使えなくなったものにひと手間かけて、リメイクすることによって再び命を吹き込み、素敵に生まれ変わらせられること、「もったいない」という日本の素晴らしい精神と、和の繊細な手仕事の美しさを、憧れのParisで伝えてみたい。日傘文化のないヨーロッパの方々に着物日傘に触れてもらいたい。

プロジェクト本文

【着物日傘が生まれたストーリー】


元々、古くて愛着のあるものをリメイクするのが好きで、最初は壊れた傘を解体して撥水雑貨ばかり作っていました。そして、沢山の傘に接しているうちに、気がつけば傘そのものが大好きになっていました。あるとき、逆に傘そのものを自分で作れないかなと思ったことがきっかけで、見よう見まねで日傘づくりを始めました。

着物というものは、日本古来の素晴らしい文化です。けれど、一般的に、普段なかなか着る機会がなく、少し敷居が高い印象です。また、祖母や母から譲り受けたけれどシミが目立ってもう着られない着物を、タンスの中にそのまんましまっておいたり、着ないからといって捨ててしまってはもったいないと思うんです。

ここで、日傘と着物が結び付きました。

古くて愛着のある着物で作る日傘は、世界に誇るべき和の手しごとだと思います。

しかしながら、日傘は、欧米ではあまり浸透していない文化だそうです。「日よけするよりも、お日様の下で日光浴がしたい!」そういう欧米の方にも、ぜひ、日本古来の着物で作った着物日傘に触れてみて、着物日傘の「美」と「用」を感じていただきたいんです。

日傘は本来、日よけをするためのものですが、そんな固定観念に縛られることなく、おしゃれの一部や、オブジェとしてお部屋に華やぎを与えてくれる存在であってもいい。

日本から世界へ、和の素晴らしい手仕事を発信したい!

ひとりよがりな想いではありますが、そんな使命感を持って、展示会への参加を決意しました。

みなさんの応援、心よりお待ちしています。

 

【Kawaiiだけじゃない。日本の心、アップサイクル的手しごと展】
2015年6月16日(火)~20日(土)の5日間
フランス・パリの Espace Japon にて

展示会の詳細内容については、>>こちらからご覧ください。

 

 

 

【資金の使い道】
ご支援頂いたお金は、出展料や作品の運搬費・PR費用等に使わせて頂きます。

(内訳)
出展料:30,000円
作品運搬費:約3,000円
PR費用:約2,000円

 

 

 

【リターン】
ご支援頂きました際のリターンをご紹介します。

 

▼手のひらサイズの英語版「Kimono Higasa (着物日傘)」リーフレット

 

▼デニム&和布のリメイクバッグ(出来上がりは作家お任せになります)

 

▼絹帯リメイクで作るクラッチバッグ(帯は写真と同じものを使用しますが、ボタン等パーツや細かいデザインは作家おまかせになります)

  

 

▼お手持ちのお好きな布で日傘をお作りします(写真は制作例です)


 

 

 

 

 

 

 

 

【作家プロフィール】

 CASAリメイク作家:民緒(ニックネーム/Tammy)

1976年奈良県生まれ
ママンデビューをきっかけにミシン制作を始める。
傘と手作りとParisが大好き。

受賞歴:
★第3回ジャガーミシン作品コンテスト(リメイクコンテスト):クロバー賞受賞
★tetoteハンドメイドアワード2014:最終ノミネート選出
★tetoteハンドメイドアワード2015:最終ノミネート選出

ブログも書いています。
 http://ameblo.jp/umbrella-remake/

 

 

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    プロジェクトがSUCCESSし、募集期間が終了しました☆

    2015/05/25 05:43

    おはようございます! 5月24日をもちまして、当プロジェクトの募集期間がSUCCESSでの満了となりました。沢山の方々からご支援、励ましを頂きここまでやってこれました。今、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!ご支援頂きました皆さまには、後ほど個別に今後のご案内をさせ...

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    4本目のお披露目です

    2015/05/20 06:07

    みなさん、こんにちは。展覧会へ向けての日傘制作は、これで最後です。 4本の着物日傘、それぞれ個性的な仕上がりになりました。 最後のお披露目は、え?これが着物なの?というような洋風のメルヘンチックなデザインです。   カモメが飛び、空には虹がかかり、天の川も見えます。さて、これは朝なのか...

  • Default image l da671d394b3f9fc866ab67dc2120460e7ef1e7b521ebfff2b6c6437c3e33cbd0.png?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    日傘には和の匂い袋をつけます

    2015/05/18 05:55

    今回展示会でお披露目する着物日傘には、それぞれの日傘を作るのに使用した着物のはぎれを使って作った匂い袋を付けます。この匂い袋は、日本の代表的な森林である「ひのき」「杉」をメインに、日本をイメージしてオリジナルに調香したアロマオイルを、木くずに振りかけて作っています。香りは残念ながら映像だけでは...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください