世の中の雑誌って「大人」が作っていますよね。だから大人目線の雑誌ですよね。そのため若い人目線の雑誌って存在しない気がします。というか存在しません。だからこそ大学生のための雑誌を大学生が作ろうと思います。※上の写真は前回制作した雑誌(ムック)の一部です。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

こんにちは。編集長の齋藤 迅(さいとう はやし)と申します。

突然ですが雑誌、読んでますか?

推測ですがあまり読んでいないかと思います。その理由はインターネットでどんな情報でも得られるなどがあると思います。

ですが、今、写ルンですが再び注目されたり、アナログ盤が普及したりするなど、「アナログ」が再注目されている時代です。だからこそ、「雑誌」という手に持つことができる「アナログ」が(もしかしたら)再注目されるのではないでしょうか。


このプロジェクトで実現したいこと

さて、僕たちが発行する雑誌のコンセプトは
「大学生の大学生による大学生のための雑誌」です。

今まで大学生が作ってきた雑誌はほぼありませんでした。過去にはあったようですが、もう発行されていないようです。

そんな中、大学生目線で書く雑誌はもっとぶっ飛んでて、面白くて、(もしかしたら)ためになるものを目指して作成しています。


もちろん、大学生だけが読む雑誌ではありません。

大人の方々には若者が今、何に興味があって、何を考えて、何をしようとしているのか。そんなことがわかる内容にしようと思っています。

そんなん渋谷に行けばわかるよ と思うかもしれません。しかし僕たちが目指すのは渋谷の限られたカルチャーではなく、「ローカル」もっといえば個人、今からカルチャーを作る人達に焦点を当てたいと考えています。


プロジェクトをやろうと思った理由

2019年4月、僕たちは雑誌、「TREASURE」を創刊しました。この雑誌(ムック)は明治学院大学の新入生のために戸塚をひたすら研究し、探検し、考え抜いた内容です。新入生のために何ができるかをずっと考えていました。そしてその雑誌が学内で好評を得て、今回、もっと違う世界、「大学生」というターゲットを設定し、制作しています。

ですが、僕たちは所詮大学生です。お金がありません。もちろんアルバイトはしていますが、その給料は微々たるものです。もっと多くの人に読んでもらいたい、その思いだけです。そのために支援をお願いいたします。

TREASURE 2019 Springロケの様子


これまでの活動

この雑誌の制作陣は「明治学院大学広告研究会」のメンバーです。その中でも制作物を担当する「制作局」です。広告研究会の中で制作物を作っています。ですが、その制作物は基本的に内部だけで終わっています。

そんなもったいないことはしたくありません。日本全国の人に読んでもらいたいものがあるので雑誌を作ります。それだけです。

「TREASURE 2019 Summer」(仮名)でやりたいこと

・Summer Jam’19 
一人ひとり趣味・興味があって、そのことに全力で取り組んでいる大学生(一部除く)を取材します。

・僕のTシャツ、君のTシャツ(仮名)

Tシャツは意外にも奥が深いのです。今の若い人はどんなTシャツを選ぶのか、そして作るのか。

・僕の好きな映画

どんな映画に影響を受けているのか。そしてどんな生活をしているのか。「映画」から始まる個人のストリーを覗いてみましょう。

資金の使い道

資金はすべて印刷費のみに使用します。約束します。


リターンについて

1000円コース:雑誌+支援者のお名前

3000円コース:雑誌+ステッカー+支援者のお名前

5000円コース:雑誌+Tシャツ+ステッカー+支援者のお名前

※支援の際には必ず備考欄に名前をご記入ください。


実施スケジュール

~6月中旬:編集会議

6月中旬~:取材・編集作業

7月1日:入稿完了

7月15日:出版



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください