保育士と保育園をつなぐ人材支援、保育士の継続教育をサポートするビジネスを展開したいと考えています。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして。私は現在医療分野で仕事をしている29歳のサラリーマンです。
学生時代は地元新潟で過ごし、高専から大学編入を経て大学院まで工学・自然科学を学んできました。

保育士をしている妻の影響で保育業界に興味を持ち、地方が抱えている問題の一つである保育、教育の分野で革新的なサービスを提供することで新たなビジネスを始めたいと考えています。
また私自身も幼い子供を抱える親の身であるため、保育の問題は身近な問題として捉えています。

学生時代からの教えである「無いものは作ればいい」の精神で地方創製に貢献したいと思います。


プロジェクトをやろうと思った理由

私の妻が保育士をしている関係で、保育業界に身を置く方との接点が出来ていくうちに
①地方都市における保育士不足
②人材不足ゆえに保育園が誰でも採用せざるを得ない
③継続教育の不足
④新卒採用の人材の早期退職
といった複数の問題が生じていることが分かってきました。

実際に厚生労働省も「保育士等確保対策検討会」を開き、待機児童解消加速化プランにより保育士の確保を課題として掲げています。(出典:厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/2_3.pdf

また同じく厚生労働省では保育士の再就職支援のプランも掲げておりますが、具体策を掲げるには至っていないと考えています。(出典:厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/3_2.pdf

それでは上記の問題を解決するためのサポートサイトは存在するのかというと、私が調べる限りでは存在しないのが現状です。
私が身を置いている医療業界では医師向け、看護師向けのサポートサイトがあるのだから、「保育士向けのサポートサイトがあっても良いのではないか」と考えたのが始まりです。

私は上記の問題を解消することで地方の保育業界を活性化し、人材の確保、継続的な教育をサポートしたいと考えました。


このプロジェクトで実現したいこと

「雇用主と働き手の理想的なマッチング、継続教育をサポートしたい」

特定の地域の保育園、学生、現役復帰を考えている有資格者にサービスサイトへご登録いただき、雇用する側とされる側の理想的なマッチングを促します。また育児などで一度保育士を退いた方の再就職支援にもつなげます。
いずれは文化ホール等で就職イベントを実施したり、継続教育の一環としてビデオコンテンツ、ライブ形式の講演会を開催して保育士のスキルアップを促します。

そうすることで長期的な人材の確保、ヒト・教育の質の向上に貢献します。


資金の使い道

以下、募集金額の内訳は

HP作製費用:約50万円
広告宣伝費:約20万円
人件費:約10万円
CAMPFIRE様各種手数料:約20万円

を見込んでおります。

リターンについて

電子メール、およびHP上での活動の継続的な報告(月に1回)
ビジネスをされている方であればHP上に広告バナーを掲載します。


実施スケジュール

2019年10月13日 クラウドファンディング 終了
2019年12月上旬 HP開設、広告制作開始
         順次保育園、学校等への働きかけ実施
2019年12月下旬 リターン実施 予定
2020年1月     2019年活動結果報告・2020年活動計画発表

以後、継続的な広告宣伝活動実施

最後に

地方の教育を向上させる一歩にします!

よろしくお願いいたします。

(使用写真は自身で撮影した写真を使用しています。)


※本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額(¥1,000,000)に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください