好きで得意な「イラスト・小説・現代のお守り」をミックスした独特の世界観を作りたい。初めての『1ヶ月間』の個展を開催し、自分の大好きをみんなで分かち合い、気持ちをほっとゆるませてみたい!All in方式なので、目標金額に達しなくても計画は実行します。

プロジェクト本文

▼ごあいさつ

こんにちは。
数あるプロジェクトのなかで、この企画にご興味いただき、誠にありがとうございます。

私は、栃木県在住のオルゴナイト(レジンでつくる現代版のお守り)とイラスト、小説(ラノベ)を手掛ける作家、【saber】の「しののめとも」と申します。ふだんはwebライターもしています。


・しののめとものHPです。
(参加したイベントのレポートや過去作品も見れます)

https://shinonome106.xyz/


好きなイラストのモチーフは動物や植物で、モチーフをデフォルメをするのが得意です。また、小説とは若干異なりますが、2011年に「東雲 智」名義で「【拡散希望】たすけてください……妹がネトウヨなんです」のゲームシナリオを担当させていただいたこともあります。

最近は、レジンや鉱物が好きなこともあり、現代のお守りと言われるオルゴナイトをイラスト入りで作成するようにもなりました。宇宙塗りのオルゴナイトは、イベントに出展すると必ずと言っていいほど、ありがたいことにみなさまから「キレイだね!」とお褒めの言葉をいただきます。


今回は、2019年11月に群馬県にあるギャラリーアートスープの2階和室で、初めての個展を『1ヶ月間』開きたく、プロジェクトを立ち上げました。すでに会場の予約は押さえてあるので、All in方式で目標金額が集まっても集まらなくても、個展は開催いたします。


▼なぜ「アートスープ」での開催なのか?

いつもお世話になっている「ギャラリーアートスープ」様は、群馬県前橋市にあります。私は栃木県真岡市に在住なので、アートスープに行くまでに自家用車で高速を飛ばして1時間半ほどの時間がかかります。


ギャラリーアートスープ様のサイトはこちら↓

https://galleryartsoup.hatenablog.com/


「でも遠いなら、栃木県内のギャラリーで個展を開けばいいじゃない」


おっしゃる通りだと思います。でも、私が今回、アートスープで個展を開催するにあたって、決定的で大きな理由が一つあります。


ギャラリーアートスープ様は、『展示ルールを守れば、どんな作品でも展示OK』なのです。イラストでも小説でも現代のお守りだろうと、スタイル関係なくいろんな作品を展示できる自由な風潮があります。このような自由なギャラリーは、全国的に珍しいのではないでしょうか。


だから、今回の個展では、自分の好きで得意な「イラスト・小説・現代のお守り」をミックスした独特の空間を作り上げたいと思っています。


▼開催期間を1ヶ月とした理由はなにか?

「でも、個展で1ヶ月なんて長くない?」と思われる人もいるでしょう。1ヶ月は確かに長いです。しののめも勢いまかせで1ヶ月と期間を設定してしまいました。


でも、開催期間が長ければ長いほど「見たいけど、なかなかスケジュールがあわない……」という人でも足を運んでくれる機会が増えます。さらに作品を増やしていったり、配置換えをして会場に変化を持たせるなんてこともできるのです。時間も画材のように使って、表現につなげられたら面白いのではと考えています。


同時に、日曜日であれば旦那に2歳児の息子をあずけることができるので、しののめがギャラリーに在廊することも可能に(毎週は難しいですが、2回くらいは在廊したいです)。在廊中に「お話し会」のようなこじんまりとしたイベントもできたらなぁと考えています。


準備の時間は限られていますが、自分ができうる限りの最善の方法で個展に彩りを添えられたらと考えています。1ヶ月の長時間を最大限に活かして、「個展」を形にしていきたいです。


▼そもそもどうして個展を開こうと思ったのか?

やはり作品を買ってもらうのは、なかなか難しいです。いろんな作家の皆さんもそのように口をそろえて言います。作家活動を本格的にはじめて、まだまだ2年も経っていない自分も、「なかなか買ってもらえない」と感じることはあります。


でも、作品を気に入って購入してくださったり、購入しなくても「キレイだね、素敵だね」と言ってくれる人がいたのが嬉しかった……人との出会いが、『自尊心の低い私の心』を癒してくれたのです。


自尊心が低い理由なのですが、私自身、年少期にさみしい思いをずっとしてきたり、いじめを受けてきた経験がありました。「私は透明な存在でしかない。でも認められたい」といった気持ちをずっと抱えて生きてきたのです。


(詳しいことは、アメブロのこの記事に書いてあるので、ご興味あればお読みください)


『イラスト・小説・現代のお守り』も一見すると、「なんの役にも立たないじゃないか」という人もいるかもしれません。


――でも、すんで表現していくことで「ありがとう」と言ってくれる人がいる。


たった1人でも「ありがとう」と言ってくれる人がいるなら、私は、私が表現したものを、少しずつでもいいから世間に出していこうと思いました。


人間、特に女性は「きれいなもの」「かわいいもの」「ステキな物語」に触れると気持ちが「ふっ」とゆるみます。だから自分の得意な作風を活かして、「ふっ」と気持ちがゆるむ空間ができたらと考えています。


そして、個展にきてくださる皆さんと、そんなゆるっとした空間を共有できたらいいなとも思っています。


▼実施スケジュール

・8月中旬~ 個展DMを作成後、アートスープ様や近隣施設にDMを配布予定

・8月~10月まで 作品作りに専念

・11月1日から ギャラリーアートスープ様 2階和室にて個展スタート

・11月の日曜日の2日間、しののめともが在廊予定(日にち決まり次第、ブログなどでお知らせします)

・11月30日をもって、個展終了


・リターンの個展のダイレクトメールは、プロジェクト終了後から10月までにお届けいたしますが、金額別のリターンは11月中、遅くとも今年の12月中にはお届けの予定


▼資金の使い道

今回のプロジェクトで、一番ネックになるのが『会場レンタル費』と『交通費』になります。

なお、準備や在廊のためアートスープ様に何度も通う(最低3回は行くでしょう)予定でいます。


また、レジン作品をたくさんつくるのであれば、その材料費もかかりますし、イラストを描くための画材購入費も必要になってきます。


内訳としてはこのようになる予定です。

・『会場レンタル費』:60000円-3500円=56500円(※3500円の割引券使用)

・『交通費』(3回の往復で):約18000円

・レジン(デブコン使用)1kg:約9000円

・DM印刷代(送料含む):3000円

・その他画材購入やディスプレイ用品代:20000円

◆合計:106500円+Campfireの手数料+税金=133125円


▼リターンについて

もし、今回のプロジェクトにご支援してくださった場合のリターンは下記のようになります。


まず金額にかかわらず、ご協力いただいた皆様全員に個展のダイレクトメールをお送りします。
さらにしののめとものHPにて、個展のイベントレポートの記事に、ご協力いただいた方全員のお名前をご紹介いたします。

(※支援時、必ず備考欄に『ご希望のお名前』をご記入ください。同時にHP、ブログ、SNSなどリンクしたいアドレスがあれば、掲載いたします。ただし、リンク先は1つのみとさせていただきます)


・金額別のリターンのご説明

【2000円リターン】

・個展のダイレクトメール

・イベントレポートにお名前掲載

お礼のメールをお送りいたします。


【4000円リターン】

・個展のダイレクトメール

・イベントレポートにお名前掲載

直筆のお礼の手紙を送付いたします。


【5000円リターン】

・個展のダイレクトメール

・イベントレポートにお名前掲載

作品のポストカード10枚セット


【10000円リターン】

・個展のダイレクトメール

・イベントレポートにお名前掲載

ZOOMで1時間、あなたの人生相談にのります!

 いじめや仕事で悩んでいる、恋のお悩みなど、いろいろと相談にのります。

(リターン購入後、希望のお日にちをお伺いいたします。基本的に平日の日中中心になるかと思いますが、他の希望もあればお申し付けください)


【10000円リターン】(何かビジネス・作家活動している方限定)

・個展のダイレクトメール

・イベントレポートにお名前掲載

あなたのお仕事・活動の紹介記事「あなたのステキなところをみなさんに伝えます!」を現役WEBライターのしののめが書きます。

 記事は、しののめとものアメブロもしくはしののめとものHPに掲載予定です。2000文字から2500文字のボリュームで書きます。

(※リターン購入後、メッセージにて取材のために何度かやりとりさせていただく場合がございます)


【30000円リタ―ン】

・個展のダイレクトメール

・イベントレポートにお名前掲載

・あなたの好きなリクエストに応じて、かわいいディフォルメ系のイラストを描きます(サイズ:4号、約33.3×24.2cmまで)。

(※リターン購入後、メッセージにてリクエストをお伺いいたします)


【30000円リタ―ン】

・個展のダイレクトメール

・イベントレポートにお名前掲載

・あなたの好きなリクエストに応じて完全オリジナルの小説を書きます。
 ボリュームは3000文字の短編です。

(※リターン購入後、メッセージにてリクエストをお伺いいたします)


個展のダイレクトメールは10月までにお届けいたしますが、金額別のリターンは11月中、遅くとも今年の12月中にはお届けの予定です。


▼経歴

2004年 国際テクニカルデザイン専門学校・グラフィックデザイン学科卒業。

卒業後は、テレアポの業務に就くが、病を患ったことで会社を退職。

2018年から作家活動を本格的にスタートさせる。


・今まで参加した展示会やイベント

2018年 福島・みちのくCOMITIA4

2018年 東京・浅草「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」

2018年 群馬・前橋「彩りきつね展vol.3」

2018年 群馬・伊勢崎「いろ・おと・もの」

2018年 群馬・前橋「北海道地震 チャリティー展示会」

2018年 群馬・前橋「字展< Artsoup 編> 第二版」

2018年 群馬・前橋「角に魅入られた者たち」

2018年 千葉・幕張「マクハリハンドメイドフェスタ2018」


2019年 東京・浅草「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」

2019年 群馬・前橋「ようせいへのてがみ」

2019年 東京・青梅「6月祭・梅子黄展(うめのみきばむてん)」


▼最後に

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。今まで作品を作ったり小説を作ったりというのは学生時代からやっていたのですが、本格的に作家活動をスタートさせてからは、まだまだ2年たっていません。


まだまだ実力不足な部分もあるかもしれませんが、最近、お友達になったセラピストさんに『しののめさんは、作品を通して《自分自身》を表現してるよね。「私=作品」って感じ』と言っていただく機会に恵まれました。


その一言で、「なぜ私が作品を作り続けるのか、書き続けるのか」の長年の謎が解けて、不思議と自分に自信が持てるようになりました。愚直に好きなことをつづけることの大切さも、結局、つづけなければ気づかないし、周囲にも教えてもらえません。だから、作品を作り続けてきてよかったし、書き続けてきて本当によかったと思っています。


今回のプロジェクトは、本格的に作家活動を始めてからの大きな計画になります。実行することで、きっとしののめともの血肉になるのではないかと思います。ご興味いただけたら、ぜひ、ご支援のほどよろしくお願いいたします。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください