音楽、画家、ダンサーなど、殆どの人が夢を諦めてしまう背景には金銭的な事情があります。私はプロデューサーと兼任でマネージャーまで行い、今後アーティストを支援していきます。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして。2019年5月から音楽、アートプロデューサーをはじめた清水裕也です。

高校を卒業後にプロの競輪選手になり(戦績70勝)、その後はトラック運転手→リクルート→LITALICO→リブセンスにて勤務しました。


このプロジェクトで実現したいこと

アーティストがアーティスト活動で収益を出せる社会をつくります。私自身、音楽や絵画には随分と助けられました。みなさんも落ち込んだ時に音楽や絵画に助けられたことがあるのではないでしょうか。助けてくれた彼らを今度は私が助けたいと思っています。


プロジェクトをやろうと思ったきっかけ

私は7歳の時から競輪選手になることが夢でした。20歳でそれを実現させましたが、夢の実現の過程では周囲の反対がありました。もし、周囲の反対によって夢を諦めてしまう子供がいるのであれば、そんな社会は変えたほうがいいと考えています。

アーティストが今よりしっかりとした収入を持てるようになれば、夢を追える社会が作れると思っています。私はキャリアアドバイザーの経験もありますので、その経験も活かしながらアーティストの方々の人生のプロデュースをしようと思います。


これまでの活動

2019年5月からプロデュース業をはじめて1か月ですが、プロデュースする人数は10名を超えました。いまでは紹介経由で週に2人くらいずつプロデュースする人も増えています。イベント、ライブもすでに6月に2本、7月に2本予定しています。収益金のほとんどをアーティストに還元します。

【プロデュースしている方】ミュージシャン、画家、占い師、ダンサー、フォトグラファー

資金の使い道

現在、私1人でアーティストのスカウト活動、アーティストとの打ち合わせ、作詞作曲、イベント企画、ライブの開催場所の選定、集客のための営業活動をしていますが、すべてを無償で行っているため生活費を自分自身で稼ぐ時間がありません。また、今後のライブやイベントの収益はほぼアーティストに還元するため、この事業が継続可能なモデルになるまでには最低2年はかかると思っています。それまでの運転資金にご協力いただけると幸いです。


リターンについて

支援して頂いた方にはライブの無料招待券をお渡し致します。目の前のアーティストが有名になっていく過程をお楽しみ頂けることと思います。


最後に

すべての人が自由意志のもとに人生を選択できる社会を私はこれから作ります。私は人生を賭けてこの活動に取り組みますので、何卒ご協力をお願いします。
※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください