▼はじめに▼

こんにちは、Laughの菅野恵です。
東日本大震災後、陸前高田市を少しでも笑顔にしたいとういう事で、東京からUターンして雑貨店を立ち上げました。

2018年に店舗がありました仮設商店街が解散し、別の場所に移動しなくてはなりませんでした。
そこで、私は『岩手県・陸前高田市から復興のシンボルとなるようなお店をリニューアルオープンしたい』というプロジェクトを行いました。

皆様のご支援のもと、無事に着工スタートする事が出来ました。
今までご支援いただいた全てのパトロンのみなさまに心より感謝いたします。

公式ホームページ:https://laugh-rikuzentakata.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/takata_Laugh
前回のCAMPFIREプロジェクト:https://camp-fire.jp/projects/view/100690

みなさまのご支援を受け、2019年5月に陸前高田市の中心市街地に無事に着工しました。ただ、初期段階の予算よりも遥かに資金が不足しており今回第2弾に挑戦します。

皆様のお力をお借りし、無事にお店を再オープンしていきたいのでご支援宜しくお願いします。

※仮設商店街時の店舗外観

※店舗内観

※仮設商店街跡地

▼これまでの経緯▼

2012年から、コンテハウスにて営業を行ってきましたが、仮設商店街の解散を余儀なくされいることに加え、今後より充実した活動を行っていくために、移転・本設を建てる事を決定しました。

昨年には、このCAMPFIREにて本設への支援金を募り、349,500円ものご支援を頂く事ができました。
(前回のプロジェクトはこちら→https://camp-fire.jp/projects/view/100690

昨年、中心市街地に約100坪の土地を借りる事が出来ました。
コンテハウス2基を接続し、敷地内にウッドデッキも設置します。


※敷地に運搬された写真

※基礎工事の写真

※コンテハウス2基が接続した写真

▼今回のプロジェクトについて▼

無事に着工することはできましたが、様々な費用が重なり初期段階の予算より遥かに超えてしまいました。なんとか建物を建てるために厳しい減額調整を行いました。しかし、現在の予算では建設費や店舗等の費用をまかなうことができません。今回のプロジェクトでは、建設費の不足金を皆様から募ることができ、本設再オープンに向けて進みたいと思います。お店の活動を継続させ、より盛り上げていくために、皆様のお力を頂ければ嬉しいです。

▼プロジェクトの目的と目指す意義▼

震災から8年が経ち、復興支援の機運が低下する今日において、市内に人が集まる仕組みが必要と考えます。

現在も復興事業が市内あちこちで動いています。

まだまだ復興には時間がかかりますが、観光客やボランティア団体は年々減少しています。都市部での復興イベント等の数も少なくなり、都市部を中心に風化してる事を肌で感じます。メディアでも陸前高田の復興の様子を見る事がなく、話題になるのは来年の世界の祭典のニュースです。

※現在の復興の様子

※現在の復興の様子

恐らくここから日本経済が減速していく中で、復興という名前さえ足かせになっています。日本経済が減速しますと、復興がまだまだ必要な被災地は大打撃を受けます。

復興とういフレーズに頼らず、被災地が笑顔になる事を陸前高田市で挑戦していきたいです。

人が集まる場所を作り、お買い物が出来る場所、オリジナル商品を継続的に作り、全国に発売していく事です。

※オリジナル商品第一弾

経済が不安定な今日だからこそ、私達は更にその先へ進み、みなさまのご支援の元、楽しいこと、役に立つこと、面白いと思えることを被災地でどんどんチャレンジしていきたいと思っています。チャレンジをしていく事で、地域の方々に少なからず勇気をあたえるのではないかと思っています。

「陸前高田市を笑顔にしたい!!!」

それがこのプロジェクトに込めた私達の願いです。

▼ 資金の使い道(1,022,320円)▼

コンテナハウス接続工事:44,172円
排水設備工事:324,000円
ドア設置工事:156,600円
仮設トイレ:100,000円

メディア紹介
2012年:東海新報・岩手日報・NHK
2013年:ソトコト・TURNS・日本テレビ・繊研新聞・週刊朝日・神戸新聞・考える人・河北新報
2014年:オルビス化粧品
2017年:繊研新聞・中国新聞・共同通信・岩手月刊Vivito・南海放送・朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・産経新聞・アロマ協会

▼リターンについて▼

Laughより心をこめたお返しをさせていただきます。
ご支援いただきました皆様のお名前を店舗外・内の壁に刻ませていただきます。

※Laughオリジナル商品

▼今後のスケジュール▼

7月下旬:工事業者から引き渡し
8月中:オープン準備
9月上旬:オープン予定

▼最後に▼

2012年にお店を立ち上げました。被災された方の心が少しでも前向きになるようにと思いましたが、
今は沢山の方には応援され今の私が生かされています。

震災の風化や少子高齢化などこれからの日本の未来は不安要素が多い中で、私に出来る事をこの店舗を通して挑戦していきたいです。

具体的な考案はまだ先でございますが、将来的に水色のコンテナハウスを厨房し、焼き菓子も製造・販売していく計画です。

地物を使った焼き菓子商品は陸前高田市には少ないので、製造し全国に販売していきます。

陸前高田市をコンテハウスの色の様に笑顔が溢れる景色にしていくように、

私のこれからの挑戦にご支援宜しくお願いします。

 2019年7月の新店舗の画像(道路から撮影)

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください