2019年7月20日(土)に、手稲で行われる「第15回あけぼの夏祭り」フィナーレにこれまで5回は企業協賛で打ち上げ花火を上げています。1回目の開催では65発で年々規模を拡大してきました。祭りはみんなの手でつくりたい。応援してくれる人。一緒にやりたい人募集します。手稲の花火大会を一緒につくりませんか?

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

手稲で開催される「あけぼの夏祭り」で花火大会の実行委員長を5期やらせていただいております手稲未来塾の舩越(ふなこし)と申します。

手稲未来塾は、地元手稲の地域活性化のための活動をしている経営者団体です。手稲 あけぼの連合町内会のお祭りで縁日、出店を実施し、花火を共催させていただいております。


※お祭りでの縁日の様子

※手稲未来塾 会長の西田です。

このプロジェクトで実現したいこと

私たちは、手稲であけぼの夏祭りのフィナーレに花火大会を、これまで2014年の第1回から2018年の第5回まで開催してきました。町内会をはじめとする地域の方々、手稲区役所、土木事業所、そして協賛を少しでも協力してくれるという多くの企業から募り実現してきた手稲の花火大会ですが、私たちの手稲未来塾の目標は「地域の人々とともに作り上げる花火大会」です。

「地元手稲で子供たちからご年配の方まで楽しめる花火大会をみんなの手で作りたい。みんなが楽しめる!みんなが共感し、夏を楽しめる花火大会を作りたい」と考えています。

しかし、私たち手稲未来塾は地域への想いがある方たちとみんなで一緒に花火大会を作りたいと思っています。お祭りは本来大人から子供までみんなが参加してつくるものにしたいと思っています。

だから、花火大会開催もみんなの手で作りたいと思っています。


■過去のあけぼの夏祭り及び花火の様子(実績報告)

(1)2017年 札幌市 手稲鉄北まちづくりセンター で手稲未来塾の活動を紹介してくれました。

(2)2018年 あけぼの夏祭りと花火について(報告ブログ:舩越)


私たちの地域のご紹介

手稲は札幌の西部に位置する区です。札幌の中でも特に自然に恵まれた場所で、山と隣の小樽銭函の海が近いのが特徴です。人口19万人で、子育てしやすく、昔ながらに住んでいる人もいるので、いまだに人口増加しています。手稲には地域の大きなお祭りが3つあり、「あけぼの夏祭り」はそのひとつです。

今年、第15回を迎える地域の夏祭り、誰もが参加できる。昔ながらの地域のお祭りをぜひ見に来てください。また、そのフィナーレの花火大会をスタッフとして一緒につくりませんか?

また、手稲以外の方ももし花火大会を地元で作りたいという方がいらっしゃったら、ぜひスタッフとして参加してください。「ゼロからはじめる花火大会の作り方」伝授します(笑)

※お祭りの様子


プロジェクトを立ち上げた背景

地方自治体、町内会、企業のご協力をいただき、今まで5回の花火大会を開催してきました。毎年少しづつ工夫して、安全面、規模を大きくしてきました。

地域の子供たち、ご年配の方まで、たくさんの人に喜んでもらえる花火大会にしたい。手稲未来塾では、多くの人に参加してもらい、一緒に作り上げる花火大会にしたいと考えました。地元の人誰もが平等に見れるこの地域ならではの夏の思い出を一緒につくる喜びを、そこに参加する楽しみを共感しませんか。


これまでの活動

これまで毎年ただ繰り返しで協力するのではなく、毎回少しづつ背伸びして、色々進化させ、成長させてきています。本当に大変だったのは第1回のときです。花火を打ち上げる場所の許可をもらうために必死でした。許可もでず、連合町内会や様々な方にお願いして、多くの方にアドバイスをいただきながらやっと実現しました。

地域のため、子供たちのためという熱い想いだけで第1回の開催にこぎつけることができました。

手稲という地域でみんながその花火を見て、夏のみんなの思い出をつくってほしいと思いました。花火を見て夏を感じる風情を感じてほしいと思いました。その強い思いを多くの人に伝え、そして実現しました。

今継続して開催できているのはその後も多くの方々にご協力いただいているからであり感謝しかありません。

そして、この作り上げる喜びを、こんなすばらしい体験を多くの人と共感したいと感じています。

資金の使い道・実施スケジュール

今年のお祭りは、2019年7月20日(土)19時45分~に「手稲山口のイオン・明日風公園」で開催されます。資金用途は花火費用等です。資金も大事ですが、それ以上に参加する喜びを共感したいというほうが想いは強いです。一緒に手稲を良くしていきましょう!今年は第15回という節目もあり、特別に1000発の花火を上げたいと企画しています。花火大会は企業協賛も毎年同様企業協賛もいただいておりますので今年も実施します。このクラウドファンディングでは、第15周年あけぼの夏祭りの記念としてさらに多くの人に知ってもらいたい。お祭りに参加してもらいたい。そして協力してもらった分を地元の人に還元したいと考えています。


花火・設備費:約45万円~約85万円

プレゼント等の仕入:約12万~約25万円

広報費:約3万円

送料・通信費:約1万~約3万円

消耗品及び備品購入:約5万~約10万円

CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料:約15万円~約24万円

※上記の他に毎年企業約30社~50社から協賛をいただいております費用と合わせて利用させていただきます。

 

最後に

毎年恒例で行う手稲唯一の花火大会。あけぼの夏祭り。近年は北海道ウォーカーでも、北海道新聞にも札幌の主な花火大会として取り上げていただけるようになりました。どうか共感していただける方、みんなの手で手稲のお祭りを育てていきたいと思います。どうか力を貸してください。”手稲(ていね)”をキーワードに素晴らしい出会いができることを心より楽しみにしております。ご協力をどうぞよろしくお願いします。

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



リターンのご紹介

1、明日風公園のごみ拾いスタッフ(花火大会開催の翌日です)

私達は、明日風公園を利用させていただき、使う前の状態よりきれいにして毎年札幌市にお返ししております。ゴミ拾いは2019年7月21日(日)朝8時から実施します。翌日朝明日風公園に来れる方。(お子さんと一緒に参加できます!ご家族で1口でOK。家族で楽しみたい方にオススメ) ※ゴミ袋はご用意します。手袋・軍手等はお持ちください。

500円×100枚

2、お礼の手紙

感謝の気持ちを込めてお礼の手紙を送ります。お祭りに参加できないけど応援したいという方にお勧めです。

2,500円×100枚

3、あけぼの夏祭り会場で使える回数券1100円分+お礼の手紙

2019年7月20日(土)にあけぼの夏祭り会場で使える回数券1100円分を郵送でお送りします。

一部花火への協賛金(当日お祭りを一緒に盛り上げましょう!)

4,000円×100枚

4、2019年7月20日(土)線香花火+お礼の手紙

今回のご協賛の記念に純日本製の高級線香花火をお送りします。お祭りに参加できないけど応援したいという方にお勧めです。

4,000円×100枚

5、当日花火大会の警備スタッフ。

最前列・至近距離で花火が見れる。2019年7月21日(日)17時半に明日風公園集合で警備は20時半までとなります。(本チケットは18歳以上に限ります。自家用車で来ていただけますがイオン山口駐車場をご利用ください)

5,000円×30枚

6、花火大会のスタート。花火の着火電子ボタンを押す担当

大事な人の為に。花火のスタートを何かの記念に使ってください。2名様まで一緒にできます。お祝い記念用。ご家族や大好きな人のプレゼントに!着火前に一言ハンドマイクでお話しできます(叫べます)(笑)

50,000円×1枚 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください