はじめに

私は普段は薬剤師 件 フリー映像作家をやっております SIM.K と申します。プログラミングの経験は大学時代に少しあるものの、アプリ開発をしたことはありません。しかしアイデアだけはたくさん持っており、今回、カフェのアプリを開発したく、クラウドファンディングを始めました。


このプロジェクトで実現したいこと

カフェへ行って席がないということを減らすために、カフェの空席状況が可視化できるアプリを開発したいと思っております。

アプリご利用者様側には空席状況がわかるメリットがあり、カフェの経営者様側には空席状況を効率よく埋める効果が期待できます。

また混雑時は○時間制でお願いしますという表示を掲げているカフェでは、自動的に時間をお知らせし、近隣の商業施設や娯楽施設と連携し、ご希望であれば次の御予定の提案を表示させる機能もつけ、アプリご利用者様、カフェ店員様、次に来店されるお客様が気持ちよくカフェで過ごせるようにしたいと思っております。

またこのプロジェクトでは”ストレッチゴール”に挑戦しております。

ストレッチゴールを達成することで、
英語対応、
追加コンテンツの充実、
将来的には座席の予約制
も視野に入れております。

アプリ画面イメージ
(デザインはイラスト等も使用し、変更する可能性もあります)


プロジェクトをやろうと思った理由

買い物の休憩や、打ち合わせでよくカフェを利用しますが、そういう時に限って席が空いてないってことが多く、少し離れたところや名前を知らなかったカフェは空いているという経験があります。

また新作のドリンクをゆっくり飲みたいけど、どうせ混んでるしと言って諦めることも多かったです。

それをアプリを使ってどうにか解決できるのではないか?と前から思っており、今回プロジェクトをしようと思いました。


資金の使い道

目標金額100万円

ーーー内訳ーーー

プログラミング依頼 70万円

カフェ経営者様への営業等 3万円

その他事務作業、リターン制作費 10万円

手数料 17万円


リターンについて

プレリリース時の優先利用

追加コンテンツ(広告非表示機能など)無料

カフェ難民Tシャツ

写真撮影

映像制作


実施スケジュール

2019年

9月 クラウドファンディング開始、

       市場調査(都心部のカフェの立地や混雑状況の把握など)、近隣施設の調査

       プロジェクト協力者追加公募

11月 クラウドファンディング掲載終了

12月 アプリ開発開始

2020年

9月 プレリリース

10月 リリース

11月以降 機能追加(英語対応、近隣施設情報充実、カフェのお知らせの充実、次の予定の提案機能の充実)


最後に

まだまだアプリ開発や、マーケティングに関しては勉強中の私ですが、世の中を便利にしたく、アイディアだけはたくさん持っております。どうにかこのアプリを開発し、カフェ探しの時間をなくし、有効な時間を過ごしてもらいたいです。

ご興味をお持ちでしたら、ぜひご協力お願いいたします!

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください