母子家庭の厳しい中、小さい頃からの夢、パイロットを叶えたいです。母子家庭なのに!パイロットなんて費用が高い!と言う方もいるかもしれませんが、これで失敗したら後悔しかないと思います。この夢はどうしても諦められないです。1番コストが安いカナダのフライトスクールへ行きたいです。よろしくお願いします。

プロジェクト本文

こんにちは。このページを拝見くださり本当にありがとうございます。

僕の名前は 藤木キア 18歳です。

僕は2000年9月6日にオーストラリアのバイロンベイと言う町で弟2人と母と父で生まれ育ちました。父がオーストラリア人で母が日本人です。オーストラリアの自然の中で育ちました。父は農業が好きでやっていました。毎年アボカド、オレンジをメインとするいろんな作物を栽培していました。

残念なことに、僕が10歳になる頃、父が心筋梗塞で目の前で倒れて亡くなりました。農場だったので救急車も来るのに時間がかかりダメでした。3人息子だった僕たちを母は一人で外国の山で育てるのがとても困難で、母の実家である福岡へ引っ越しました。それからは祖母、母、僕、弟2人で福岡で育ちました。今まで英語しか話せなかったのに急に日本語の環境になり、母が必死に日本語を教えてくれ、ようやく小学校へ編入しました。それから中学へ進み、高校も行かせてもらいました。日本に来て英語を使わなくなり、母はそれが心配で、少し学費の高い私立の高校の国際科と言うところまでも行かせてくれました。資金的に楽ではない生活なのに母は毎日朝から晩まで働いて僕を高校へ通わせてくれました。僕はボランティア部に所属し、進路のために実績を残しながら、3年間アルバイトに集中していました。小さい頃からの夢「パイロット」の夢はこの頃から本気で取り組みたいと思いました。パイロットになるためには日本の学校では1千万くらいかかると知って失望しました。その後色々調べながら、海外のフライトスクールで免許を取ったら3分の1くらいの金額だと言うのを知り、少し現実的に思えてきました。母にそれを相談したら、弟2人も進路もあるのに350万なんか出せるわけないと言われ、高校2年生の時は毎日のように言い合いをしていました。母は僕が飽きやすい性格だと知っており、一時的なものだと思いそう言っていました。その後、最後まで進路をパイロットでありたい。担任の先生からも僕だけ進路が決まってないと相談を受け母はようやく信用してくれました。始めて気持ちを改めてくれた母と話し合うと、フライトスクールの資金、事務用免許まで約350万、生活費およそ2年半分を足すとそれでもすごい金額になるのですが奇跡的に母の知り合いがフライトスクールの近くに住んでおり安い家賃で部屋を貸してくれることになりました。それでやっと夢が動き始めてワクワクしていました。でもカナダ国籍でもないし、ローンも組めず、350万一気にはごめんだけど無理と言われました。僕は3年間バイトで稼いだ金額が120万くらいです。母はそれを知ってびっくりしていました。残りの230万、それでも母子家庭で一気に払うのはきついと言われました。僕はバイトを増やし、色んな人に相談しました。ある日学校のアメリカ人の先生がクラウドファンディングを使えばいい!と言われ、色々調べて今に至っております。本気で自分の叶えたい夢です。今まで本当に1人で父親の分まで頑張ってくれた母に、いい収入の仕事に就き、楽をさせてあげたいと思っています。フライトスクール(Victoria Flying Club)

には始めるなら8月の半ばから入学可能な枠があると言われております。どうかご協力ください。このチャンスを本気で逃したくないです。どうか暖かいご支援どうかよろしくお願い申し上げます。

お恥ずかしいですがどうか僕の夢を叶えるのに協力ください。心からのお願いです。よろしくお願い申し上げます。

写真は、僕と家族、卒業式でこの思いを伝えている写真、フライトスクールそして、息子がパイロットになりたいと夢を知った時のFacebookの投稿です。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください