ファン目線で体操の魅力をお届けしている GymnasticsNews が今年も世界選手権の取材へ。 開催地はドイツのシュツットガルト!今年も10日間の長期戦。さらに期間がドイツ2大ビール祭りと重なっているため、安いホテルがことごとく満室(泣) そんな苦境に負けず、現地から大会の生情報をお届けします

プロジェクト本文

【GymnasticsNews が今年も世界選手権取材に挑戦】

2013年にスタートし、NHK杯や全日本選手権など国内の主要大会に限らず、全日本ジュニアやインカレからインターハイまで、ファンの目線と体操経験に基づく専門的目線を兼ね備えて体操の魅力をお伝えして来た GymnasticsNews。

昨年、一昨年とみなさんのご支援をいただき、昨年はドーハ世界選手権の取材を成功させました。日本女子体操界初となる、村上茉愛選手の個人総合銀メダル獲得から、苦境の中でもがきながらも戦う男子団体の姿などを、現地からみなさんにお伝えすることができました。



そして今年はいよいよ来年に迫ったTokyo2020に向けて、各国が本気で、国の威信をかけて団体戦に全力を投入してきます。GymnasticsNewsでは来年への見通しを踏まえつつ、現地からその熱気を直接、皆様にお届けしていきます。


【今年はドイツのシュツットガルト!内村、白井のいない男子のメダルは?村上茉愛が出場しない女子はTokyo2020の団体出場権を得られるのか】



今年の開催場所はドイツのシュツットガルト!幾たびの世界選手権が行われたヨーロッパの中でも、特に体操がさかんなこの国で日本は、他の国はどのような戦いを見せるのか。他のメディアではなかなか伝わりにくい予選も含めて、目一杯お伝えしていきます。

今回も現地に行くのはライターでありGymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティであるタロケンと、プロカメラマン北澤の2名。少数精鋭で臨みます。



【取材後には報告会を実施します】

今年も、帰国後に東京都内で取材報告会を開催します。体操ファンの方にも体操初心者の方にも楽しんでいただけるような報告会を目指します。


【ご支援のお願い】

実はGymnasticsNewsには確たる収入源がありません。そのため国内取材の費用はスタッフが自己負担で行なっていますが、その金額は年間¥200万にも及びます。もちろん取材中は本来の仕事もできないため、経済的にも時間的にもスタッフは常にギリギリのところで取材活動を続けています。

その中での海外取材は、自力のみではかなり厳しいものがあります。そのためみなさまの暖かいご支援をいただければと思います。



【資金の使い道】

・ドイツへの渡航費用、渡航後の宿泊費用、渡航後の交通費、渡航後のインターネット通信費、その他世界選手権の取材に関わる費用、報告会等リターンに関わる費用など



【リターンについて】

 <¥3000>

●お申し込み時のサンクスメール

●取材終了後のサンクスメール


<¥5000>

●お申し込み時のサンクスメール

●取材終了後のサンクスメール

●クローズドなfacebookグループでリターン限定の投稿を閲覧可能
※facebookアカウントが必要です

・取材出発から取材中、帰国までの模様をタロケンと北澤が投稿

・往復の行程から現地の活動状況を、写真、動画なども交えながらリアルタイムで発信



 <¥10000>

●お申し込み時のサンクスメール

●取材終了後のサンクスメール(特選写真付き)

●クローズドなfacebookグループでリターン限定の投稿を閲覧可能
※facebookアカウントが必要です

・取材出発から取材中、帰国までの模様をタロケンと北澤が投稿

・往復の行程から現地の活動状況を、写真、動画なども交えながらリアルタイムで発信

●取材報告会イベント参加権

・2020年1月〜2020年2月の間に東京都内にて開催

・会場までの交通費等はご自身でのご負担となります

・イベントに参加いただけない場合はイベント内容を録画した動画を提供させていただきます

●今回の世界選手権で活躍した選手男女2枚の、撮り下ろし写真付き大型選手名鑑カード(A4サイズ)

 


<¥30000>

●お申し込み時のサンクスメール

●取材終了後のサンクスメール

●クローズドなfacebookグループでリターン限定の投稿を閲覧可能
※facebookアカウントが必要です

・取材出発から取材中、帰国までの模様をタロケンと北澤が投稿

・往復の行程から現地の活動状況を、写真、動画なども交えながらリアルタイムで発信

●取材報告会イベント参加権

・2020年1月〜2020年2月の間に東京都内にて開催

・会場までの交通費等はご自身でのご負担となります

・イベントに参加いただけない場合はイベント内容を録画した動画を提供させていただきます

●GymnasticsNews Radio Show 番組出演権
※Skypeでのご参加となります。Skypeのアカウントが必要です

●2017年モントリオール大会から、2019年シュツットガルト大会までの世界選手権3大会で活躍した選手の、写真付き大型選手名鑑カード(A4サイズ)4〜5枚


<¥50000>

●お申し込み時のサンクスメール

●取材終了後のサンクスメール

●クローズドなfacebookグループでリターン限定の投稿を閲覧可能
※facebookアカウントが必要です

・取材出発から取材中、帰国までの模様をタロケンと北澤が投稿

・往復の行程から現地の活動状況を、写真、動画なども交えながらリアルタイムで発信・文字、写真、動画など

●取材報告会イベント参加権

・2020年1月〜2020年2月の間に東京都内にて開催

・会場までの交通費等はご自身でのご負担となります

・イベントに参加いただけない場合はイベント内容を録画した動画を提供させていただきます

●今回の世界選手権で活躍した選手男女2枚の、撮り下ろし写真付き大型選手名鑑カード(A4サイズ)

●2017年モントリオール大会から、2019年シュツットガルト大会までの世界選手権3大会で活躍した選手の、写真付き大型選手名鑑カード(A4サイズ)4〜5枚

●GymnasticsNews Radio Show 番組出演権

※Skypeでのご参加となります。Skypeのアカウントが必要です

●2019年11月8日(金)スーパーファイナル(高崎アリーナ)または、2019年12月14日(土)・15日(日)豊田国際(愛知県豊田市)で、タロケンが隣の席で解説しながら観戦権(3日間の中から1日をお選びください;大会チケット不要)




【GymnasticsNews取材実績】

<2013年> 全日本種目別選手権、全日本団体選手権、豊田国際

<2014年> 高校選抜、ワールドカップ東京大会、全日本個人総合選手権、NHK杯、全日本種目別選手権、世界選手権代表試技会、全日本シニア体操競技選手権、全日本団体選手権、豊田国際、日本体操競技・器械運動学会

<2015年> 高校選抜、全日本個人総合選手権、NHK杯、全日本種目別選手権、アジア選手権、全日本学生体操競技選手権大会、全日本シニア体操競技選手権、国際ジュニア体操競技大会、全日本団体選手権、豊田国際、日本体操競技・器械運動学会

<2016年> 新春公開練習、高校選抜、全日本個人総合選手権、NHK杯、全日本種目別選手権、リオ五輪代表強化合宿、インターハイ、全日本ジュニア体操競技選手権、全日本マスターズ体操競技選手権、全日本シニア体操競技選手権、FIG総会、体操ニッポン2016エキシビション、全日本団体選手権、豊田国際、日本体操競技・器械運動学会

<2017年> 高校選抜、全日本個人総合選手権、NHK杯、全日本種目別選手権、インターハイ、インカレ、全日本ジュニア体操競技選手権、全日本シニア体操競技選手権、全日本マスターズ体操競技選手権、全日本団体選手権、豊田国際、日本体操競技・器械運動学会

<2018年> 高校選抜、全日本個人総合選手権、NHK杯、全日本種目別選手権、男女公開合宿、インターハイ、インカレ、全日本ジュニア体操競技選手権、全日本シニア体操競技選手権、全日本マスターズ体操競技選手権、スーパーファイナル、国体関東ブロック予選、全日本団体選手権、豊田国際、日本体操競技・器械運動学会

<2019年> 高校選抜、全日本個人総合選手権、NHK杯、全日本種目別選手権


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください