靴下市場には寒さから膝を保護しながら、おしゃれに着用できるタイツがないことに気づき、製品の内側を人肌に見せる製法でストッキングのような透け感をもつタイツを発案。 世の中の女性の冬場の寒さとファッション性の両立に対する悩みの解決につながると考え、新製法に関する特許を出願し商品化することに。

プロジェクト本文



 

ストッキング風タイツとは

タイツの外側と内側の二重構造になっており、それを独自の生産工程で1つにして1枚のタイツにする。製品の内側を人肌に見せる製法でまるでストッキングのような透け感をもつタイツ。

外側と内側は完全無縫製。透明感があり、防寒性抜群の美脚タイツ。

ストッキング風タイツ特徴

1.幅広設計のウェスト部

ウェスト部の幅を広く設計することで、しっかりとしたフィット感と動きやすさを実現。深めの股上でお腹周りもしっかりサポート。

 

2.ヒップアップをサポ-ト

お尻を下から持ち上げ。ヒップアップを美しく整える着圧設計でヒップを引き締め、ヒップアップを実現します。

 

3.伝線しにくいノンラン加工

表地のタイツ生地は、特殊なストレッチ素材を使用しており、丈夫で伝線しにくいノンラン加工を施しています。

 

4.二重構造の設計


タイツの外側と内側の二重構造になっており、それを独自の生産工程で1つにして1枚のタイツにする。

 


女性の冬場の寒さとファッション性の両立に対する悩みの解決したい。

本プロジェクトのタイツは、2年前、発明者が老人ホームでお見舞いした際に着想を得ています。

老人ホームでは車いすで生活している高齢者が多く、膝関節の痛みに悩まされていました。その中でも女性の割合が多いことに気づいた発明者は、その原因はどこにあるのかと考えました。

関節の痛みは寒さによる血行不良が原因の一つと考えられていることがわかり、日本の若い女性の中では素足を晒して生活するなど見た目を重視するスタイルが定着していることも影響しているのではないかと考えました。

これらの問題を解決するために、寒さを防ぎ、体温を保つ、どんなシーンでも使えるアイテムはないかとアイデアを探していましたおり、靴下市場には膝を寒さから保護しながら、ファッショナブルに着用できるタイツがないことに気づきました。

そして、冬場でも膝関節を寒さから守ることができる裏起毛かつ、製品の内側を人肌に見せる製法でまるでストッキングのような透け感をもつタイツを発案したのです。

世の中の女性の冬場の寒さとファッション性の両立に対する悩みの解決につながるというニーズもあると考え、タイツの新製法に関する特許を出願し、商品化することに決めました。

 

<ストッキング風タイツ仕様・詳細>

サイズ:F(フリーサイズ)

素材:ナイロン、ポリウレタン

カラ―:ブラック

・一部のデザイン、仕様につきましては予告なく変更になる場合がございます。
予めご了承ください。

 

洗濯方法:洗濯機使用の際は、洗濯ネットをご使用ください。  

     洗濯マ-クの指示の従い、水またはぬるま湯で洗濯してください。

ご注意:色の異なるものとは分けて洗濯してくだい。生地の伸びをなくしますので、乾燥機・アイロン等での強制乾燥はしないでください。

 

  

FAQ

・商品に間違いや破損などがあった場合はどうしたらよいですか?
品質管理及び発送には十分留意しておりますが、万が一商品の間違いや破損、汚損、キズ等がありました際は、商品到着後一週間以内にご連絡ください。


 ・商品の返品できますか?
基本的に、サイズ違い・イメージ違い・商品に匂い等による返品は受け付けておりません。ご購入前に今一度サイズ・イメージのご確認をお願いいたします。
質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。なお、商品に破損などの不具合がございました際は、ご相談ください。

 


株式会社アズサプランニング

これまで日本にない「新しいモノ」を提案する目標に、ツバメグループであります株式会社アズサプランニングを設立しました。地域中小企業発展の新たなモデルとなることを志すものです。
私たちは、改善・改革に努め、革新の技術で安心安全の製品・サービスを提供します。
私たちは、「新しいモノ」を常に提案します。
私たちは、日本のみならず世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献します。

  • 2019/11/11 10:00

    支援者の皆様、この度は多くのご支援誠にありがとうございました。お蔭さまで目標を達成いたしましてほっとしております。商品は11月中にお届けの予定で発送作業を進めております。もうしばらくお待ちいただきますようお願いいたします。ご支援いただいた方々、誠にありがとうございました。引き続きよろしくお願い...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください