Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

介護している方達を応援したい!

現在の支援総額
57,000円
パトロン数
7人
募集終了まで残り
34日

現在5%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2019/09/25 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

高齢者や障害のある方を介護している方達は、日々大変なご苦労をされていらっしゃると思います。その方達を応援するための冊子を作りました。ネットや本では得られないさまざまな介護の情報や、介護家庭を取材した内容、その他を載せた、A5判20ページのカラフルな小冊子です。

はじめに・ご挨拶

書くことが好きで、若い頃から童話や小説など、いろいろ書いてきました。(今は若くないですw)

童話作家のグループや、大人物の作品の同人誌のグループに入れていただいたりしていました。

実は大学は音大で、ピアノを専攻していました。今でも家で少し教えています。


このプロジェクトで実現したいこと

高齢の母親を自宅介護してきました。この冊子を楽しみにしていましたが、完成のわずか数日前である今年4月に亡くなりました。

病院でも、施設でもなく、自宅で看取りたいという思いは遂げられましたが、介護はやはり大変でした。

そこで、介護している方達を応援する冊子の発行を考え始めました。

介護者は、時間的にも、体力的にも余裕がなく、孤立しがちです。そのため、有益な情報も、なかなか手に入りません。

自分の経験を踏まえ、介護のさまざまな情報や、介護家庭のリアルな様子、その他の文章を、冊子に載せていこうと考えました。

いつでも手にしてもらえるように、また、ずっと保存してもらえるように、カラフルできれいな冊子を、と。

現在自費でなんとか3号まで発刊しました(A5判、20ページフルカラーのかわいい冊子です)が、

これからの資金が不安です。





プロジェクトをやろうと思った理由

介護に対する思いを、家族や知人が理解して、応援して、背中を押してくれました。

費用は全て自費でしたが、具体的なプランを数人で考えました。

そのおかげで、とうとう実現でき、なんとか3号までできましたが、続けていくための費用が大変です。

それで、クラウドファンディングに参加して、皆さまにご支援していただきたいと思った次第です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。




これまでの活動

冊子を3号まで発行。最初は1000冊で、ケアマネさんや、介護に従事する方達などにお願いして配っていただきましたが、良い評判をいただいて、増刷して、今は3000冊に。地域も広がっています。

資金の使い道

データ作成費と印刷代でかなりかかります。

(今までに印刷代だけで、70万円以上かかりました)

その他に取材のための費用、交通費、郵送費、その他いろいろかかります。

今後続けていくための費用が必要ですし、できたらスタッフがあとひとりいたら、とも思います。

リターンについて

冊子をお送りします。

A5判20ページ、フルカラーのきれいでかわいい冊子ですし、内容も、きっと喜んでいただけることと思います。

読まれていない全号の冊子をお送りします。

実施スケジュール

既に3号まで発行しましたが、できたらひと月に1号、遅れても隔月には発行していくつもりです。

最後に

介護は誰にでも起こりうる問題です。そして、想像以上に大変です。

日頃ご苦労されている介護者の方達を応援したい!  「ひとりじゃない!」と思ってほしい! 

この冊子が役に立ってほしい!


どうぞよろしくお願いします!


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。








このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください