日本ではまだ浸透していない”ホスピタルアート”の力を社会に伝えるべく、このアートプロジェクトが生まれました。アートには人の心を豊かにする力があります。終わりの見えない病気との戦いに勝つには、まず精神面でのケアが必要です。病院をギャラリーに、長期入院をしている子供たちに”アート”という薬を届けます。

プロジェクト本文

はじめに

こんにちは!菅原夏凪です。自己紹介をします!

私は、社会問題に興味を持ち、勉強していく中で、課題解決にはまずこの社会を形成している『人』に影響を与える必要がある!

と考えました。

自分が大好きなアートを通して社会に良い影響を与え、またその風潮をより多くのアーティストに広げていきたいです。

その第一歩として行うのが今回のホスピタルアートプロジェクトです。

実現したいこと、ホスピタルアートとはなんなのか、なぜこのプロジェクトを行おうと思ったのか、

について話していくので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。


実現したいこと

ADDICTED to ART ホスピタルアート 』こちらのWebページもぜひご覧ください。

ホスピタルアートって何?

ホスピタルアートとは、「アートの力で医療・福祉施設をよりリラックスできる空間にしようという取り組み」のことを言います。

日本ではあまり知られていませんが、ロンドンで行われた研究によると、

という素晴らしい結果が証明されています。

しかしこれは、”建築段階からアートを取り入れた病院”で検証された結果です。

同じ効果を期待するには、患者さんが日常的にアートに触れる環境を作る必要がありますが、日本の病院でこれを行うのは現段階ではとても難しいことです。

そこで生まれたのが、このプロジェクトです。

日本の病院で、患者さんが日常的にアートに触れる空間と時間を提供するため、

病院と学生アーティストを繋ぐキュレーション的システムを作り、定期的なアートイベントを行います。



このプロジェクトをやろうと思ったきっかけについてお話しします。

病院ってなんでこんなに暗いの?

私は、大学受験の時に、生まれてからずっと一緒に住んでいた祖母をがんで亡くしました。

お見舞いに行くたびに、病気への不安を隠しながら作り笑顔を見せる祖母に、自分は何ができるのか必死に考えましたが、最後まで答えは見つかりませんでした。


大学入学後、私自身が怪我で入院を経験することになりました。暗くて無機質なその空間に私は、”おばあちゃんはこんなところで終わりの見えない病気と闘っていたのか!”と絶望します。

アーティスト活動を通して様々なアートやアーティストとの出会いを経て、

病院こそアートが必要だ!!!!と、ずっともどかしかった感情への仮アンサーを見つけます。

この仮説は実行して行くことで、どんどんブラッシュアップされ、答えへと近づくことができると思い、今回のプロジェクトを行うことに決めました。


その第一歩として、まず

学生アーティストが、メンターとしての役割も果たせるよう、プロジェクト第一弾として、

入院中の子どもを対象にホスピタルアートのイベントを行いたいと考えています。

このプロジェクトの目標は”継続させる”ことで、病院に日常的にアートに触れる機会を作ることなので、今後は子供だけでなく、他の患者さんにもアートを届けられるような体制を整えていきます。


これまでの活動

最初の自己紹介でも少しお話しした通り、私は今まで”社会とアートを繋ぐ”をテーマにアートを切り口として多くの活動を行ってきました。2018年夏に初めての個展を開きました。

その後、学生アーティストとの合同展示を数回行い、アートの可能性を強く感じました。

3度目の展示では「McGuffin」さんの取材も受け、自分の考えを発信するきっかけにもなりました。


その中で最も力を入れてきた映像では、様々な分野のアーティストやイベントとコラボしてきました。

特に大きな経験となったのは、HLAB2019の広報としての映像を担当したことです。

言語や教養を超えて”伝える”ことができる映像は、社会に影響を与える力があると私は考えます。

今回のホスピタルアートプロジェクトでも、ドキュメンタリー映像を作成し、社会にホスピタルアート の必要性を訴えます。


クラウドファンディングをする目的

創作活動にはお金がかかります。そして学生アーティストには、金銭的余裕がありません。

このプロジェクトでは患者さんへ金銭的負担をかけないために、クラウドファンディングで資金を募り、かかる費用へ当てたいと考えています。


クラウドファンディングで支援いただいた資金は以下のように使わせていただきたいと考えています。


実施スケジュール

 第1回目のホスピタルアートプロジェクトを、1月中旬に開催いたします。

病院は都内の病院を予定しています。(詳細につきましては追ってご報告いたします)

第2回目は病院との日程調節を行った後にご報告させていただきます。

プロジェクトメンバー


最後に

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。

このプロジェクトは、私自身が感じた「ほうっておけないこと」を解決するために行います。私の夢である”アートで溢れる病院”を目指した第一歩として全力でプロジェクトを進めていくので、ぜひご支援よろしくお願いいたします!

SNSにてより多くの情報を発信していくので、ぜひこちらも見ていただけると嬉しいです!

菅原夏凪/instagram 

玉昇沅/Instagram 

ADDICTED to ART ホスピタルアート Webサイト



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください