キャッシュレス・ペーパーレスの時代、 財布の中にはスタンプカード・ポイントカード・会員カードはどうなるでしょう。 この解決すべき問題を解消したく、 【WeStamp】で一元管理できるようにしたいです!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

初めまして、台湾からきました蕭(ショウ)百鈞(ヒャクキン)と申します。
※外国人なので、日本語がおかしい箇所はあるかもしれませんが。
 ご了承ください。m(._.)m

今年は来日7年目になります。
来日後、営業・エンジニア・ディレクターなどの経験しました。
現在Web業界でディレクター として働きながら、
WeStampというアプリを実現しようとしております。

台湾ではタピオカの発祥の地で、
下記のようなスタンプカードを活用した販促文化はかなり盛んでおります。


日本でも多くの店はスタンプ・ポイントカードなどを利用しています。

台湾にいた時も、日本にいるときも、
いつもこのようなもので、財布がパンパンになっております。

タピオカブームの今、スタンプカードの使用更に活発しました。
このような問題を解消したく、このサービスを作ろうと思いました。


このプロジェクトで実現したいこと

①スタンプ・ポイントカードのような 小さなことから、ITリテラシー格差を減らしたい。

②大手中心に展開しているアプリの販促手法
 個人経営のお店も気軽に使えるような環境を作りたい。

③アプリの普及により、
 日本の商店街文化地方創生などの力になりたい



下記の機能を段階的に追加していく予定。


プロジェクトをやろうと思った理由

①スタンプカード・会員カード・ポイントカードを減らす

台湾ではタピオカの発祥の地で、
スタンプカードを活用した販促文化はかなり盛んでおります。
多くの店はスタンプカード・会員カード・ポイントカードを利用していて、
利用者の自分にとっては嬉しいことですが、
使うときにはよく持ち忘れたり、見つからなかったり、
保管問題でボロボロになったりして悩んでました。

単純の問題ですが、未だにうまく解消されていません。
この問題を解消したく、WeStampを作ろうと思いました。

②アプリ販促の普及

代表のショウはWeb広告業界で働いていました。
現在の販促形態は、徐々にモバイルアプリに移転していますが、
参入できるのはリソースと体力があるのは大手企業だけです。

このような環境では個人経営の店舗は中々参入できず、
今時の販促方法とますます遠くなっております。
このような問題を解消したく、共通のモバイルプラットフォームを開発し、
モバイル販促に参入しやすい環境を作りたいです。

これまでの活動

プロジェクトにつながる過去の活動や体験を書きましょう。
来日してからビザの関係で仕事しなければいけないですが、

2018年末
企画制作を決意して、在職しながら企画書を作りました。

2019年
2月頃企画の画面の設計開始。
6月ユーザー画面デザイン製作中。

※現段階のデザインイメージ

資金の使い道

集めた支援金用途や内訳を書きましょう。
アプリ開発検証 60%
内訳:
「店舗側アプリ開発」:40%
「消費者側アプリ開発」:20%

サーバー維持費 25%

その他雑費 15%

リターンについて

【感謝のメッセージ】

【アプリプレミアム会員の使用権利】

【アプリ内で使える店舗用のロゴデザイン】

【手書き感謝のメッセージカード】

【頂いたご意見をアプリ内で実現する【】

【会員の使用権】

【アプリ開発、またはホームページ作成のご相談・特別割引】


実施スケジュール

資金の調達進捗もよりますが、
現在は下記のスケジュールを想定してます。

2019.07 ユーザアプリのデザイン完成
 ↓↓↓
2019.08 店舗専用アプリデザイン完成
 ↓↓↓
2019.09 アプリ本開発
 ↓↓↓
2019.12 アプリテスト検証
 ↓↓↓
2020.01 アプリ公開


最後に

台湾から参りました外国人ですが、
この大好きな国のために微力でありながら、
何か力になりたいです!

まだまだ途中段階ですが!
是非ともご応援をおねがいいたします!


お願い

このプロジェクトはお店のためのものだけではなく、
一般の消費者も使っていただきたいです!

今までスタンプカード・ポイントカード・会員カードなどで
面倒臭いと思ってた方、このような機能があればいいなーと思ってた方、
是非ともご意見を頂ければ幸いです。

また、当プロジェクトに興味があって、
参加したい方是非ともご連絡ください!

最後までご覧になっていただいて、
ありがとうございます。

是非ともよろしくお願い致します!!

※本募集方式については
<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください