近年、スーパーフードとして注目を浴びている野菜の「ビーツ」を栽培し、全国に発送するシステム作りのための冷蔵庫の購入や加工品開発をしたい。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

私たちは北海道愛別町でビーツを栽培している「愛別町ビーツ振興会」です。近年、スーパーフードとして注目を浴びている野菜の「ビーツ」を4年ほど前から栽培し、普及活動に努めています。

愛別町は北海道の中心部に位置し、米やきのこの栽培が盛んな農業の町です。人口は年々減ってきていますが、みんな頑張っていますので、町共々応援よろしくお願いします。

2019年3月に設立総会を行いました。


プロジェクトを立ち上げた背景

全国に愛別町産のビーツをお届けするためには、収穫したビーツを貯蔵する業務用冷蔵庫が必要です。これを購入し、皆さんに瑞々しいビーツを食べてもらいたくプロジェクトを企画しました。また、加工品開発にも取り組んで地域の振興を図っていきたいと思います。


これまでの活動

ビーツは、レッドビートやテーブルビートとも呼ばれ、主にロシア料理のボルシチなどの具材として知られています。最近では、アンチエイチング効果があるなどと言われ、健康志向の方々に愛用されています。ヨーロッパを始めとして世界各国で栽培されており、日本でもほぼ全域で栽培されています。私たちは特に北海道の風土に適したビーツの栽培方法を確立し、特に現在は比較的甘味が強く、ビーツ特有の土臭さが少ない品種「シリンドラ」の栽培に取り組んでいます。


2019年7月上旬の栽培状況です。あと、半月程度で出荷できます。


資金の使い道・実施スケジュール

業務用冷蔵庫の購入設置費用150万円、加工品開発やPR費用に50万円を充てていきたいです。

開発中の加工品です。(上)ソース、(下)ジュース



リターンのご紹介

生のビーツを金額に応じてkg単位で提供します。


最後に

ビーツは近年、注目を浴びているスーパーフードです。全国の皆さんに愛別町のビーツをお届けしたいと思います。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください