Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

静岡人みんなで交通事故をなくしたい!10,000人の交通安全キャンペーン

現在の支援総額
24,000円
パトロン数
8人
募集終了まで残り
終了

現在2%/ 目標金額1,000,000円

2019-07-14 募集を開始しました
2019-08-14 募集を終了しました

最近、毎日のようにニュースになる交通事故。。車社会の静岡県で生活する上で、このニュースをもっと身近に捉え、静岡人皆で、少しでも交通事故を減らしていきたい。静岡人ならではの、静岡弁を使用した、ほっこりする交通安全グッズで、安全運転、交通安全啓蒙をSNS「静岡人」24000人の仲間で広げていきたい。

はじめに・ご挨拶

こんにちは!数多くあるクラウドファンディングのプロジェクトの中から、こちらに興味を持っていただきありがとうございます。

私は、Facebook「静岡人」の立ち上げ人、静岡人大学学長の石川です。

静岡が大好きすぎる、静岡バカです!

私は「静岡の魅力を世界へ!」をテーマに、 平成26年から毎日、面白おかしく静岡の情報を発信し続けてきました。多くの方に支えられ、現在では、Facebook、Instagram、Twitterで約24000人の静岡愛たっぷりな方々のコミュニティへと成長をしてきたのです。

平成28年からは、K-mix(静岡エフエム放送)にて、毎週月曜日の16:15頃〜「RADIOKIDS×静岡人」のコーナーがはじまり、毎週テーマを掲げて、静岡県内全域のリスナーさんとSNSを融合した静岡の魅力発信事業に取り組んでいます。

さらには、平成30年からは、静岡県で初となるDMMオンラインサロン「静岡人大学」を設立し、120名の会員とともに、静岡の地域活性を一緒に企画し、盛り上げているところです。

静岡の魅力を、静岡人が自ら発信し楽しんでいただく「静岡人」のお土産物も少しずつ誕生してきました。

現在では、富士山静岡空港をはじめ、エスパルスドリームプラザ、サービスエリア、各種お土産物店で、徐々にお取り扱いが始まっています。

微力ではありますが、静岡の魅力を、わかりやすく、おもしろく、静岡に縁がなかった人にも興味を持ってもらうような活動が「静岡人」の取組です。

静岡をこよなく愛する人なら、どなたでも活用していただくことができる地域活性ブランド「静岡人」。

世界中の方が気軽にこよなく愛してくれる「静岡人」で、静岡の地域活性を目指しています。



このプロジェクトで実現したいこと

静岡県自動車保有台数調査によると、平成30年度、静岡県内の自動車保有台数は300万台を超えております。車社会でもある静岡県。最近、何かと話題になる交通事故のニュース。

自動車を運転する人も、歩道を歩く人も、自転車を運転する人、生活する人全てが、安心・安全な生活を目指すためには、一人一人の意識と行動が大切になります。

私は子供が小学校へ通っているので、よく、朝の通学時間に旗振りボランティアを行いますが、子供が横断歩道で待っていても、減速しないで通過する自動車や、狭い道でも通勤ラッシュでスピードを出しすぎているようなドライバーを見かけることがあり、とても不安な気持ちになることがあります。

【旗振りボランティアは、子供たちの安全対策とともに日常の交通事情がとてもよくわかります】


このプロジェクトでは、静岡県ならではの交通安全グッズを作成し、作成したグッズをより多くの方に使ってもらい、静岡人みなで、交通事故ゼロを目指していきたいのです。

また、この交通安全グッズのアイデアは、「静岡人」のみなさんから公募します。集まったアイデアを、オンラインサロン「静岡人大学」のみんなで審査し、グッズを制作し、SNSとラジオで告知します。

自分たちが考えたアイデアで、自分たちが審査したグッズで、静岡人の皆が一つになって、交通事故撲滅に向けた一歩を踏み出していきたいと思います。

目標は10,000人! 

交通安全を祈念したオリジナルステッカーを無料配布し、10,000人が手を取り合い、静岡人ならではの、のんびりとした、ほっこりとした、誰からも愛される交通安全グッズを誕生させ、静岡人みなで交通安全を啓蒙できたら嬉しいです!


大好きなまち「静岡県」、日本一自慢できる素敵なところ

私たちが住む静岡県は、海と山に囲まれた温暖な地域。海の幸、山の幸、日本一・世界遺産の富士山をはじめとした多くの観光資源に恵まれ、とてものんびりした県民性だと思います。



現在の静岡県に当たる地域は、古くは駿河、遠江、伊豆の3つの国に分かれており、江戸時代には幕府の直轄地や旗本・大名の領地などが複雑に入り組んでいました。

その名残もあり、この広い静岡県でも文化や風習の違いが見受けられます。一言に静岡といっても、ものすごく奥が深いのです。

方言も様々な使われ方をしています。静岡県には奥ゆかしい方言の魅力がたくさんあるのです。

令和新時代になった今だからこそ、この方言を、次世代に継承し、静岡県民が胸をはって、誰もが使い続ける静岡弁!それとともに、静岡には、文化、歴史、観光、スポーツ、商業、経済、食文化等、静岡を一つでくくるのは不可能な魅力あふれる地域であります。

人がいい。。。暖かい。。。静岡人の魅力は一度触れたら忘れられないもんで・・・




プロジェクトを立ち上げた背景

静岡人皆が交通安全を意識したら、少しでも交通事故ゼロに近づくのでは・・・

そんな思いで、交通安全につながるステッカーを独自で開発して、少しずつではありますが、認知されるようになってきました

現在では2種類の交通安全ステッカーを販売しております。

「子供っちが乗ってるもんで」
「録画中だもんで」


これらのステッカーを貼っていただくことで、あおり運転や、スピードの出し過ぎ、交通安全につながることを願っております。

少しずつではありますが、これらのステッカーを貼ってドライブしてくれる人が増えてきました。

今までは自己資金でこれらのステッカーを制作してきましたが、小ロットでの制作が限界となり、協力をしてくれる各販売店さんへの卸価格を考えても、なかなか思うような販売数やPRができておらず、まだまだ、小さな一歩を踏み出したに過ぎませんでした。

一歩一歩、頑張っていこうと思いましたが、多くの方から、異なるデザインのステッカー依頼や販売店の増加を依頼されるものの、実際には、資金面での力不足もあり、販売店もまだまだ少なく、認知度も足りない状態です。

しかしながら、日々、増加する交通事故のニュース、年配の方の交通事故、未来ある子供たちの悲惨な事故、あおり運転による被害等、これらのニュースを聞く度に、いたたまれない思いでいっぱいです。

積み重ねてきた「静岡人」というSNSのコミュニティを活用して、皆で、このような交通事故を少しでも減らせることができればと思い、今回、「静岡人・交通安全グッズ」の制作と、それを周知するための力を貸してほしく、プロジェクトを立ち上げることにしました。


「静岡人」これまでの活動

平成26年9月1日 Facebookページ「静岡人」スタート
https://www.facebook.com/shizuokajin/

平成28年10月15日 Twitter 「静岡人」スタート
https://twitter.com/shizuokajin2016

平成30年1月11日 Instagram「静岡人」 スタート
https://www.instagram.com/shizuokajin2016

平成28年11月2日 K-mix(静岡エフエム放送) RADIOKIDS×静岡人 スタート
毎週月曜日 16:15〜 生放送

【DJ.Roniさんと静岡をテーマにした、ラジオとSNSの融合企画】


平成30年5月21日 静岡県内で初となるDMMオンラインサロン「静岡人大学」 開校
現在、個人会員100名、法人会員10社で、静岡を盛り上げるコミュニティを形成し、日々静岡の魅力を発信

https://lounge.dmm.com/detail/968/

【静岡人大学の入学式には、20代〜60代の幅広い世代が集まる楽しいイベント】


平成31年3月8日 DMMオンラインサロンアワード2018にて入選
https://lounge.dmm.com/award2018/

【入選したプロジェクトでは唯一地方都市からノミネートされました】


「静岡人」ブランドのお土産物は、キーホルダー、ステッカー、ご当地カレー、Tシャツ等、方言を主体にしたバラエティあふれるグッズとして誕生しました。

富士山静岡空港、エスパルスドリームプラザ、県内サービスエリア、各種スーパー、お土産物店、通信販売等、販売協力をしてくださる店舗が少しずつ増えてきました。



資金の使い道・実施スケジュール

いただいた大切な資金を有効に活用させていただきます!

交通安全グッズのアイデアは、SNSを通して公募し、そのアイデアを静岡人スタッフが形にします。

オンラインサロン「静岡人大学」にて厳選な審査を行い、商品化を目指します。

いくつかのグッズを製作しますが、その中で、10,000枚の屋外用ステッカーを製作し、静岡人皆で車をはじめとした至る所に貼って、交通安全を促すキャンペーンを実施します。

SNSで大拡散を行い、静岡県はもちろん、全国でも話題になるような交通安全キャンペーンを、静岡人の皆で実現したいと思っています。

※下記のフローを参考にしてください



【交通安全グッズ制作予定】

①10,000人無料配布ステッカー(屋外耐候タイプ)
②10,000人交通安全キャンペーンパートナー認定証
③静岡弁交通安全ステッカー(東部・中部・西部)販売用
④静岡弁交通安全キーホルダー(東部・中部・西部)販売用
⑤10,000人交通安全キャンペーンイベント費
(エスパルスドリームプラザ特設会場にて予定)
⑥10,000人交通安全キャンペーン販促費用(販促グッズ・発送費等)


【実施スケジュール】

8月上旬 交通安全グッズ公募開始(SNS・ホームページにて)
8月下旬 公募締め切り
8月下旬 オンラインサロン静岡人大学にて審査
9月上旬 SNS・ホームページにてグランプリ発表
(グランプリ受賞者には交通安全グッズおよび静岡人グッズをプレゼント)
9月中旬 静岡人・交通安全グッズ完成
9月21日 全国秋の交通安全運動に合わせ、静岡人10,000人の交通安全キャンペーン開始
(10,000枚の無料ステッカー配布完了、年末までを目標)
パートナーには、無料配布ステッカーを送付(1パートナー100枚まで)
9月下旬〜10月上旬 エスパルスドリームプラザにて交通安全キャンペーン実施 


※販売用の交通安全グッズは、富士山静岡空港、エスパルスドリームプラザをはじめ、各お土産物店、インターネット販売をさせていただきます。これを機会に、静岡人グッズの販売店も募集いたします。


リターンのご紹介

①静岡人を応援してくださる方
②静岡人・交通安全サポーター向け
②交通安全キャンペーン・パートナー向け
③企業さま向け
④静岡人スペシャルパートナー向け

これら4種のプランをご用意させていただきました

新たにできあがった10,000人へ無料配布するステッカーはもちろん、それ以外にも、静岡を一緒に盛り上げていただける内容といたしました。
特に企業様向けには、SNS「静岡人」にて企業・商品PRができるプランを準備してありますので、広告宣伝としてのご利用も可能となります。

また、スペシャルパートナーは、ご自身のアイデアを念願の商品化へとつなげることが可能です。
(審査あり、ステッカーorキーホルダーのテスト販売費用含む)

※企画内容は事前に相談させていただきます。全てのアイデアが適用されるわけではありませんのでご理解のほど、よろしくお願いします。ステッカーorアクリルキーホルダーが対象となります。
静岡人のデザインコンセプトに則って商品化を進めさせていただきます。
いただいたアイデアの権利は全て静岡人へ譲渡していただきます。



交通安全をキーワードに、静岡人のみなで楽しんでいただくことができる魅力的なお返しを準備させていただきました。

やっぱ静岡が好きだもんでさ!


最後に

交通事故ゼロを目指して! これは決して簡単なことではありません。かといって、注意喚起だけでは、笑顔で交通安全を目指すことができません。

SNSを通して「静岡人」みなが一つになり、一人でも多くの方と一緒に、交通安全、交通事故を撲滅したく企画をいたしました。

10,000人の方にステッカーが行き渡り、静岡県内の車には、このプロジェクトで誕生した交通安全ステッカーが至るところで貼られ、SNSを通して日本中、世界中に交通安全を訴え、静岡人らしく、のんびり、ほっこり、笑顔で、安心・安全な地域作りを一緒に行いませんか?

小さな一歩が積み重なったら、大きなパワーになります。未来のある子供っちのためにも・・・

皆様からのご支援、お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください