Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

群馬・高崎発 犬猫里親さがしの「場」の存続を!

現在の支援総額
29,000円
パトロン数
8人
募集終了まで残り
40日

現在4%/ 目標金額650,000円

このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、2019/10/29 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

通算17年、8,500匹超の犬猫譲渡を達成したNPOが閉鎖の危機です。命のベストマッチングは対面式、その場の存続を目指します。We have rescued over 8,500 dogs cats lives since 2002. Please support our activities.

ごあいさつ

こんにちは、私は群馬県の中1女子です。高崎アニマルランド(NPO動物愛護福祉協会)でボランティアを始めて5年目です。いまアニマルランドは自治体からの補助金を受けておらず財政難で(通算)17年間の活動が存続の危機にあります。先輩ボランティアさん達はこれまで8,500匹以上の里親マッチングを達成し、群馬県内の犬猫殺処分頭数の減少に多大な貢献を果たしてきました。私たちボランティアの活動内容と実績を知っていただき、一人でも多くの方からのご理解、ご協力を得ることができればうれしいです。

Thank you for visiting

Takasaki Animal Land, a non-profit animal rescue league organization, is facing serious financial difficulties due to local government budget cuts. The senior volunteers I respect have achieved more than 8,500 foster parents matching and have contributed to the drastic reduction of dog and cat killings in Gunma prefecture. Currently, Internet-based pet adoption has become mainstream, but we believe face-to-face matching produces the best results for pets and adoptive families. We are a volunteer organization and none of us receives any compensation. Your warm donation will be directly used for dogs and cats in need. Please trust us.
We'd sincerely appreciate your generous support.

このプロジェクトで実現したいこと

群馬県の犬猫殺処分数を最小限にするために高崎アニマルランドを存続させ、一匹でも多くの犬猫に新しい家族を見つける事。

これまでの活動

資金集めのために、これまで市のバザー出店、募金活動による収益、のら猫の不妊去勢キャンペーン活動(一部)を充ててきました。より効果的な資金集めを目指すため、初めてクラウドファンディングに挑戦します。

資金の使い道

1)高崎アニマルランド存続のための運営費に宛てること。
2)譲渡犬猫の保護主(預かりボランティア)自己負担(立替分)を軽減すること。

2)について
譲渡犬猫は次の里親が決まるまでの間、必要経費(エサ、ワクチン、去勢避妊手術、薬・治療、介護、おむつ、ケージやリード)を預かりボランティアが立替ています。次の里親が決まらず、犬猫が保護主のもとで亡くなる場合、生前にかかった費用は預かりボランティアの自己負担になります。この負担を少しでも軽減したいと考えています。

リターンについて

〔ダイバーシティリボン〕

ボランティアが一つずつ手作りした、ダイバーシティリボンを差し上げます(写真参照)。犬猫の命を含む社会的マイノリティの立場を擁護し、多様な価値観を認め支援する社会になってほしいです。リボンはダイバーシティと東京2020を意識したカラーデザインです。リボンの交差部分が外せるので、お散歩バッグ、リード、カラー(首輪)に取り付けることができます。

実施スケジュール

8月 公開(80日間を予定)
9月 中間報告
10月 終了
11月 リターン発送

最後に

私は小3から高崎アニマルランドでボランティアをはじめました。譲渡犬猫たちはペットショップで出会う子と違い、種類、年齢、健康状態がよくわかりません。活発すぎたり、怯えたり、攻撃的だったり、片目、脚が一本なかったり。ケガや病気が放置されたり、高齢の犬猫もいます。共通して一度は「人に捨てられた」「見放された」犬猫たちで、その殆どが過酷なサバイバルを経験してきました。
ボランティアはどんな子でも諦めず、根気強く、優しく関わり続けます。すると犬猫は少しずつ人に心を開いてゆきます。私はそのような犬猫たちと、活動に関わる熱心なボランティアたちから、命、責任、可能性、粘り強さ、優しさ、強さ、知識の大切さなど、多くの大切な事を教わりました。インターネットを使った里親マッチングサイトにもメリットがありますが、大切な次の家族を見つけるには、対面式によるマッチングに勝るものはないと思います。

私は中学生になり、今自分に何ができるだろうと考えています。どうか私とこの団体を信用しご支援をお願いします。高崎アニマルランドは、土・日曜9~15時活動しています。現地でお会いできることを楽しみにしています。ボランティア活動、寄付なども随時受けれています。気軽にアクセスしてください。よろしくお願いします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください