リースやスワッグをインテリアとして日常に取り入れる事で、ドライフラワーを身近に感じ花のある暮らしで、多くの方に笑顔を届けていきたいと思っております。多くのリースを作る事で、自分自信の作成スキルをあげていきたい。また、作製した作品を撮影することで撮影技術を習得したい。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして、華屋・リンデンバウム   真木香織と申します。

山形県で、山の恵みの蔓をベースに県産品を多く使用しできる限り自然を意識したリースやスワッグを製作しております。

20年近い生花店勤務の中で、ロスになる花達を見てきてどうにか長く活かす方法はないか、多くの山の恵みに目をとめてほしいと考えドライフラワーインテリアの製作をはじめるようになりました。

ドライフラワーは、とても長く楽しめるインテリアです。

いつも側に花のある暮らし。植物を活かすをテーマに現在ショップやアトリエはもたずワークショップやカルチャーの講師をおこないながら多くの方に作る楽しさや花のある暮らしを感じていただきたいと思い活動しております。昨年11月からは、イベントやマルシェでの販売も開始しております。

自然の恵みをいただき自宅アトリエで、ドライフラワー作りから製作まで行っております。


山に蔓を探しに行き、あけびや藤蔓を主に製作しております。


生花からリースやスワッグを製作し時と共に変化していく花達の美しさを多くの方にインテリアとして、いつも側に花があるホッとできる空間を感じていただきたいと思っております。

このプロジェクトで実現したいこと

製作技術をあげるためにも多くのリースやスワッグを製作、多くの方に花のある暮らし、ドライフラワーのある暮らしをお届けしたいと思っております。その製作記録として写真も撮影していきInstagramでご報告していきます。撮影技術の勉強も行い作品をコンテストへの出品も行いたいと思います。

ご支援者様には、好きな色やイメージなどお伝え下さい。

そこから私自信がイメージした、あなただけの季節感あるリースやスワッグを作成させていただきます。

ご相談しながらブライダルリースやスワッグ一式も作成いたします。

プロジェクトをやろうと思った理由

華屋・リンデンバウム   として活動を開始した頃からワークショップの参加者様、またイベントで作品を購入してくださる方々から写真と全然違って可愛いというお言葉を多く頂戴してきました。

その時に、写真ってとても大事だなと感じ撮影技術の勉強が必要だと思いました。

多くの方に私の作品をインテリアとして側に置いていただくと同時に写真として記録に残しより多くの人に見ていただきたいと思いご支援をいただきたいと思いました。


これまでの活動

・20代に東京の生花店に勤務し長年勤めておりましたが、5年前に郷里の山形へ戻り生花店へ再度勤務致しましたが、フラワーインテリアとしての製作を行いたいと思い華屋・リンデンバウムを立ち上げました。これまでの経験を活かしリース、スワッグ製作に移行してから半年ほどですが毎月、山形や福島でのワークショップ開催。毎月1〜2回、関東圏でのイベントやマルシェ参加

山形県内でのカルチャースクール講師など行っております。

今年に入りフラワー関連書に掲載いただく機会もあり、撮影の勉強もはじめました。



資金の使い道

現在は携帯での撮影を行っており、撮影技術を習得する為のカメラの購入をしたいと思います。

リターン作品の材料花材費やリターン費用

CAMPFIRE手数料

以上に使用させていただきます。

リターンについて
リースやスワッグのオーダーをいただき宅配便で発送させていただきます。

ご支援者様の好きな色やイメージをお伝えいただきオンリーワンのリースやスワッグを作成させていただきます。

作品を撮影しInstagramで公開させていただきます。

実施スケジュール

・好きな色やイメージをお伝えいただく

・季節の花材を使用しリースやスワッグを製作。

・完成した作品をInstagramに掲載

・完成した作品にお手紙を添え発送



最後に

今回、ご支援いただき作成させていただくリースやスワッグは、私真木が全て手作りで作成、撮影させていただきます。

花のある暮らし、いつも側に自然の恵みの草花をホッと疲れた身体や心の癒しにインテリアとしてお側に置いていただきたいと思います。

花は枯れるのではなく、枯れゆく美しさから枯れドライフラワーとしての活かし方、ドライフラワーとしての美しさを多くの方に感じて欲しいと思い今回クラウドファンディングでご支援を募ることに決めました。

不安ばかりで、一歩踏み出せないより

多くの方にお届けしたい思いをご支援いただきたいと思います。

どうか私に、あなただけのフラワーインテリアを製作させてください。

よろしくお願いします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください