普段関わる機会の少ない健常者と障害者が、交流し、お互いを知るきっかけを作りたい

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

数多くのプロジェクトから、本プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

Anders運営代表の赤石理人(あかいし まさと)です。

僕は2歳の時、難病の「脊髄性筋萎縮症 Ⅱ型」と診断されました。病名の通り、脊髄が脳からの信号を上手く伝えられないため筋肉があまり動かないといった病気です。また進行性であるため、ゆっくりではあるものの筋肉が動かなくなっていきます。最近では急に親指が動かなくなり字が書けなくなりました。ざっくりですがこんな病気です。

そんな僕は、家族に支えられ小学2年生まで地域の学校に通っていました。3年生になると、父子家庭でもあったため家族だけで介護ができなくなり、病院での長期入院が始まりました。それと同時に病院に併設している特別支援学校に転校しました。

同学校の中学部の時、同じ障害を抱える起業家の方の本を読み、働きたいという思いが強くなった僕は高等部に進学後、就職先を探してみるも、希望する雇用体制がなく社会の厳しさを突きつけられました。しかし、それでは諦めきれなかった僕は進学を決意。勉強を継続し、学内での学習環境の依頼等の結果、無事希望校に合格しました。それと同時に10年に渡る入院生活を終え、ヘルパーさんを利用した一人暮らしを始めました。

現在は、大学生活を送りながら、講演や取材、イベント運営などの活動を行っています。


Andersとは

Anders(アンダース)とは、ドイツ語で『異なるという意味を指し、障害者と健常者を含めた、様々な異なる人同士が交流を持てる場所になって欲しいとの思いから、この度新たに立ち上げた団体です。

僕たちは「普段関わる機会の少ない健常者と障害者が交流することのできる環境作り」を目標に、イベント運営等の活動を通して、達成していきたいと考えています。

今年の3月には、初めてのイベントとなる『春の交流会』を開催し、約30名の参加者の皆さんとともに、お菓子作りを通して交流しました。


このプロジェクトで実現したいこと

プロジェクトの目的は、Anders同様「普段関わる機会の少ない健常者と障害者を含む、様々な人が交流することのできる環境作り」です。そのために、Anders主催のイベント「BBQパーティー」を8月24日に開催します。

今回のクラウドファンディングでは、イベント開催にかかる費用を皆様にご協力頂きたく、立ち上げました。

プロジェクトをやろうと思った理由

何度も言いますがAndersの目標は「普段関わる機会の少ない健常者と障害者が交流することのできる環境作り」です。

僕は大学進学後、学生や新人のヘルパーさんから「その病気は治るの?」と聞かれ新鮮な思いをしました。思い返せばこれまで関わってきた人は看護師や教員といった、障害に関してある程度知識を持っている人でした。逆に僕も健常者のことが全く分かりませんでした。例えば、一緒に歩く時も、どのくらいのスピード、どのくらいの距離で、電動車椅子を操作すればいいのか分からず、しばしば置いていってしまうこともありました。しかし今では少しずつではあるものの理解してきているつもりです。なぜなら大学では障害とは無縁の学生が大勢いる中で、毎日関わっているからです。

つまり、現状では健常者と障害者の接点がないことに気が付きました。接点がなければ理解することは到底できません。また、接点の先に視野の拡大があると考えています。例えば現在起こっている障害者の就労問題も、企業の人事担当者はいわゆる健常者の方がほとんどを占め、採用したくても、どんな仕事ができて、どんな配慮が必要か、分からないため、負担を過剰に捉えてしまう場合があるのではないでしょうか。しかし、実際に関わることで、色々な働き方・雇用方法の模索ができ、結果として障害者の進路選択の多様化に繋がると考えています。このように接点を作ることによって、それぞれの視野が広がり、そこから新たな生き方が生まれると考えているため、今回のプロジェクトに至りました。


これまでの活動

【2018】
1.17   中国新聞 朝刊 掲載 「難病を超え大学への道」

6.8  RCCテレビ 取材

6.23 広島市南区民文化センター 「重度障害者が社会に出て生きる方法」 
   毎日新聞 朝刊 掲載

7.25 広島修道大学 「特別支援教育概論」
   演題『夢をあきらめないために』

9.28 RCCテレビ 放送 「RCCニュース6」

10.25  毎日新聞 取材

【2019】

2.5   広島県立広島特別支援学校 「進路学習会」
   演題『人生の選択』

3.30 イベント運営 『春の交流会』
   クラウドファンディングに挑戦

6.12 毎日新聞 掲載 『「できる支援」同じ目線で』

7.24 広島修道大学 「特別支援教育概論」
   演題『挑戦させる大切さ』

詳しくはこちら⇒Facebook


資金の使い道

ご支援いただいた資金は会場費、食費、交通費に充てさせていただきます。

また、イベント会場が屋外なため、天候により中止せざるを得ない場合や、イベント開催費用を超えた場合の資金の使い道は、今後の活動を行うために有意義に使わせていただきます。

また今回は「All in方式」を取っており、目標金額を達成しない場合もプロジェクト及び支援して頂いた皆様へのリターンは実行させていただきます。


リターンについて

下記の通り、ご支援いただく金額毎にリターンをさせていただきます。 

〇感謝のメール【2,000円】
支援していただいた皆様に感謝のメールを送らせていただきます。無条件で応援して下さる方は是非お願いします。
■メールの返信は行いませんので、ご了承ください。

〇イベント記事【3,000円】
支援していただいた皆様に8月24日に行う『BBQパーティー』の様子を記事にまとめたものを送らさせていただきます。
■『BBQパーティー』の様子は当日の写真を含めたものを1枚にまとめて、添付ファイルでお渡しします。

〇イベントのお手伝い券+イベント参加無料券【3,000円】
8月24日に行う『BBQパーティー』の準備や片付けなど、運営のお手伝いをお願いします。当日は人手不足が予想されるので、ご支援して頂けると非常に助かります。
■天候により中止せざるを得ない場合や、8月24日以降にご購入された場合は、お礼のメールを送らさせて頂きます。
■当リターンは8月24日に行う『BBQパーティー』のみとさせて頂きます。
■集合時間や支援内容等は事前にメールにてお知らせいたします。

〇講演会開催権【10,000円】
「企業・団体様向け」
僕(赤石理人)の講演会を開催できる権利です。僕の人生や取り組んでいる活動、考えを中心に伝えさせていただきます。
■開催場所は国内に限らさせていただきます。
■僕と付き添い計2名の交通費は別途用意しておいてください。
■当日の講演内容は可能な限り支援者様のご要望にお応えしたいと考えていますので、スケジュール調整等も含めて後日メールでやりとりさせていただきます。
■1回のご支援につき、講演会の開催は1回までとさせていただきます。
■公序良俗に反する内容、法令に違反する内容などはお受けできません。

 

最後に

このプロジェクトはまだまだ続いていきます。これからもご支援、応援のほどよろしくお願いします!


  • 2019/09/05 22:47

    昨日、無事「BBQパーティ」を開催しました!途中から雨も降りましたが、総勢18名もの方にご参加いただきました。皆さんが積極的に交流してくださり、普段あまり体験することのない時間を過ごせのではないのでしょうか。まだまだ始まったばかりのAndersですが、皆さんの協力のもと、無事成功に終えることが...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください