しでも多くの時間をゴルフに費やし、少しでも沢山練習をさせて頂きたいと心から願っております!


資金の使い道・実施スケジュール

日本のLPGAプロテストに挑戦し、最後まで戦いきるには一人60万円ほどが費用としてかかることを想定しています。 テストへの参加費がそれぞれ毎回4万円から10万円、プレーフィー、宿泊代と交通費等を含め、約2ヵ月に亘る長丁場となります。

その約1ヵ月前、つまり8月に入るとスグに生活のための仕事やアルバイトを停止し、練習やトレーニングに没頭する予定です。 例えば8円の貸ボールを1ヵ月に30,000球打つことを想定しても、それだけで24万円がかかります。

それらの、LPGAプロテストへの挑戦、練習やトレーニングに掛かる費用の一部をこのような形でご支援いただければ本当にうれしく存じます。

大切な、大事なそのような資金の使途については、この期間を通じてみなさまに細かく報告を重ねながら、プロテスト合格を勝ち取りたいと願っております!


リターンのご紹介

私たちでもできるお礼を、心を込めて考え、準備しました。 LPGAプロテスト挑戦の記録なども通じ、少しでも私たちや、このような挑戦をしているアスリートを身近に感じていただければ本当にうれしく存じます。



最後に

夢に向かって走ってきた今日ここまで、たくさんの方々に支えられて今までやってこれました。

最後まで悔いの無いようにやりきってプロテストに合格し、自分の夢であるツアー優勝を真剣に目指しております、ここで自分たちの目標と夢を終わらせたくない!

まだまだ甘えるばかりの立場ですが、夢へのスタートラインに立てるよう真剣に挑戦しておりますので、なにとぞよろしくお願いいたします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください