ピザの自動販売機を知っていますか?従来は海外製の輸入品のみ。2019年・秋遂に初の日本製のピザ自動販売機が完成!24時間いつでも出来立てアツアツのおいしいピザが食べられる世界を実現。詳細は動画をご覧ください!

プロジェクト本文


はじめまして、日本初の国産ピザ自動販売機を開発するプロジェクト「ピザリンクス」。

ピザリンクスは広島県広島市に本社を構えるピザ自動販売機サービスの会社です。


このプロジェクトが日本の未来を劇的に変えます!

子供の頃、誰もが夢見た「未来の世界」
思い出してみてください。
貴方はどんな未来を想像しましたか?

ロボットが料理を作ってくれる。


実は、そんな便利な世界が 
もうそこまで近づいて来ているのです。


日本では現在、人手不足や労働環境等の問題により、
コンビニ各社は一部店舗の24時間営業廃止を開始。
小売店、飲食店でも営業時間の短縮、店舗の一部閉鎖が起こっています。


●人手不足による賃金の増加

●労働時間の改善

●働きやすい社会の実現


これらは働く人々にとって喜ばしいことです。
しかし一方で、
私達の生活利便性は後退してしまうのではないでしょうか?


欲しい時に物が買えない、食べたい物が食べられない。
こういった問題を解消する1つとして、
自動販売機によって24時間いつでも
美味しい温かい食べ物を提供する事を考えました。


その第1弾がピザの自動販売機「ACD」

2019年秋頃に広島県、2020年からは日本全国に展開予定です。


無人化

アメリカではAmazon Goがオープンし、中国ではBingo Box等の
多くの企業が既に数千店舗の無人化をすすめています。
日本でもコンビニ大手企業が無人店舗の実験を開始。

しかし、商品を見るとパックや冷蔵された商品ばかり…

私達はこの調理できる自動販売機によって、
迅速かつ安心できる商品を
アツアツで美味しく提供できます。

つまり、無人化されていく店舗に
レストランが併設されているかのような世界を実現できるのです。


品質

私達の自動販売機は非常に多くの試験を重ねました。
従来の機械は連続運転が出来ない、故障が多発する等、
24時間いつでもサービスを提供するという基準を満たせていませんでした。

平均10年以上壊れない。

これが私達の日本製自動販売機です。


資金の使い道・スケジュール

自動販売機の開発、改良費用 300万円~

自動販売機の製造費用 430万円~

リターン用費用 100万円~

CAMPFIRE掲載手数料・決済手数料 170万円


8月20日 クラウドファンディング終了

8月下旬 ピザ自販機の開発、改良、製造

9月上旬より リターン発送、イベント開催

9月下旬 ピザ自販機オープン

2019年秋に広島県、2020年からは日本全国に展開予定です。



最後に

私達「ピザリンクス」は子供の頃
ロボット達のおかげで
自由で便利で、そして安全な未来を想像しました。

今回、その気持ちのままに
「ACD」を開発し完成させました。

想像した未来に1歩近づけた気がしています。

そして私達と一緒に
「想像した未来」を「現実」に変えてみませんか?


どうかご支援の程、宜しくお願い致します。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 活動報告

    早速のご支援ありがとうございます。

    2019/07/04 22:48

    こんばんは。ご支援頂いた方、興味を持って頂いた方、誠にありがとうございます。関係者一同、応援の気持ちを受けて心が動かされました。引き続き実現に向けて頑張ります。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください