※This crowdfunding has an English translation at the bottom of the page.

 まもなく5G時代を迎え、更なる発展の途上にあるVR空間。新型コロナウィルスの影響下で分断されつつある世界を“繋ぐ”通信網のその先の世界……。VR空間最大のイベント「バーチャルマーケット5」を通して、新たな世界の繋がりを、一緒に作り上げましょう!



 バーチャルマーケットは、バーチャル空間で開催され、バーチャル空間上で使用するためのあらゆる3Dアイテムを取り扱うマーケットフェスティバルです。2020年4月に開催されたバーチャルマーケット4では約1200サークルが出展、企業出展も35社にのぼり、“非営利団体AIXR「VR Awards」のVRマーケティング部門最優秀賞” 受賞をはじめ、いくつもの賞を受賞しています。
 さらに、バーチャルマーケット5では約1700のサークルの応募を集め、出展企業はVケット4の倍の70社となり、世界最大のVRイベントとして成長し続けています。

 バーチャルマーケットは、その開催を通じて「仮想現実空間を発展させ、豊かにする」ことを目指しています。



 バーチャルマーケットで取引される商品は様々です。バーチャル空間では「アバター」と呼ばれる3Dモデルをまとうことで自分の好きな姿になることができます。「アバター」は、バーチャルマーケットでの人気商品の一つです。
 他にも、アバターに個性を出す為のアクセサリや衣装、バーチャル空間上のコミュニケーションの場となる家や部屋など、あらゆるものが出品されます。


昨今、バーチャル空間を体験するためのVR機器もより選択肢の幅が増え、バーチャルな世界はより身近なものとなりました。バーチャル化した世界(Virtual World)では、私たちは世界中のどこに住む人とでも面と向かって会い、どんな場所にでも一瞬で辿り着くことができます。

※「事実上の、実際の」というように訳される「Virtual」。そこに私達は「本質」を見出しています。


 Virtual Market 5は、距離を超えて一つになった世界を舞台に開催されます。
 日本を象徴する最高峰『富士山』やイタリアの代表的観光地『ピサの斜塔』、エジプト最大の謎にして人々の関心を集め続ける『ピラミッド』……。

 世界中の様々なランドマークがバーチャル空間に一堂に会し、その中で買い物や遊び体験、コミュニケーションを楽しむことができます。


「World Beyond」から、世界中と繋がりましょう。



 バーチャルマーケットが今回クラウドファンディングを行う理由は2点あります。


 私たちがバーチャルマーケットを運営する方針・理念として「皆で一緒に作る」を掲げています。
 来場者さん・出展者さん・運営スタッフ、関わる人全員がバーチャルマーケットという機会を通じて、新しい3Dモデルに出会ったり、お気に入りのクリエイターに出会ったり、自分のクリエイティブを見てもらえたり、買ってもらえたり。新たな技術に触れたりと、様々な体験をしてもらいたいと思っています。

 かつ、バーチャルマーケット5という一生に一度の思い出を、かけがえのないものとして大切にし、いつまでも形に残るようなものにしたい。

 幸い、バーチャル空間には展示会場をそのまま保存することができます。
 距離や、時間や、場所の関係ない。――バーチャル空間の特性を生かし、共通の思い出として残すことができるような、そんなプロジェクトを作りたいと考えました。


 バーチャルマーケットの運営にあたって、バーチャル空間に暮らすおよそ80名の新進気鋭のクリエイター達が集結し、半分仕事/半分有志のような形を取っています。スタッフの8割以上が互いの顔を知らないバーチャル空間上での付き合いで、運営はリモート開発の形式を取っています。
 また、バーチャルマーケットは出展料・来場料共に無料で運営をしています。
 その為、バーチャルマーケットの収益源は、クラウドファンディングからの支援金と、協賛企業様からの協賛金のみで成り立っている現状です。
 バーチャル空間で生きていく・バーチャル空間で仕事をしていく、という概念自体がまだまだ新しく、ここには報酬の相場や収入の保証はまだまだありません。出展や来場にお金がかかるというハードルを設けず、なるべく多くの方にバーチャルマーケットへ出展・来場して欲しい。

 その為、クラウドファンディングという形で「バーチャルマーケットを応援したい!」と思って頂ける方々からご支援を頂き、運営資金に充てていきたいと考えています。
 過去、バーチャルマーケット2、バーチャルマーケット3、バーチャルマーケット4とクラウドファンディングを実施致しましたが、そちらで頂いた支援金は、手数料やリターンの原価を除き、全て制作に関わったクリエイターさんの報酬として還元致しました。


 今回もバーチャルとリアルの垣根を越えて楽しんでいただける様々なプランをご用意しましたので、下記のリストと、詳細はリターンをご覧ください!


(PCで閲覧されている方はブラウザ上で拡大を、スマホで閲覧されている方はピンチアウトしてご覧下さい)


「距離を超えて、世界を一つに」

遠く離れた人の元へ会いに行くというのは、これまで本当に大変なことでした。

しかし、バーチャル空間で生活するという文化の発展によって、人と人との距離は更に近くなってきています。

あなたの自宅から参加できる、最も近くにある世界最大のバーチャルの祭典。
バーチャルマーケットに、あなたも参加してみませんか?






























-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

The age of 5G is drawing near, and the VR worlds are in the midst of further development. The future that lies ahead for this communication network "connecting" our world that coronavirus had divided...

Through the largest event in VR: "Virtual Market 5", we hope to build a new bond in this world together with you!



Virtual Market is a market festival held in the virtual world, dealing in all kinds of 3D items used inside virtual worlds.
Virtual Market 4, held in April 2020, attracted around 1200 circles and 35 companies to exhibit. We have received several awards, including the "Best VR Marketing" award from the non-profit organization AIXR's "VR Awards."
In addition, Virtual Market 5 continues to grow as the world's largest VR event, attracting approximately 1,700 circle applications and 70 company exhibitors, over twice as many as Vket 4.

Virtual Market aims to "enrich and provide growth to the VR universe" through its hostings.



Various products get exchanged at Virtual Market. In the virtual world, we can take any form we desire in the form of "Avatars," and they are one of the most popular products at Virtual Market.
Other items on sale include accessories and costumes that allow for personal customizations, as well as rooms and housings that becomes a place for communication in the virtual world.



Nowadays, with more choices of VR devices becoming available, the virtual world is becoming more accessible. In such worlds, we can meet face-to-face with anyone from anywhere in the world, and get to any place in an instant.



Virtual Market 5 takes place in a transcendent world where we become united across distances.
Japan's symbol and its highest climb, Mt.Fuji. Italy's staple tourist spot, the Leaning Tower of Pisa. Egypt's biggest mystery that continues to enchant people, the Pyramids.....

Various landmarks around the world will come together in a virtual world where you can shop, play, and communicate.


Connect with the world through "World Beyond"



 Virtual Market has two reasons to host this crowdfunding.


Our policy and philosophy for the Virtual Market is to "Create Together."
Through opportunities in the form of visitors, exhibitors, staff, and everyone else involved, we hope you get to experience various things such as discover new 3D models, meet favorite creators, have your products purchased, and try out new tech.

We wish to cherish this once-in-a-lifetime memory that is Virtual Market 5 and treasure it in a form that lasts forever.

Fortunately, in the virtual world, we can preserve the exhibition venues as it is.
Not bound by distance, time, or place. ―We wanted to create a project that encompasses the benefits of the virtual world that last with us as shared memories.


Virtual Market is run by roughly 80 up-and-coming creators, their stance being half-work, half-volunteer.
More than 80 percent of the members have never met each other in real life and only inside virtual worlds. Thus, management is run in a remote development format.
Furthermore, Virtual Market is operated free of charge for both exhibitors and visitors.
As a result, Virtual Market's revenue comes solely from crowdfunding support and company sponsorships.
The concept of living inside and working from virtual space is still something new, and there is still no guarantee for a steady income or established market rates.
We do not set participation fees as barriers to entry because we want to encourage as many exhibitors and visitors as possible to take part.

Therefore, in the form of crowdfunding, we think to receive help from those who are willing to say "I want to support Virtual Market!" continue funding our operations.
We have held crowdfunding campaigns in the past for Virtual Market 2, 3, and 4. And all the money we received from those campaigns, excluding fees and perk costs, were returned to the creators who were involved in the production.



Once again, we put together a variety of perks that you could enjoy across the boundaries of the virtual world and the real world. Check out the list below and the descriptions for each perk for details!


(Please zoom in with your browser function if on PC, and pinch out if on smartphones)


"Across distances, unite this world as one"

Meeting someone far away from you has been a real challenge before.

But now, with the advancing culture to live inside the virtual world, the distance between us is getting closer than ever before.

From the comfort of your home, why not join us at the world's most nearby and biggest virtual festival: Virtual Market?


























このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください