2019年5月東京・下北沢バロンデッセアートギャラリーにて6日間で約1000人の集客をした、なつか×MICCHII写真展「ナツカイズム」が会期を拡大して「ナツカイズム リターンズ」として11月12~24日の約2週間、東京でのアンコール開催をする運びとなりました!!

プロジェクト本文

▼祝・プロジェクト達成!


皆様のおかげで、目標金額50万円の達成いたしました!!

改めて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

更に次のストレッチゴールを、100万円に設定いたします!
突破しましたら、2部屋の作品を全て入れ替えます!

つまり前回展示で公開してない作品が2部屋分新たに見れるということです。
実際前回の展示後もペースダウンすることなく私たちは新作を作り続けています。


プロジェクト終了まで、何卒よろしくお願いいたします。

なつか・MICCHII

---------------------------------------------------------------------------------------------------

▼はじめに

昨年秋に「ナツカ写真集プロジェクト」としてCAMPFIREにて最初のプロジェクトを始動し300人を越える方々から約280万円のご支援を頂き、今年の5月には無事1st写真集「ナツカイズム」の刊行と発売記念の なつか×MICCHII写真展「ナツカイズム」を東京・下北沢バロンデッセアートギャラリーにて6日間開催し約1000名の方々にお越し頂くことが出来ました。

幸い写真集の初版は先日完売し第2版の増刷を検討しております。

写真展では写真集用に撮り下ろした新作を中心に写真家MICCHIIと約3年に渡り撮影して来た膨大な作品の数々をテーマ別に5つのフロアで展開し、チェキやL版のコラージュといった小さい作品からB0やA1サイズの大判プリント、イラストレーター未成年とのコラボレーション作品、なつかのストーカーをテーマとしたコンセプト部屋など多種多様な方法での展示を行いました。

出来るだけ沢山の方に直接ご支援頂いた御礼を出来ればと会期も予算の許す限り最大の6日間で開催をしましたが東京のみの開催だった為、終了後に地方開催やアンコール開催のお声を沢山の方々から頂戴しました。中には「あの場所に住みたい!」「この展示は1年間やるべき!」とまで言って頂いた方々も(汗)

そこで、お寄せ頂いたたくさんの皆さまからの声にお応えし、

写真展「ナツカイズム リターンズ」と題し!

会期を約2週間に延長して開催させて頂く運びとなりました!

場所は前回同様、東京・下北沢バロンデッセアートギャラリーとなります。


基本的にリターンズという展示タイトルにもあるように前回の展示内容をベースに構成を予定しておりますが、この写真展プロジェクトの支援金額により展示内容もよりブラッシュアップされた内容となります。

前回の展示を見逃してしまった方、ぜひこの機会にお越し頂ければ幸いです。

MICCHII
【 MICCHII Official Web Site 】← こちらのリンクからHP移動出来ます。


なつか×MICCHII写真展
「ナツカイズム リターンズ」
開催期間:2019年11月12日(火)~11月24日(日)

場所:下北沢バロンデッセアートギャラリー

( 東京都世田谷区北沢2-30-11 北沢ビル3階 )

入場料:①一般 500円 ②クラウドファンディング支援者さま無料

※展示の開催は決定しております。


▼なつかからメッセージ

はじめまして。

グラビアとファッションのモデルをさせて頂いております。

なつかと申します!

ページを見て頂き嬉しいです。ありがとうございます!

今回は、「期間を拡大して写真展をやりたい!」
「もっとたくさんの方に見て頂きたい!」

と思い、企画させていただきました!

クラウドファンディングを行う理由としては
皆さんの希望や期待値が支援額となり
その大きさによって展示内容が変わるという、
さらに皆さんと「共に作る」参加型展示をやってみたいという試みからです。

前回の展示でなつかが作った「ストーカー部屋」は
何をどこに貼るのかなど一切決めず、
何となくのその時の自分の感覚を軸に作っていました。

あの、完成まで何が出来上がるのか
本人たちもわからないドキドキ感がとても快感で楽しかったので
それをクラウドファンディングで実践してみたいのです!

感覚で作るものは、最高です。
ただ、全く同じものは作れないのです。


きっと、後悔がありませんように。


そして今回は
もっとなつかとミッチーさんの脳内の奥深くに
入り込むような作品作りも考えています。

後悔どころか
想像を超えた楽しみを、期待していてください。


誰に何を言われたって頭の中は、自由だ。

なつか

▼前回展示レビュー

たくさんのレビューの中から、小林 司 氏のレビューを抜粋させて頂きました。

レビュアー:小林司氏(編集者:ミスiD実行委員長・選考委員)

土日がいろいろありこのままでは行けないことに気づき、駆け込みで下北沢の #ナツカイズム 。

いままだ衝撃で呼吸が浅くなり言葉にならないんですが、
ここ数年で東京で僕が行った写真展の中で一番感動して一番興奮した。
なんなんだこれは。

何なんだこれはと思ったのは、まずは三年間一人の写真家が撮った膨大な写真だということ。そして服もメイクもセルフだということ。
どんなに凄いカメラやスタイリストやヘアメイクがあっても、親が子供を撮る家族写真には勝てないのは「過ごす時間」の圧倒的差。
写真にこれ以上大切なものなんてない。

この #ナツカイズム にはその呆然とするほどの膨大な時間がある。ビビるほどの。
これをもし自分が撮ってもらったら「もう死んでもいい」と思うだろう。
被写体としての魅了がゼロ以下なので申し訳なさすぎて死んでも断るけど。

加工も大賛成だけど、やはりこの無加工写真の数々を目の前にするとクラクラする。
写真ってやっぱりドキュメントだ。
半目だろうがブリッジの途中だろうが乳輪多少見えようが知ったこっちゃない。
脳が記憶できないほどかけがえのない一瞬は、お膳立てした写真の中にない。

一度エジンバラでなつかさんと珈琲一杯で話したことがあるけど
「私は服とファッションが好き。でもこの大きなおっぱいと背の低さでどうしたってモデルみたいには見せられない」と悔しそうに話してた。
でもンプレックスと闇から目をそらさず変換してしまった。
写真は闇から生まれる。

たとえば全ての部屋にコンセプトがあり、どれもがコンセプト倒れじゃない。
黒い布にクリップと安全ピンで貼られた禍々しいコピーの写真から、美しい大判まで。

写真集はこれから何度も見ればいいから、とにかくこの個展に足を運ぶことだと思う。
コピーに白筆ペイント、イラストレーターとコラボ、そのグラフィックどれもが圧倒的に必然で、なつかというモデルに命を与えてる。

グラビア、とか、ファッション、とかもう超えてる。

アティテュードがあり安易な男の劣情など寄せ付けない。全空間を支配してる。
リアーナみたいだわ。

なんでこんなに激賞してるかもはやよくわかんないのだけど、この個展日曜日までだそうです。
本来なら一年くらいやるべきで、だから下北沢はダメになってしまったのだ。
ちなみに僕はお金も貰ってないしなんの関与もない部外者ですが、関与してないのが悔しいです。

2019.05/24 小林司氏 Twitter 投稿より抜粋

▼資金の使い道

①展示会場使用料

②展示作品制作代(装飾代・作品プリント代等)

③リターン商品制作代

④スタッフ人件費

⑤その他雑費

▼リターンについて

【 写真展入場券 】2019年11月12日(火)〜24日(日)までの会期中、回数制限なく無料でご入場頂けます。※一般入場の場合、入場料は500円・当日入場に限り有効

【 展示図録 (パンフレット) 】前回と今回の展示作品などを収録した盛り沢山な一冊。写真撮影不可だったエリアの作品もこちらに掲載致します。皆様の記憶から離れませんように。。会場での販売もする予定ですが、限定生産の為、ご購入したい方はぜひこちらのリターンをご購入頂ければ確実に手に入ります。会場販売価格よりもお安く金額設定しております。 ( 仕様:A4サイズ・ソフトカバーを予定しております。)

【 お渡し会参加券 】物販系リターンに関しては、こちらの会でなつか本人から直接のお渡し会を実施致します。※2019年11月2日(土)東京会場にて1日のみ開催予定。来て頂いた方限定のプレゼントあり。

【 なつかZINE(直筆サイン入り) 】タイトル(仮)『BRAIN』なつか自身の独断的センスで作りあげる1冊。選んだ写真に、絵のミックス、コラージュなどなど。。なつかの脳内による、「現実サイドと非現実サイド」に焦点を当てた作品集。かなりヤバイです。。

【 Tシャツ (新作) 】なつかのオリジナルデザインTシャツ。写真と絵をミックスさせた1着です。サイズは、 S・M・L・XL の4サイズ展開となります。選択項目からお選び頂きご注文下さい。

◯デザイン(※画像はイメージです。)

◯サイズ表
【 写真展優先入場権 】会場をゆっくりと鑑賞できる権利。会場で1枚チェキ付き( 2ショもしくはピン。)
※優先入場時間 ①11月12日(火)12:00~14:00 ②11月16日(土)11:00~13:00 のいずれかの時間からお選び下さい。

【 作品チェキ(サイン入り) 】新しく作品撮りしたチェキの中から1枚をランダムでプレゼント。直筆サイン入り。

【 展示作品A3プリント 】展示している作品の中から好きなもののA3プリントをプレゼント。会場にご来場頂いた際にお気に入りの1枚を選んで頂きます。※会場に来られない方は、こちらで人気の作品からセレクトしお送りさせて頂きます。こちらの商品は展示終了後12月上旬に着払いにて発送を予定しております。

【 撮影済み未現像写ルンです(27枚撮り丸ごと) 】「写ルンです」で撮影したものをカメラの本体ごとプレゼント。私たちですらまだ見ぬ秘蔵ショットをご堪能ください。

※登録情報の不備や配達期間超過により商品をお受け取りいただけない場合でも、

商品代金のご返金および再送付はいたしかねます。予めご理解ご了承の上ご購入下さい。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行しリターンをお届けします。


▼最後に


最後までお読み頂きありがとうございます。
このプロジェクトをスタートするにあたり、色々考えました。

「遠方の方々にも見て欲しい、もっとたくさんの方々に見て欲しい・・・」

そんな中いろんな選択肢があったのですが、やはりあの会場でないと
自分たちの表現したい満足いくクオリティーの展示を行うことは難しと判断しました。

前回の展示を見て頂いた方々の応援の声や感想に後押しして頂き、
2人でこのプロジェクトを行う決意をしました。

正直3年という年月の撮影期間の作品は、1度の展示だけでは出しきれてません。

泣く泣く前回カットした作品たちもまだ多数ありますし、
5月の展示終了後も私たちは継続してペースを落とす事なく、新作を作り続けています。

最初に触れた通り基本のベースは前回の「ナツカイズム」なのですが、
出し惜しみなく新たなものも出してブラッシュアップしていきます!!


その未公開の作品や新作をどれくらい追加出来るかは
このプロジェクトの結果次第です。

どうか無理ない範囲で構いませんのでお力添え頂ければ幸いです

11月の展示でたくさんの方々にまたお会い出来るのを私たちは楽しみにしております。


それでは、下北沢バロンデッセアートギャラリーでお会いしましょう!!



2019.07.19   なつか ・ MICCHII

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください