岡愛華(高校1年生)と岡愛莉(中学3年生)です!私たち岡姉妹は2歳からスノーボードを始めました。スノーボーダーとして数々の大会に出場して、大人の方々とトップレベルで競い合っています。岡姉妹と一緒に2022年の「北京オリンピック」を目指しましょう。応援よろしくお願いいたします!

プロジェクト本文

【はじめに・ご挨拶】

岡愛華(高校1年生)と岡愛莉(中学3年生)です!
私たち岡姉妹は2歳から、
スノーボードを始めました。
スノーボーダーとして数々の大会に出場して、
大人の方とトップレベルで競い合っています。
夢は2022年の北京オリンピックに出場して、
活躍することです!
応援よろしくお願いたします!

【現在の岡姉妹の状況】

北京オリンピックへの出場を目指して、
日々スノーボードの練習を重ねています。
しかし、毎年何度も発生する遠征費用
大会費用道具費用など、
オリンピックを目指す上では
多くの費用が必要です。
現在は父が会社勤めをしながら子育てと、
スノーボードの指導を両立してくれています。
私たち岡姉妹も家事を含めて、
お家の手伝いをしながら、
学校生活競技を両立しています。


【さらなる成長のため】

さらにスノーボードを上達するためには、
夏であってもスノーボードの実戦練習
続けなければなりません。
だからこそ夏でも雪が積もる
ニュージーランドへ遠征をして、
現地の恵まれた環境やプロ達の中で、
さらに高みを目指したいと考えています。
しかし、海外遠征等にかかる費用は、
確保できておらず、
普段は生活費から日々の競技費用を
なんとか捻出しております。

そんな中で日々の競技費用や
遠征費用への「ご支援」を、
皆様にご協力いただきたいと
考えております。

【スノーボードを始めたキッカケ】

私たちは兵庫県新温泉町の村坂高校(岡愛華)と
浜坂中学校(岡愛莉)に通学しています。
私たちはインストラクターの資格を持つ
父「岡昌宏」の影響でスノーボードを
2歳から始めました。
幼稚園の頃には大人と一緒に滑るようになり、
どんどん上達していきました。
小学生3年生の頃から、
各種の大会で入賞するようになり、
現在は様々な大会で優勝したり、
上位に食い込める実力が付いてきました。
オリンピック出場を射程圏内におさめて、
全国各地の大会で躍進を続けています。
大人のスノーボーダーと競い合う大舞台でも、
「出場するからにはトップを目指して、
大人に負けない滑りをする」ために、
日々練習を重ねています。
今季も10以上の大会に出場させていただき、
何度も2人で表彰台に登ることが出来ています。


【岡愛華(姉)】

生年月日:平成15年8月25日生まれ
学校  :村坂高等学校1年(2019年現在)
将来の夢:北京オリンピック出場
身体ケア:リラテックプログラムシステム研究所
保有資格:JSBA1 級所持
所属団体:ROOKIES_R
オフトレ環境サポート:wakelip's

几帳面で丁寧かつ繊細に滑ることが得意で、
滑りの美しさを競う「テクニカル」が得意です!
スノーボードでは常に表彰台に登っていて、
大人と戦っても勝つことが増えてきました。
将来の目標は「レース」という競技で
オリンピックに出場をして活躍する事です。
土日はスケボー・ロードバイクを
オフのトレーニングとして続けています!
2017年に部活のバレーで足をケガしましたが、
2018年9月28日に手術を行い、
ケガを乗り越えた経験があります。
勉強と球技は苦手ですが、
横乗りスポーツは大好きです。


【岡愛莉(妹)】

生年月日:平成18年11月16日
学校  :浜坂中学校3年(2019年現在)
将来の夢:北京オリンピック出場
身体ケア:リラテックプログラムシステム研究所
保有資格:JSBA1 級所持
所属チーム:ROOKIES_R
オフトレ環境サポート:wakelip's

学校では陸上競技部に所属していて、
足元の筋力を鍛えています。
ロードバイクでも足腰を鍛えていて、
土日はスケボーを毎週続けています。
一番の失敗は昨年の全日本予選大会で、
インフルエンザになったことです。それ以来、
大会には万全の体調で臨むようにしています。
あとは学力が弱いです(笑)
持ち味は果敢な攻めの姿勢や冒険心、
思い切りの良さです。全力投球をして、
常に楽しみながら滑っています。
ウェーブやパンクジャンプがあったり、
スピードを競う競技である、
「クロス」「ジャンプ」が得意です。
いつかは、さらなる成長のため、
ニュージーランド遠征に行きたいです。


【大会実績】

【岡愛華(姉)】

2015年小5 第22回JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権大会全国大会出場
2016年小6 第23回JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権大会全国大会出場
2016年小6 西日本テク選一般女子7位
2016年小6 全日本ウェーブショート一般女子7位
2017年中1 テクニカル選手権西日本予選3位
2017年中1 第24回JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権大会出場
2017年中1 学生大会中学生1位
2017年中1 NSBAテクニカル選手権大佐番長カップ優勝
2018年中2 ドリームゲームズ西日本テクニカル1位
2018年中2 テクニカル選手権西日本予選2位中学1位
2018年中2 第25回JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権大会全国大会10位
予選2位通過 中学高校生唯一出場 同大会中学生女子全国トップ最優秀賞
2019年中3 ドリームゲームズ西日本テクニカル1位
2019年中3 テクニカル西日本予選2位中学1位
2019年中3 第26回JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権大会フリースタイル女子19位
2019年中3 第37回全日本スノーボード選手権大会DUJr1位
2019年中3 第37回全日本スノーボード選手権大会GSJr4位


【岡愛莉(妹)】

2015年小4 第22回JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権大会(予選7位通過)
2017年小6 西日本テク選一般女子7位
2017年小6 全日本ウェーブショート一般女子7位
2017年小6 テクニカル選手権西日本予選3位
2017年小6 第24回JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権大会 全国大会出場
2017年小6 ドリームテクニカル選手権2位
2017年小6 NSBAテクニカル選手権大会・大佐番長カップ3位
2018年中1 学生大会中学生1位
2019年中2 ドリームゲームズ西日本テクニカル選手権2位
2019年中2 全日本選手権西日本スノーボードクロス競議2位


【岡姉妹へのQ&A】

 ~岡姉妹について知ろう!~


・スノーボードを始めたキッカケは??

 お父さんがスノーボードのインストラクターを
やってて教えてもらえたことがキッカケです!

・いくつの時に始めましたか⁇

 2歳です!お父さんが小代スキー場で、
働いていた時に習いました。妹は1歳だったので
ソリで遊んでいましたが、2歳になった時に
同じようにスノーボードを始めました。

・本格的にスノーボードが楽しくなってきたのはいつ?(Answer:岡姉妹)

 小学1年生に大会に出場し始めてからです。
幼稚園の時に香美町小代で大会があり、
その時にキッズ部門(小6以下)で
愛華が優勝して、愛莉が3位でした。

・岡姉妹の活躍を通して、反響や反応はありましたか?(Answer:お父さん)

 まだ、当時はスノボーに本気で取り組んでる
子どもは少なくて、この子達が大会に出て
「こんな子供でもできるんだ」ということで
徐々に子供のボーダーが増えてきました。

・どのように岡姉妹にスノーボードを教えたのですか?(Answer:お父さん)

 ターンが出来るようになったのは、
1週間もかかりませんでしたよ。
子どもは遊びが前提なので、
ほめてあげるとトントン成長していきます。
ちっちゃい雪だるまを作って
「あれを踏んで壊そう」とか、
雪玉を何個か作って、
これを踏みつぶさないように、
雪だるまを手で取ってみよう!
とゲーム感覚で教えていました。


・大会がある時、学校はどうするの?

 大会を優先しています。
学校にもきちんと許可を頂いています!

・大会はどんなところでやっていますか?

 群馬県、北海道、長野県です。

・費用は自腹ですか?

 はい!北海道の大会が立て続けに、
4回あった時は本当に大変でした。

・ライバルはいますか?

 今は一般の大会に出ているので、
大人のライバルだらけです!

・シーズン以外も含めて、どのようなトレーニングをしていますか?

 家で体幹トレーニングを重ねて、
毎年5月頃までスキー場に通い、
夏秋はサーフィンやスケートボードで
特訓を積んでいます。

・これからの目標は?

 もちろんオリンピックです。
大会でどんどん入賞して、
選考会で選ばれるように頑張ります。

・ファンの方々とは、どのような関係を築いていますか?

 小学生の時から実力を認めていただいた
企業様にスポンサーとして、
支援していただいています。
今期からはファンの方々への助言や
手本滑走も行っています。
「見られるとちゃんと滑らなきゃ」と
緊張感を持ててうまく滑れます。

・好きな選手や参考にしている選手はいますか?

 平昌冬季オリンピックでの世界レベルの
選手の演技にはくぎ付けでした。特に
鬼塚雅選手と平野歩選手を参考にしてます。

      

【資金の使い道】

①各種大会エントリー
170000円
②燃料代・高速代
270000円
③宿泊代
160000円
④遠征時の食事代
95000円
⑤プロキャンプ代
140000円
⑥用具代
40000円
⑦手数料 (100万円-50万円)×17%
85000円
⑧全日本出場費用
40000円
合計1,000,000円


【最後に、、、】

私たち岡姉妹と一緒に、
2022年の「北京オリンピック出場」
目指していただけませんか?
誰よりも練習を続けて夢を追いかけて
北京オリンピックへの出場を実現します!

岡姉妹を紹介したWEBサイトもぜひご覧ください!←クリック

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も計画を実行し、
リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください