横浜長者町で40年続く伝説のライブハウス「FRIDAY」クレイジーケンバンド、宇崎竜童、クリスタルキング、翔(横浜銀蝿)、Bro.KORNなどなどをはじめとする一流ミュージシャンが夜毎にステージを繰り広げる伝説のライブハウス「FRIDAY」のドキュメンタリー映画の完成と上映にぜひご支援ください!

プロジェクト本文

この度は、本プロジェクトをご覧いただき、まことにありがとうございます。
ドキュメンタリー映画「FRIDAY」の製作をしておりますガチンコ・フィルムと申します。

今回のクラウドファンディング企画についてご説明申し上げます。

「FRIDAY」は、横浜長者町で40年続く伝説のライブハウスであり、クレイジーケンバンドさんのファンの中では聖地としても有名です。御年80歳のマスターが今も現役で店に立ち、クレイジーケンバンドさんをはじめ、宇崎竜童さん、ムッシュ吉﨑さん(クリスタルキング)、翔さん(横浜銀蝿)、Bro.KORNさん、出雲亮一さん(ラッツ&スター )、山崎廣明さん(ラッツ&スター )など一流のミュージシャンたちがこの店を愛しステージに立っています。この50席ほどのライブハウスに夜ごとに日本でもトップクラスのミュージシャンたちが集い、演奏を繰り広げている、知る人ぞ知る、ミュージシャンたちが憧れる伝説のライブハウスです!

昭和の雰囲気を漂わせた老舗ライブハウス。横浜・長者町の危ない街の雰囲気と音楽が漂うライブハウスは唯一無二のものです。
初めて、我々がこのライブハウスに伺った際にその音楽とお客さん、お店の雰囲気、マスターの雰囲気に圧倒されたことを覚えています。

そして、生の音楽はこんなにも人の心に響くものなのか・・・と。



この伝説のライブハウス「FRIDAY」のドキュメンタリー映画を少しでも多くのみなさまに知っていただきたい!ドキュメンタリー映画の完成と上映にご協力をお願いしたい!ということでクラウドファンディングをさせていただくこととなりました。

ぜひ、プロジェクトをご覧になってご興味を持っていただけるようでしたら幸いです。


横浜・長者町の「FRIDAY」は、マスター磯原順一氏が40歳の時に立ち上げたライブハウスです。横浜に縁の深いミュージシャンをはじめ数多くのミュージシャンが、この伝説のステージで演奏をしました。それから40年、現在、御年80歳になるマスターは、現在でもオープンからクローズまで店に立っています。

 

このお店からブレイクしたミュージシャンも多く、クレイジーケンバンドさんはブレイクするまで長年をこのライブハウスで活動していました。お客さまが少ないときは、マスター自身がお客さまに電話をかけて宣伝するということを続けてきました。クレイジーケンバンドさんは、大きなホールを満杯にするライブを行うアーティストとなった現在でも、原点である「FRIDAY」のステージに月に1回、出演されています。



お店はインターネットでの予約を受け付けず電話での予約受付をしています。
ミュージシャンたちのブッキングはマスターが携帯電話で直接行っています。
そこには、昔ながらの「人と人のつながり」があります。

マスターを慕うミュージシャンとお客さまによって支えられている、温かいライブハウス、それが「FRIDAY」です。

音楽シーンがネットやデジタルに移行しつつある今だからこそ、このライブハウスの存在を多くの人に知ってもらいたいと思っています。


映画『FRIDAY』は、マスター磯原順一とミュージシャンたちとの交流&お客さまとの関係を軸にライブハウスで撮影した20曲の音楽と24名のインタビューから構成される「音楽ドキュメンタリー映画」です。

日本の音楽シーンを彩ってきた一流のミュージシャンたちの演奏を思う存分お楽しみいただける、映画館でライブハウス体験ができる映画です。

2020年2月に横浜にある映画館「シネマ・ジャック&ベティ」で上映後、各地での劇場公開を予定しています。
本プロジェクトでは少しでも多くのみなさまに本プロジェクトを知っていただき、映画を広めていただくことを目指していきたいとおもっております。

ぜひご支援にご協力ください。

監督:四海兄弟
『ぼくと、彼と、』(2019年11月29日~劇場公開|池袋HUMAXシネマズ)に続き、本作が長編ドキュメンタリー2作目となります。現在、他に2本のドキュメンタリー作品の公開が控えています。


製作総指揮:飯塚冬酒
宗教音楽ゴスペルを日米で取材した『GOSPEL』(2014年|監督:松永大司)、日本を代表するミスコンテスト「ミス日本」の姿を2年半にわたり取材した『夢こそは、あなたの生きる未来』(2018年|監督:小野篤史)、ベトナム人青年と日本人青年の結婚式を追った『ぼくと、彼と、』(2019年|監督:四海兄弟)など丁寧なドキュメンタリー作品を製作してきました。





少しでも多くの人々にこの映画のことを知ってもらいたいと思っています。
みなさまからのクラウドファンディングでご支援いただいた費用は、広報・宣伝費として大切に使用させていただきます。


【1,000円】
・監督からのお礼メッセージ(メール)

【3,000円】
・監督からのお礼メッセージ(メール)
・本作の劇場鑑賞券 2枚

【5,000円】
・監督からのお礼メッセージ(メール)
・本作の劇場鑑賞券 2枚
・エンドロールお名前表記(協力名義)

【7,000円】
・監督からのお礼メッセージ(メール)
・本作の劇場鑑賞券 2枚
・エンドロールお名前表記(協力名義)
・「FRIDAY」コースター&ステッカー&マッチ


【8,000円】
・監督からのお礼メッセージ(メール)
・本作の劇場鑑賞券 2枚
・エンドロールお名前表記(協力名義)
・「FRIDAY女性用Tシャツ(水色)1枚」
  ※小柄な女性向けです。

「FRIDAY」女性用Tシャツ

【10,000円】
・監督からのお礼メッセージ(メール)
・本作の劇場鑑賞券 2枚
・エンドロールお名前表記(協力名義)
・フライデーのマスターがデザインした「FRIDAY Tシャツ(白)1枚」Mサイズ

フライデーのマスターデザイン「FRIDAY」Tシャツ

【10,000円】
・監督からのお礼メッセージ(メール)
・本作の劇場鑑賞券 2枚
・エンドロールお名前表記(協力名義)
・フライデーのマスターがデザインした「FRIDAY Tシャツ(白)1枚」Lサイズ
 ※女性は少し大きめに、男性は普通に着用していただけるサイズ感です


【30,000円】
・監督からのお礼メッセージ(メール)
・本作の劇場鑑賞券 2枚
・エンドロールお名前表記(協力名義)
・関係者試写会
 関係者試写会にご招待いたします(日時未定、12~1月の平日、東京都内を予定。現場までの交通費はご自身の負担となります)


【50,000円】
・監督からのお礼メッセージ(メール)
・本作の劇場鑑賞券 2枚
・エンドロールお名前表記(協力名義)
・MA制作現場にご招待
 MAスタジオで完成直後の映画『フライデー』のチェックを関係者とご一緒に行います(日時未定、12~1月の平日、夕方以降、東京都内を予定。現場までの交通費はご自身の負担となります)



2019年
11月:ピクチャーロック
12月~2020年1月:MA作業
~1月:完パケ
2月:劇場公開


人と人がつながる場所、そして、生の音、それがライブハウスの魅力だと思います。
本作では、「映画館でライブハウス体験」ができるような音や絵を目指し、そしてお店の魅力、マスターやミュージシャンの魅力にできる限り肉薄できるような作品つくりを心がけています。
「ザ・昭和」のライブハウスは決して昔のものではありません。これからの時代だからこそ、必要な場所だと思います。

このライブハウスを、そして映画をもっとみんなに知ってもらいたい!
ぜひ、上映ご支援にご協力ください!


本プロジェクトは「All-in方式」で実施します。目標金額に満たない場合も計画を実行し、ご協力いただいた方にリターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください