ライブのチケット高額転売問題は、綺麗事ではなく、全ての音楽ファンにとって「自分ゴト」として捉えるべき問題です!あなたが手に入れるかもしれなかったチケットが、転売ヤーの手に渡っているのだから。本当に音楽愛のある人が行きたいライブに行ける世界を作るため、ファンの立場から、声をあげていきたいです!

プロジェクト本文

ご覧いただきありがとうございます!



大の音楽好き数人で、当プロジェクトを立ち上げさせていただきました!



チケット会社などの「チケットを売る側」の視点だけではなく、「チケットを買う側」の視点を反映させることが、チケット高額転売問題の解決には必要不可欠なのではないかという思いを抱き、その第一歩として、みなさまの力をお借りしながら、声を上げていきたいと考えています。


今回はその具体策として、ファンの声を集めて発信するフリーペーパーを製作したいと思っています!


イメージ例


①チケット高額転売問題って、ライブに行きたい人全員に関係あるじゃん!


チケットの高額転売問題に対して

と思っている方は、意外に少なくないのではないでしょうか。


もしくは、「アーティストがかわいそう」「ずるいやり方でお金を儲ける転売ヤー、ウザい。」などと思っている方は一定数いるかもしれません。


しかし、もっと切実に、この問題は全ての音楽ファンに関わっているはずです。


なぜなら、
「先行抽選や一般発売の段階で、転売ヤーがチケットを手に入れている」という事実があるから。


逆に言えば、高額転売がなく、転売ヤーという存在自体のいない世界を実現すれば、一人でも多くの「本当にライブに行きたい人」にチケットが当たることになるわけです。
そしてそれは、あなた自身かもしれません。


つまり、

なのです。




②今の対策で本当に良いの?


①を踏まえて、いち音楽ファンであるわたしたち自身も、
「チケット高額転売をほうっておくわけにはいかない!」と思うようになりました。


そこで、現状どのような対策が行われたり検討されたりしているのかを調べてみたところ、
「本人確認の徹底」「電子チケットの普及」「公式リセールシステムの導入」などをはじめ、
他にもさまざまな対策が挙げられていました。


しかしそれらを見たときに、「本当に今のやり方で良いのか?」という疑問が湧き上がりました


例えば、

・「本人確認の厳格化は、行けなくなった時の“譲り”のことを考えると、気軽に買えなくなっちゃいそうで嫌だなぁ。」
・「ライブの想い出を形として残しておきたくていつも紙チケットを選んでいるから、帰りに記念のチケットをもらえるなら電子チケットを選んでも良いかも!」
・「公式リセールシステムって使いにくいし手数料高いし、そもそもそれを整備したところで、定価での“譲り”がしやすくなるだけで、転売ヤーにチケット買われちゃってる時点であんまり意味なくない?」


などなど、ファンの目線から考えて思うことはそれぞれたくさんあるのではないでしょうか


---------------------------------------------


このように、
チケットを売る側の人々だけがあれこれと考え検討するだけではなく、


対策に「ファンの視点」を取り入れる流れを進めることが、
チケットを買う側であるわたしたち音楽ファンにとって嬉しく、そして真に効果のある高額転売対策につながっていくのだと思っています。


そのためには、
音楽ファンひとりひとりが高額転売問題を自分ゴトとして捉え、声をあげ、
チケットを売る側と買う側の両者の視点を掛け合わせた対策を導入するべきだという「機運」を作っていく必要があるはずです。



以上を踏まえて、

チケットを売る側も、買う側も、全員の意見を総動員させて高額転売に立ち向かう機運を作りたい。


その第一歩として、ちっぽけなわたしたちに何ができるのか。


たくさん考えた結果、「ファンの想いや声を発信するフリーペーパーを作る」という手段を選びました。


音楽ファンの想いが詰まったその冊子が完成した暁には、
音楽に関わる人が多く集まる場所で配布する以外にも、
ぴあ等のチケット会社に送ることも検討しています。


ただネット上で意見を集めてメールなどで送っても、大人たちには相手にされません。
時間とお金をかけ、それなりの「形」になったものを作るからこそ、

その重みは大きく、無視できないものになるのではないでしょうか。



【サイズ】A5 (eggman、skream等と同じ大きさです!)

【ページ数】20ページ(ペラペラにならないようにしたいので!)

【カラー】オールカラー

【刊行予定】年内

【掲載内容】例

・チケット高額転売は本当に行われているのか?
・どんな対策が行われている?
・ファン目線から考える、「こんな対策だったらいいのに!」
・ファンの声!(お寄せいただくコメント等)
・音楽関係者にインタビュー◎
(アーティストなど音楽関係者に交渉を行い、了承してくださる方がいらっしゃれば、インタビューを行いその記事を掲載。)

など。


イメージ





「こういう対策が嬉しい!」「今の対策のこんなところが嫌だ」
「転売ヤーへの怒り!」「私も高額転売なくなって欲しい!!」
などなど、あなたの声をこのフリーペーパーの内容に盛り込みたいです!


より多くの音楽ファンの声を、一つの形にして、発信していきましょう!



①ツイッター等でよく見られる“想い”や怒りも含めた“声”を、ひとつの「形」にするため。

インターネット上で公開という方法では、溢れる情報の中に埋もれてしまうから。

③データよりも、「熱量」の高いものになると信じているから。


音楽に関わる人の多くが集まる場所に置きたいので、

都内を中心に、関東近郊の

タワレコ等のCDショップ
ライブハウス

での配布を想定しています!

(一部店舗にはすでに交渉を進めており、前向きに検討いただいております!)


▼このようなフリーペーパーコーナーでの配布を想定。



【印刷・製本代】35,780円(A5中綴じ 500部)

【リターン送料+デザイン発注費】約35,000円

(印刷・製本はラクスルの利用を検討しています!)



大まかなスケジュールとしては

10月末:クラウドファンディング終了

年内中に:フリーペーパー完成、配布、リターン発送

という予定です!



ご支援いただいた金額に応じて、あなたのお名前(ニックネーム可)やコメントを創刊号に掲載させていただきます!

あなたの想いや声を、一緒に発信させてください!


【500円】
①感謝の気持ちを込めたお礼メールをお送りさせていただきます!
②創刊号にお名前(ニックネーム可)を掲載させていただきます!(ご希望の方)

【1000円】①②に加えて
③創刊号内で、コメントを掲載させていただきます!(ご希望の方)
④完成した創刊号を「1冊」お送りいたします!

【2000円】①②③に加えて
完成した創刊号を「2冊まで」お送りいたします!(ご希望の冊数をお書きください)

【5000円】①②③に加えて
完成した創刊号を「5冊まで」お送りいたします!(ご希望の冊数をお書きください)

【10000円】①②③に加えて
完成した創刊号を「10冊まで」お送りいたします!(ご希望の冊数をお書きください)


詳しくは、リターンについての画像をご覧ください◎





わたしたちは、音楽が、ライブが大好きです。


そして、同じように音楽やライブが好きな人々と接するとき、いつも感じることがあります。


それは、そんな人々はみな「音楽愛」に溢れているということです。
本気で音楽が好きで、本気で好きなアーティストを応援している人たち。
 

転売ヤーではなく、そういった人々にライブのチケットが行き渡るべきだと、心から思います。
そしてそれは、あなた自身が行きたいライブに行く可能性を少しでも高めるという結果に繋がるはずです。

 

そんな未来の実現の第一歩を踏み出すために、どうか、あなたの力を貸していただけないでしょうか…!

どうぞ、よろしくお願いいたします!!


 

※おまけとして、発起人の好きなバンドの一部を列挙しておきます☺︎


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください