世界に誇る日本の文化「ジャパニメーション」「コスプレ」をテーマにしたアニメバーを開店して、海外旅行者(インバウンド)と地元ローカルが一緒に盛り上がれる「冬のニセコのナイトスポット」を作りたい!

プロジェクト本文

【経緯】

北海道・ニセコ地区のインバウンドの盛り上がりは年を追うごとに加速していて、海外資本のコンドミニアムが建設ラッシュです。しかし、飲食店がまだまだ少なく地価高騰の影響で空き物件もなかなか出ない状況です。そんな中、ニセコ地区でも飲食店が集中している「ひらふ坂」にある老舗居酒屋JAMの2階テナントの空き情報が舞い込んできました。

建設中のパークハイアットと、ニセコ地区のメインストリート・ひらふ坂

ひらふ坂にある居酒屋JAM。2階テナントは昨シーズンまで営業。


【店舗について】

札幌の繁華街・すすきので3年前から営業している「アニメバー・すずのらん」。地元ファンはもちろん全国各地や海外からたくさんのお客様にご来店いただいてます。特に外国人旅行者(インバウンド)にとってジャパニメーションに触れながら飲食できるお店が珍しいようで、インスタなどのSNSでの発信やGooglemapのレビューを頼りにご来店いただいてます。

この「アニメバー・すずのらん」のコンセプトそのままをニセコ地区に出店できれば、より多くの海外のお客様に日本のアニメ文化に触れてもらうことができると考え、「すずのらんニセコ店」の出店を決意しました!

連日盛り上がっている「アニメバーすずのらん(札幌店)」


【コンセプト】

●マンガ・アニメに関連するグッズ・フィギュア・映像・音楽を散りばめた店内

●札幌在住のコスプレイヤーがスタッフ勤務

●店内はスタンディングメインでドリンクはキャッシュオン

●ジャパニメーション・ポップ・カワイイ・アニソン・LED

スタッフのオリジナルコスプレ


【想い】

●海外の皆様に日本らしいナイトタイムエコノミー・バーホッピングを体験してほしい

●世界に誇る日本のアニメ文化に触れてほしい

●海外滞在者と地元ローカルが一緒に楽しめる空間を作り「冬のニセコの夜」を盛り上げたい!

●ニセコ地区では数少ない日本人オーナー運営の店舗として地元経済に貢献したい!


【営業概要】

●店舗名:アニメバーすずのらんニセコ(北海道虻田郡倶知安町山田)

●約20坪(フロア+VIPルーム2つ)

●スタンディングメイン、30名収容

●営業期間:2019年11月15日~2020年5月15日(7ヶ月間)


【資金の使い道】

自己資金300万円は店舗内装工事費用と開店準備資金に使い、ご支援いただいた資金は全額、
アニメ関連の装飾やVIPルームの作り込みなどに使わせていただき、よりハイクオリティな
店舗を目指します!


最後に

最後まで目を通していただき誠にありがとうございました。
日本及び北海道の素晴らしさを伝え、地元経済に貢献できるように頑張ります!
そしてなにより、お客様と自分たちが一緒に楽しめる空間を作りたいです!
よろしくお願いいたします!

共同オーナー:中澤晴彦(写真右)、宇野啓介(写真中央)


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください