Original Fashion Brand『 GENTRY 』 デザイナー 兼 代表 高橋 優太 brandConcept『着ているすべての人に優しさと品格を』

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶 

 初めまして、オリジナルファッションブランド「GENTRY」代表兼デザイナーの高橋 優太です!   

この度は、数あるプロジェクトの中からご覧いただき誠にありがとうございます。
簡単に私の経歴を紹介させていただきます。
高校生の頃、将来のやりたいことが決まらないまま進学することが嫌で、将来自分がどうなりたいか何を仕事にしたいか真剣に悩んだ結果、当時、服に興味を持ち始めた私は、ファッションデザイナーになりたいと思うようになりました。
高校を卒業後、東京にある服飾専門学校のファッションデザイン学部に入学。
服ができるのに欠かすことが出来ない、素材やパターン、縫製やデザインなどを学ぶ。
在学中に自分のオリジナルブランドを持ちたいと強く思うようになり、今年の四月に卒業し、オリジナルファッションブランド『GENTRY』を立ち上げる。

個人  Instagram    https://www.instagram.com/yuta_gentry/

Brand Instagram    https://www.instagram.com/gentry.jp/                

よかったらご覧ください!


ブランド名(ジェントリー)の意味

 GENTRYとは、イギリスにおける地主層の総称である。
当時、GENTRYが品があり、誠実で紳士的であったことからジェントルマンという言葉が出来ました。
ジェントルマンと聞くと男性のイメージですが、ブランドの信念として男性にも女性にもかっこよく美しく着ているだけで紳士的な気持ちになれるような服を作りたいという思いからこのブランド名にしました。

ブランドロゴについて

 このブランドロゴは、イギリスの紳士の特徴と言える蝶ネクタイをモチーフにしたデザインです。
モノトーンでまとめることによってシンプルで落ち着いたデザインにしました。

ブランドシンボルについて

 両脇のGRを重ねたデザインのものは、GENTRYのシンボルマークです。
GENTRYのスペルから選びました。

このプロジェクトで実現したいこと

 実現したい事は、ただ一つ、たくさんの人の目にとまり、GENTRYが皆様に愛されるブランドになる事(・認知度の向上・少しでも多くの人に着てもらう事・販路の拡大・皆様がトレンドを作り出すためのお手伝いなどなど)

プロジェクトをやろうと思った理由

 実現したい事と被っていますが、たくさんの人の目にとまり、皆様にGENTRYを知ってもらう事で、少しでも多くの人に着ていただき、販路の拡大や皆様がトレンドを作り出すためのお手伝いしたいと思ったからです。

資金の使い道

・集めた資金に関しては、製作数の増量や衣服のアイテム数の増加(ブランドの拡大)などもっと皆様のニーズに合わせられるようにしていきます。

・モデル撮影などの広告費

リターンについて

 本プロジェクトはAll-in方式で実施するため、目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届け致します。

リターン内容

2019ss   GENTRY   オリジナルロゴTシャツ S.M.L.XL   (ホワイト・ブラック)

2019ss   GENTRY   オリジナル長袖ロゴTシャツ S.M.L.XL   (ホワイト・ブラック)

送料込みの価格になっております。

リターンの詳細では載せきらなかった拡大画像

・表デザイン(背中側は無地)

・襟ぐり、胸ロゴ拡大画像

・長袖Tシャツ袖ぐり拡大画像

・商品のお届けイメージ画像
(袋にはサイズシールが貼ってあります。)


こちらに貼らしていただいたの画像は、服のサイズ表と身長に対してのオススメサイズです。

・各位置の測り方
・半袖のサイズ表

・長袖のサイズ表

最後に

 ファッションのトレンドを作り出すのは、あなたです!
GENTRYは、そのお手伝いをさせて頂きたいと考えています。
少しでも興味を持っていただけたり、このプロジェクトに支援していただけたらとても嬉しいです。
皆様の期待やニーズに応えられるようにこれから精一杯努力していきたいと思います。
最後まで閲覧いただき誠にありがとうございます!


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2019/07/02 18:43

     初めまして、『GENTRY』代表 兼 デザイナーの高橋 優太です。今回、初めて活動報告を書かせていただきました。今年の4月から始動して3ヶ月ほどが経ちました!最初は、不安でいっぱいで何から手につけたらいいのかなど考えることでいっぱいでした。6月1日には、2019ssとして新作アイテムを出すこ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください