私も発達障害があり、元引きこもりでした。そんな私が自助会や勉強会に出かけると、突出した才能を持ちながら、会話やコミュニケーションが苦手で、やむなく親や生活保護に頼らざるを得ない方々と数多く出会います。そこで電話、接客、商談、交渉を全て請け負い、引きこもったまま仕事ができる体制を作りたいと思いました。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして!株式会社デジタルプランニング代表取締役、堀田里奈と申します。
長年、結婚相談所業界にて(ペンネーム沢宮里奈)、婚活のカウンセリング業務や、本の執筆『1年で結婚できる本』(竹書房)、コラム執筆(Yahoo記事、マイナビなど)を行ってきました。

一方で発達障害を持ち、数年間引きこもったこともあることから、自らの経験を生かし、「引きこもったままでできる起業の支援を行いたいと考えました。


このプロジェクトで実現したいこと

引きこもりや発達障害でもできる起業のプラットフォームとして、バーチャルオフィスを作ります。
こちらで会員様に代わって会社登記、郵便物預かり、来客応対、電話応対をさせていただくことで、会話や複雑なコミュニケーションなどの煩わしいことを一切取り払い、請け負った業務をデータ化してお渡しするなど、引きこもったままで、得意なことや好きなことを生かして起業をしていただきたいと思っています。
そこで、オフィスの敷金保証金、内装や備品などにかかる費用を、賛同していただける皆様から支援していただきたいと思っています。

プロジェクトをやろうと思った理由

私自身、発達障害の自助会や勉強会にでかけると、突出した技能や才能を持ちながら、会話やコミュニケーションが苦手で起業に結びつかない方々と、多々お会いします。

しかしながら一方で、ビジネスの要の部分はコミュニケーション、つまり会話、営業、交渉など、技能以外の部分なのです。

従来のバーチャルオフィスは、法人登記、郵便受け取り、来客応対、電話応対までは請け負っていますが、そこから一歩踏み込んで、引きこもりや発達障害を持った方にとっては煩雑な、会話やコミュニケーションをすべて請け負った上で可視化=データ化し、発達障害がある方や引きこもり中の方に、月々ゲームに課金する程度の経費で事業主となっていただくことで、就労につながれば社会貢献になると考えました。

また、中小企業の社長様方にこの話をしたところ、「インスタ、LINE@、YouTubeの更新などは、むしろ素人目線で安価に請け負ってもらえれば大変助かる」とのことでしたので、当社としては、さらなる企業との連携をはかり、継続的な仕事の発注まで進んでいきたいと思っています。


これまでの活動

バーチャルオフィスは複数の会社様が同じ住所を利用しますので、信用がもっとも大事になってきます。
私自身が結婚相談所を10年経営してきた中で、写真付きの証明書、住民票、独身証明書、学歴や収入の証明書などを長年扱い、入会面談などを行ってまいりました。
バーチャルオフィスではこのノウハウを生かし、皆様が安心してご利用いただけるよう、しっかりとした入会審査を行います。


資金の使い道

心斎橋のオフィスの敷金保証金、内装費用、電話やコピー機などの備品、ホームページ作成、フライヤー作成、アルバイトの雇用費用にあてたいと考えています。
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場1丁目10−2−301
https://goo.gl/maps/xyQC5hGFTG5mW8A68


リターンについて

住所利用
登記利用
来客応対
電話応対
起業コンサルティング


実施スケジュール

7月下旬までに内装完了
7月下旬までにホームページ完成
8月1日オープン


最後に

現在引きこもり中の方はもちろん、副業をお考えの方、フリーランスで自宅をご利用の方、関西に支店をとお考えの方など、この活動に賛同していただける方であれば、どなたでもご利用いただけます。

場所は関西の中心、大阪心斎橋(長堀橋徒歩3分)のところになります。会員様は予約制となっておりますが、商談スペースなどもご利用いただけますので、ぜひご支援いただければ幸いです。(ご利用の際は御社の看板や表札を出すことも可能です)

また、本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください