学生時代に日本一周を達成後、旅行会社へ入社して9年目。これまでに日本で撮影した写真を使用して、「私が好きな日本」をテーマにした写真展を海外開催するための留学資金調達を目的としたクラウドファンディングに挑戦します。

プロジェクト本文

『 ご挨拶 / プロジェクト実施を決めた経緯 』

初めまして。九州在住のアスと申します。

大学最後の夏に日本一周を達成し、卒業後に旅行会社へ入社してから
今年で9年目です。旅行と写真を撮ることが好きで、社会人になって
からは国内外問わず様々な場所へ訪れては撮影旅行を楽しんでいます。

海外に興味を持つようになったのは日本一周達成後からで、

「日本でこんなに貴重な経験ができたのだから、
 外国ではもっと色んな経験ができるはず! 」

と考えるようになり、実際に行ってみたい、この目で見てみたいという気持ちで
年に1回は海外旅行へ出かけるようになりました。これまでに訪れた国は10カ国、
ただ英会話があまり得意ではないため渡航先では身振り手振りのジェスチャーや
片言の英語でなんとか乗り切っていることが多いです。

旅行するだけであればそこまで気にならなかったのかもしれません。ただ、
渡航先で出会った方々とうまく話せなかったことで、相手が懸命に伝えよう
としていても理解できないこと、相手に伝えたいことがあってもきちんと
伝えられなかったことで悲しい思いをしたこともありました。

歳と旅行を重ねていくうちに、様々な国と人に出会うたびに、
もっと英語が話せたら、と感じる機会が増えていきました。
子供の頃は考えもしませんでしたが、旅先で出会った方々と話をして,

彼らが住む国のことをもっと知りたい、
私自身のことをもっと伝えられるようになりたい
彼らと同じように私の住む日本のことをもっと伝えられるようになりたい

と思うようになりました。


『 このプロジェクトで実現したいこと 』


海外の人々と日常会話ができるレベルでの英語が話せるようになりたい

出会った方々に、私が住み、これまで訪れ経験した日本の
風景やイベント、文化、思い出について私の言葉と写真で伝えたい

そして日本に興味を持ってもらい、いつか日本を訪れてほしい

その思いから、

海外へ語学留学して、現地で写真展を開催し、
私自身で直接「私が好きな日本」を伝えたい

という目標ができました。

このプロジェクトでは、最終目標である海外写真展の開催予定地、
ニュージーランドへワーキングホリデーを活用して語学留学を
行なうための資金調達を行ないます。
プロジェクト達成後は現在働いている会社を退職したのち語学留学を行ない、
英語を勉強しながら働き、費用を貯めて「私が好きな日本」をテーマにした
写真展を開催いたします。


『 資金の使い道 』

・ワーキングホリデーを利用した海外渡航、留学費用
・CAMPFIRE 手数料(17%)

※一般的にワーキングホリデー準備資金として必要とされる予算目安は
 120〜150万円ですが、本プロジェクトでは目標金額を100万円とし、
 最終目標である写真展開催費用は現地で働きながら調達します。


『 リターンについて 』

リターン① 1,000円プラン

◎私がこれまでに国内外で撮影してきた写真をフリー素材としてお贈りします
◎サポーター名を記載した「Special Thanks Book」を作成し、写真展開催時に展示

※こちらのリターンでは必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。


リターン② 2,000円プラン

◎私がこれまでに国内外で撮影してきた写真をフリー素材としてお贈りします
◎サポーターの皆様から日本で撮影した写真をお送りいただき、
 「私たちが好きな日本」をテーマとしたフォトブックを作成。
 写真展開催時に展示
  ※フォトブック片面1ページに、
   写真 / タイトル / 撮影地・イベント名 / 撮影者名(ハンドルネーム)
   Twitter または Intstagram ID (任意)を掲載させていただきます。
   プロジェクト成功後、上記の写真、情報をメールにてご連絡いただきます。


リターン③ 10,000円プラン

【地域おこしに活用してもらいたいプランです】

◎私がこれまでに国内外で撮影してきた写真をフリー素材としてお贈りします
◎地域行事やお勧めの観光スポットを撮影した写真をお送りいただき、
 「私たちが好きな日本」をテーマとしたフォトブックの見開き2ページに掲載。
 1ページ目には写真、2ページ目には頂いた紹介文に私が英訳文を追加して掲載。
 写真展開催時に展示
  ※フォトブック片面1ページに写真、別の片面1ページに
   撮影地・イベント名 / サポーター名 / 頂いた紹介文 / 紹介文に私が
   追記する英訳文(フォトブック作成前に一度確認いただきます) / URL
   お問い合わせ先(任意)を掲載させていただきます。
   プロジェクト成功後、上記の写真、情報をメールにてご連絡いただきます。

**リターンでお贈りする写真素材のサンプル**

**リターンに関する注意事項について**

・撮影ジャンルは様々ですが、上記サンプルのような写真をお贈りします。
 本プロジェクト開始時点で合計700枚以上が確定、プロジェクト終了までに
 撮影活動を続けるなかでお贈りできそうな写真が増えましたら追加していきます。
  ※サンプル写真については本プロジェクトページ最下段に記載されている
   Twitter、Instagramにてウォーターマークを付けて追加公開中です。
   最終的にお贈りする写真データはウォーターマーク無しのJPEG画像となります。
・各プランでお送りする写真データの内容、枚数は同じです。
・写真データは撮影時の最大サイズでオンラインストレージを介してお送りします。
  ※撮影した機材、フィルムにより最大サイズは異なりますが、殆どの写真は長辺
   6,000px以上となります。
・PCをお持ちではなく大きなサイズのデータが必要ではない方向けに、
 長辺3,000pxまで縮小したパターンもご用意します。
・お送りしたデータは加工・編集、商用・非商用利用可能です。
  ※大きなサイズの写真 フリー素材でできること(参考例)として、
   Webページ、広告など印刷物を含むメディアでの利用 / 動画や絵、
   プリントシャツ等の素材、題材としての利用 など好きなように
   お使い頂いて構いません。
・但し、オリジナルのデータをそのまま印刷したものを販売するといった
 使用や二次配布は禁止とします。
・リターン②、③のフォトブックはA5サイズもしくはそれに近いサイズで作成します。
・リターン③を個人が選択された場合はリターン②と同様の方法で写真2枚分の
 掲載とさせていただきます。

『 実施スケジュール 』

・2019年6月 プロジェクト (支援者募集) 開始
  プロジェクト期間中はリターンでお贈りする予定の写真サンプルや、
  私がこれまで撮影してきた写真をTwitter、Instagram上で公開します。
・2019年8月24日23:59 プロジェクト (支援者募集) 終了
  支援者へお礼のメールと、リターン①~③それぞれの
  プランに応じた内容の確認メールをお送りします。
   ①1,000円プラン …サポーター名
   ②2,000円プラン …写真データと撮影者名などの掲載情報
   ③10,000円プラン …写真データと紹介文などの掲載情報
・2019年10月下旬 退職、留学の最終準備
・2019年11月下旬 海外留学へ
  ニュージーランド滞在中は語学学校で英語の勉強、
  写真展開催に向けての資金調達を行ないます。
・2020年9~10月頃 写真展の開催  ~最終目標の達成~
  開催地はニュージーランドの芸術都市として
  知られるウェリントンを予定しています


『 これまでの活動 』

2010年8~9月
 大学最後の夏、家族を含めた全ての知り合いに黙って日本一周の旅へ出発。
 自転車、鉄道、バス、フェリー、ヒッチハイクで47都道府県踏破を達成。
 旅行と写真が本格的に趣味となる

2011年4月
 旅行会社へ入社。興味を持ち始めていた海外旅行へ出かけるためパスポートを取得。
2011年5月
 韓国へ初の海外旅行。1泊2日の弾丸旅行でまともに観光できず、リベンジを決意
2011年9月
 2度目の韓国。友人と2人旅、トラブルだらけだったのはいい思い出
2012年4~5月
 カンボジアへ。初のツアー参加、働く子供達の笑顔が眩しかった
2012年9月
 姉とイタリアへ。憧れたヨーロッパが目の前に広がっていることが嬉しかった
2012年11~12月
 機会がありスペイン、フランス、イタリアへ。英語力の無さを痛感する。
 偶然ご一緒したプロのカメラマンさんから撮影の技術ではなく姿勢を学んだ
2013年8月
 オランダへ。ユトレヒトの教会で出会ったシスターが英語で説明してくれて
 いるのに半分も理解できなくて悔しかった。キンデルダイクのベンチで休憩中、
 老夫婦に声をかけていただいたのに何と言われたのかがわからず言葉を
 返せなかったのが一番の心残り
2014年12月~2015年1月
 台湾、初めて海外で年を越す。台北101のカウントダウン花火では
 ホテルへ戻る際道に迷ったところを現地のカップルに助けてもらった
2016年9~10月
 フィンランドとエストニアへ。オーロラは悪天候で見れず気持ちが沈んだものの
 後半のタリン観光でスナップ撮影時には地元の子供達のサービス精神で笑顔になる
2017年9月
 マカオと香港旅行。パリジャンマカオのミニエッフェル塔にて、アジア系のご家族に
 頼まれて撮影した写真をとても喜んでくれたのが嬉しかった。たまたま使っていた
 カメラのメーカーが同じだったので、もっと沢山お話ししたかった
2018年5月
 2度目の台湾、目的だった九份での宿泊は日本人経営の民宿にて。
 生まれた国とは異なる国へ身を置くほど好きになる事に対して素敵だと感じた。
2018年6月
 ニュージーランド。ワーキングホリデーを利用して訪れている様々な国の若者を知る。
 私の場合は年齢的にも翌年が最初で最後のワーキングホリデーチャンス。覚悟を決める。

2019年3月
 ワーキングホリデービザを取得。クラウドファンディング実施のための準備を始める
2019年4月
 クラウドファンディング実施前のPR活動として
 Twitter、Instagramでリターン予定の写真サンプル公開を開始。
 GW期間中はクラウドファンディング実施前のPR活動 および海外写真展
 開催時の展示写真 撮影を目的として日本列島縦断を実施、達成。

2019年6月
 (家族を含めた全ての知り合いに黙って)クラウドファンディング開始


『 最後に 』

これまでの活動については海外の渡航経験をメインにまとめさせていただき
ましたが、2019年現在までの間に海外10ヶ国、日本国内は全国各地を訪れて
国内、国外問わず様々な場所で様々な国の人々と出会う機会に恵まれました。

子供の頃にはこんなにも英語が話せたらと思うなんて考えもしませんでした。
こんなに海外を知りたい、日本を伝えたいと考えるなんて思いませんでした。

私は旅行と写真と撮ることが好きな普通の会社員で、写真に関しても
プロ並の腕前を持っているというわけでもないただのアマチュアです。
私ごときが日本をテーマにしての写真展を海外開催するなんて大それたことを、
と何度も思い留まりましたが、写真の腕前と、私が日本のことを伝えたいという
思いとは関係ない、諦める理由にはならないと言い聞かせ一歩踏み出しました。

日本には私がまだ訪れていない、撮影できていない素敵な場所がある。
そうであれば私が好きな日本と支援者の皆さんが好きな日本を海外の人々へ
伝えられないかという気持ちから今回のメインリターンを設定させて頂きました。

SNSやインターネット、各種メディアで日本の情報そのものは
海外でも簡単に手に入る世の中ですが、そんな時代のなか

自分の写真と言葉で直接伝えようとしている日本人が
今そこに来ていて、外国で写真展を開催している

有名人でもプロの写真家でもないごく普通の日本人が、日本に
住む人々が伝えたい「とっておきの日本」を運んできている

そういった写真展を開催できれば、きっと来場される方々の多くは
日本に対してただデータを見る以上に興味を持ってもらえるのでは
ないかと思っています。

私から皆様へお贈りできるものはこれまでに様々な経験をして撮影した
写真ぐらいではありますが、少しでもこのプロジェクトを面白いと感じ、
興味持って頂けましたらぜひご支援くださいますよう宜しくお願いします。

■□■□■□■□ リターンの写真素材サンプルを日々追加公開中! □■□■□■□■

Twitter:@As_EGG_KNOCK   /    Instagram:@as_eggknock

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に
満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください