最近急激な速さで市場が拡大している「e-sports」業界。地元でも少しずつ大会やイベントが開かれたりとe-sportsに対する活動が盛んになってきています。そんな「e-sports」を地元から応援して、今後の発展に火を点けたい!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

みなさんこんにちは。NaotoEspoと申します。

私は据え置き型ゲーム機(PS4)を中心とした「e-sports」に特化したBarを開業するために、Barの経営経験のある知人と共にe-sportsを中心とした、大会やイベント、飲食店の学習をしています。

私が住んでいる地元徳島にはe-sportsをテーマにした施設が全くなく、仲間と楽しく盛り上がれる場を作り上げたい!という気持ちから、このプロジェクトを提案しました。

e-sportsとは・・・

Electronic Sports の略であり、テレビゲームを中心とした競技性の高いジャンルのものが該当する。(格闘ゲームやサッカーゲームなど)

 引用元 https://appvs.famitsu.com/20180507_4644/

このプロジェクトで実現したいこと

このプロジェクトでは、今まで集まる場所がなかった人たちのが気軽に集まれて、気軽に競技し、気軽に盛り上がれる場を提供したいです。また、e-sportsを知らない人にも来てもらいやすい環境を目指すために、サッカーを普段あまり見ない人でもワールドカップの時には周りの人と一つになって楽しめるような、e-sportsを知らない人でも魅力を感じれる場を作りあげたいです。また、コミュニティの幅を広げ、e-sportsに対する認知度をさらに高めたいです。

プロジェクトをやろうと思った理由

やはり、一番このプロジェクトを実行したいと思った理由は、e-sportsで気軽に集まれる施設が無いことですね。自分は学生の頃にe-sportsのいちプレイヤーとして生活していました。そんな私はe-sportsを楽しめる施設が県外にあることを知りました。しかし、調べても調べても地元にはそんな施設はありませんでした。とても悲しかったです。そして今e-sports市場は急激に成長しており、世界では3億人以上がe-sportsをプレイもしくは観戦をしているというのです。私の地元でもe-sportsの大会やイベントが頻繁に開催されています。そのイベントには県知事自らも参加したり、地元出身のたぬかなというプロゲーマーの方も参加しています。またe-sports協会なども設立され、地元全体として力を注いでいます。

引用元 https://gigazine.net/news/20180504-esports-machiasobi20/

そこで、施設がないなら自分たちで作りたいと思うようになりました。

これが大きな理由です。

これまでの活動

これまで私はe-sportsの大会に実際に足を運んで、生でe-sportsの魅力を感じたり、自分で実際に大会に出場したりと、e-sportsの魅力を肌で感じてきました。さらにBar経営するために、実際にBarを経営している方からお話を聞いたり、Barで少し働かせていただいたりしました。プロジェクトがしっかりと成功するための準備をこれからもしっかりしていきます!

資金の使い道

敷金・礼金 30万程度

家賃 170万程度

内装工事費 300万程度

設備・備品導入費 250万程度

消耗品費 40万程度

広告宣伝費 10万程度

運転資金 200万程度

合計 1000万程度

リターンについて

5,000円以上ご支援いただいた方には、3オーダーまでのドリンクチケットと、チャージ料サービスの特典を提供させていただきます。

実施スケジュール

プロジェクト開始~

~1か月 物件の施工スタート、提供サービスの具体化(フード・ドリンク・その他サービス)

~3か月 施設の内装工事、設備、備品、インテリア導入

~4か月 申請、告知、プレオープン

Barの詳細

住所 徳島県徳島市鷹匠町1丁目 

最寄り駅 阿波富田駅

設置機器 モニタ数台 PS4 10台予定

座席数 20~30を予定

料金 客単価3000円を想定

メニュー お酒各種 ソフトドリンク エナジードリンク おつまみ 軽食

時間 未成年にも楽しんでいただきたいので 18:00~4:00(月・火定休日)

22時以降は18歳未満の入店を不可にする。また年齢確認を実施。

最後に

本気で地元のe-sportsを盛り上げたいです。

応援よろしくお願いします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください