医療事故の被害者となり全てを失った女性が、同じ境遇の被害者支援を目標に13年のリハビリを経て再度の事業復活を望んでいます。車イスの72歳女性の夢を応援してください。

プロジェクト本文


近藤と申します、よろしくお願いします

13年前に手術を受けた時、

医療事故の被害者になりました

その時から重度障害者として生きています


簡単な日帰り手術のはずでしたが、

担当医のミスで首の神経を焼かれてしまい

寝たきりの半身不随状態になってしまいました


会社を経営して順調に業績を伸ばしていた矢先の事故でした

なんとかリハビリを続け回復をして、

もう一度会社を立て直そうと試みましたが

歩行器を使って自力でトイレに行けるまで

13年の月日がかかりました


72歳の現在、どんなに辛いリハビリを続けても
これ以上の身体の機能の回復は望めません
どうか今の私に出来る事をやらせて下さい
投資顧問業として培った知識と経験で、
もう一度、現役復帰をさせて下さい

そして、同じ境遇の医療事故被害者の方たちの為に
少しでも支援をさせて下さい



集まった資金で投資顧問業の仕事を再開します

ホームページの立ち上げや各種申請事、登録事の為

及び有料投資情報配信の準備に資金を使わせていただきます


All in での募集になります

目標金額全額が集まれば、事業の再構築が速やかに出来るのですが

もしも目標金額に届かなくとも、事業は出来る範囲で整えて行きます

現在も事業再開に着手はしていますが、長きに渡るリハビリ等で資金を使ってしまい

満足できる事業再構築までに至っておりません

しかし、援助を頂いた方々には間違いなくリターンの御提供をさせていただきます

ご提供時期については本年の11月を目処に進めさせていただきます


株式会社光インベストメント  関東財務局(金商)第983号

日本証券投資顧問業協会 001-00557号

代表取締役 近藤由美子

平成元年 投資顧問業免許取得(現在、関東財務局内で二番目に古い認可法人です)

上場を視野に入れて事業拡大中の平成18年に医療事故の被害者となる

その後、身体機能の回復を夢見て13年間のリハビリを続けた

仕事復帰と会社の復興を信じて、現在まで投資顧問業免許の継続するために会社を維持している


このプロジェクトをお願いするにあたり、申請者本人の近藤は手が不自由な為、代筆入力を行っております。申請者本人から口頭で伝えられた文章を入力させて頂いておりますが、入力者が男性のために多少の言い回しが女性らしくない場合も有るかと思います。ご了承くださいませ。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください