日本風のオリジナル曲を洋楽歌手達に歌ってもらうというプロジェクトを行なっているAK-POPです。すでに2ndAlbumと3rdAlbumでmixingを手がけてもらったグラミー賞受賞のエンジニアと再び制作するためのご支援をお願いしたいです。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

こんにちは!日本風の曲を洋楽歌手に歌ってもらうというプロジェクトを行なっているAK-POPです。AK-POPは基本的にはアーキーのソロプロジェクトでボーカリストやギタリストなどと曲ごとにコラボする形でやっています。
表題の通りグラミー賞受賞エンジニアとアルバム制作を行います。写真のトロフィーにも刻まれているとおり近年最大のヒット曲を手掛け、グラミー賞を受賞しました。それも主要部門であり、まだ日本人は受賞したことの無い「Record Of The Year」です。その他にもヒットチャートの上位にランクインする世界トップのアーティストとも仕事しているまさに世界トップクラスのエンジニアです。彼とは2nd、3rdですでにmixingとマスタリングをしてもらっています。
このスタジオはコンソールルームが2つありここはミキシング用ルームです。奥に見えるブースは多くのトップアーティストがレコーディングをしています。

AK-POPのfacebookページです。AK-POP Facebook ページ
Youtubeチャンネルです。PVのほか演奏動画多数です。AK-POP Youtubeチャンネル

カナダに渡りこのグラミー賞エンジニアとアルバムを制作するまでを書いたブログも面白いと好評です。こちらも興味があればぜひご覧ください。


このプロジェクトで実現したいこと

 再び、カナダのトロントに渡りトロントで協力してもらった洋楽シンガー達やこのグラミー賞受賞エンジニアと共に再びアルバムを制作します。

プロジェクトをやろうと思った理由

今回は前作よりさらにクオリティをあげることを目指しており、特に完成度を上げた質の高いPVを作りたいと思っています。

これまでの活動

日本では音大を卒業後、クラシックとポップスのクロスオーバー的な事をやった後、ポップ系のバンドに加入しました。その後アイドルに曲を提供し、その中からアイドルの曲をまとめた作品が1stアルバムです。


その後海外進出を目指してワーキングホリデー制度を利用してカナダに渡ります。それからのことはブログに詳しく書いてはいますが、単身カナダに渡り、入国拒否を受けたり色々と散々な目にあいながらも最終的にグラミー賞を受賞したエンジニアと共にアルバムを2枚制作してPVも6つ制作して日本に帰ってきました。カナダでは氷点下にもなる極寒の中でもバスキングと呼ばれる路上ライブをして制作費を稼いできました。日本でも時々やっています。

一応それだけで生活できるだけの額は稼がせて頂いていました。
PVの冒頭にバスキングの様子を収録しています。分かると思いますがこれは「演出」なので参考までに。

マイナス10℃での路上ライブの様子です。個人での路上ライブの他にバンドを組んでキーボードを演奏したりしていました。
資金の使い道

資金は主にレコーディング・ミキシングに使います。
前回素晴らしいスタッフと制作することは出来たので前回築き上げた人間関係は活かしつつ、今回は広告費に大きくお金をかけることが出来ればいいかなと考えています。
レコーディングはカナダのグラミー賞であるJUNOを受賞した名門スタジオでレコーディングしました。

リターンについて

2019年年末にカナダに行き、そこからレコーディングをするので完成は2020年中になる見込みです。そのためお待たせするわけにもいかないのですぐ用意出来る今まで作ってきたものがリターンとなります。

おすすめは高額リターンのブログでの記事掲載です。前述したように「アーキーの世界進出までの道のり!?」というブログは各方面からご好評を頂いておりいずれ書籍化も考えております。
このブログはAK-POPの事を知ってくれる人が増えると平行して見てくれる人が増えておりここに記事を掲載する事で長期的な宣伝効果が見込まれます。即効性は今の所さほどないかもしれません。

21000人フォロワーがいるTwitterでもつぶやきます。
Twitter

実施スケジュール

まず2019年いっぱいは日本に滞在して、デモ曲の制作に専念します。
2019年末にカナダに渡り、前回やってもらったボーカリストの中で相性が良かった人と再びレコーディングをする他、新たにボーカリストも募集します。今までの成果をアピールすれば更なる大物シンガーが食いついてくる可能性は高いです。

今回のクラウドファンティングでリターン額が多ければ2019年中に東京で日本人シンガーによる日本語の曲も何曲か入れる事も検討しています。


最後に

今回は「世界に進出する事を目指したい」という夢物語を語っているものではありません。すでにカナダにおいてグラミー賞受賞エンジニアをはじめ素晴らしい協力者はいるので彼らと再び仕事をするだけです。

不安要素としては入国できるのかどうかという一点だけです。(一応カナダでは日本人はビザ無しで半年いれる事になっています)
そこを土台としてさらに大きな舞台へとステップアップする事を目指しています。
目指すは史上初のレーベルに属さず完全個人制作によるビルボードチャートランクイン、グラミー賞ノミネートです。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください